髪の色は、メラニン色素のタイプと量で決定する

スポンサードリンク

メラニン

髪の色は、中に含まれているメラニンという
色素顆粒の種類と、その量や大きさによって決まります。

 

人の身体の中に、髪の毛だけではなく皮膚の中にも存在しています。

 

髪の毛は、メラニンが光を吸収するので、その量が多ければ黒く見えます
反対にメラニンがないと、光が全部反射されて白く見えます。

 

毛髪はすでに死んだ細胞

毛根が健康である限り健康な髪が産生されます。

 

毛根の周囲には毛細血管が張りめぐらされています。

 

毛髪も体の各部位と同じように、血液から栄養分を吸収し、細胞分裂をくり返して成長している。

 

毛髪の健康を守るには、体全体の代謝が順調であることが大切です。

 

過度の減量ダイエットや栄養の調和がとれていない状態が、毛髪に悪影響を及ぼすのは当然です。

 

生まれついての地毛の色は、コルテックスに主として見られるメラニン色素のタイプと量に基づいて確定されます。

 

メラニン色素は、メラノサイト(色素形成細胞)でできあがります。

 

メラノサイトは毛髪組織の元である毛母細胞と隣り合い、毛球部に存在します。

 

毛母細胞が細胞分裂して髪が生み出されるケースで、メラノサイトからメラニン色素が受け渡され、髪の内部に取り込まれる。

 

白髪なのは、メラニン色素が作られなくなるので
白髪なのは、メラノサイトの働きが悪くなってメラニン色素が作られなくなったり、毛母細胞に色素が受け渡されなくなることが原因です。

 

メラノサイトの働きが悪くなる原因ははっきりと分かっていませんが、加齢現象だけでなくて、遺伝も関与しているみたいです。

 

さらに、ストレス、高熱、薬の副作用なども影響がもたらされると言えます。

 

「一夜にして完全に白髪になった」という話しを聞くこともあるでしょうが、白髪が発生するメカニズムから想定して、今のところ、自然に生えている髪から色素が不足して白髪に変化するというのはありえないでしょう。

 

髪の毛の色はコルテックス内に存在しているメラニン色素の種類、大きさ、量などによって決まるわけです。

 

毛乳頭の周囲に存在する毛母細胞の間にはメラノサイト形成細胞という色素細胞があって、これが髪の色をつくるメラニン色素を生成し分泌する。

 

メラニン色素には、ユーメラニン(黒褐色系)とフェオメラニン(黄赤色系)の二つが存在します。

 

ユーメラニンが多かったら黒髪。少なければブロンドの髪の毛。

 

茶髪はまん中だということです。

 

ユーメラニンもフェオメラニンも見られない状況が白髪となります。

 

年をとるにつれてメラニン色素を生み出す能力がが不足している状況は白髪となります。

 

髪の太さや硬さは、髪のほとんどを占めるコルテックス状態で決まるわけです。

 

コルテックスの量が多いとき、髪は太くなり、少ない場合に細くなっていく。

 

ほとんどの場合、太い髪は硬いといったことがほとんどですが、このことは、髪の直径が膨らむだけ、曲がりづらく変わることが大きな理由になります。

 

日本人の髪は黒髪と勘違いされがちなのですが、正直なところ茶褐色で、髪質も色合いも明るさも一様ではありません。

 

黒い・硬い・十分ある・太い髪質の方は、メラニン色素の量が多いため、カラーリングした2〜3か月後にオレンジや赤く感じられるというのはそのため。

 

それとは逆に、茶色い・柔らかい・ごく少量・ヒョロリとした髪質の方は、メラニン色素の量が多くないことで、黄みが現れます。

正常な体は、水分60パーセント

内臓・筋肉・骨などの固定成分22パーセント、体脂肪18パーセントで構成。

 

肥満なら、過剰な脂肪分を落とさなくてはなりません。

 

一般的なダイエット法は、体の維持に不可欠な水分や便秘気味な人の腸内の食物残渣を出すことで体重を落とし、数字合わせ。

 

これでは健康を失うだけ。

 

貧血・月経異常を招いたり、体の変調が加わります。

 

過激な減量ともとの体重に戻るリバウンドを繰り返すことで、やせにくい体質に。

 

賢いダイエット法は、栄養の偏りがないことを考えた適度な食事療法と運動の組み合わせましょう。

 

健康的で維持できるダイエット法は、食べ過ぎない飲み過ぎしない、適度な運動を生活に取り入れ、余分な体脂肪を減らすことです。

スーパーモデル

女性も憧れるスーパーモデルの人たちは、しっかり食事を摂り、
エクササイズで見事なボディーラインを維持しています。

 

栄養のつりあいのとれた食事・質の良い睡眠を心がけ健康な髪を保ちましょう。

 

食事が酸性食品に偏ると、血液中の酸性度が高まり血液の活性が失われます。

 

髪の毛だけの問題だけでなく、全身にまで悪影響を及ぼします。

 

毛髪の成分

タンパク質やビタミン・ミネラルなど栄養素はもちろん、血液の活性を高める食事、アルカリ性食品を、意識して摂取してください。

 

しかし、なにごとも行き過ぎは禁物です。

 

アルカリ性食品ばかり食べて栄養障害を起こす例もあります。

 

わたしの相談者にも美容食に凝り固まって、薄毛や脱毛症に悩症んでいる方がいます。

毛髪によい食品は、体にとっても良い食品です

栄養素が偏りなくよく配合された食事を心がけましょう。

 

毛髪は脳神経細胞の活動状態だけではなく、脳細胞内の栄養素に深い関連があるということが解っています。

 

豊かな髪の量と美しい髪質を維持するためには、質の高い食生活が重要であることは先に述べました。

 

内臓の諸器官は、脳神経の指令によって動いています。

育毛百科相互リンクサイト

オンラインカジノ情報
ユーザーによるランキングや分かりやすい解説でオンラインカジノが選びやすいです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク