ツボの風池(ふうち)は、耳の後ろのでっぱりのすぐ後、髪の生え際にあります。

頭皮マッサージをする

スポンサードリンク

風池(ふうち)というつぼ

風池のツボの刺激

親指と人差し指で首の後ろを左右からはさみ、頭のほうへなで上げていって指が止まるところ。

 

首筋の太い筋と耳のうしろの出っぱった、骨との間のくぼみの中にある。

 

風池から指一本分くらい下がったところにあるのが、健脳です。
刺激を加えると毛髪の悩みにとても効ききます。

 

首から頭に循環している血管は、頭頂部になるほど細い血管から補給されています。

 

毛細血管は毛の太さの1/10くらいの太さは、頭皮の緊張や頭皮と頭蓋骨の間の血管は圧迫されると、
栄養分もわたらなくなるので、血液の流れは制限され、毛が育ちにくい環境となります。

 

いい毛を生やす環境は、頭頂部の一部の血管だけを拡張するのではなく。
肩から首すじ、後頭部、頭頂部までの血の循環をよくすることが大切。

 

頭皮の緊張を緩和すると、血液の流れも改善されます。

自覚を持ちご自分を大事にすることです

イメージを明確にしてください。

 

やる気・熱意が湧きあがるよう願望を設定することが大切です。

 

ストレスには悪いイメージがありますが、善玉ストレスといって、
その人の原動力になるストレスもあるのです。

 

人間はなにかをしなくてはという、ある程度の圧力がないと動こうとしないものです。
要はこれを原動力とすることができるかということです。

 

脳生理学的に言えば、仕事上の緊張感を"A"としますと"A"の緊張感をほぐすために
何もしないで休んでいるよりは、例えば音楽による"B"という
異質の緊張感の中にひたったほうが、より効果的ということです。

 

脳は何でも受け入れてくれます。

 

駄目ということはないので、日頃から多様性の
富んだ情報を受け入れるよう習慣をつけておく必要があります。

薄毛や抜け毛に大きな影響とは

毛髪は体と心のゆとりで育成
毛髪は体と心のゆとりで育成、体や心に余裕がなくなると、
生命維持に関係ない毛は、真っ先に影響を受けます。

 

ストレスや超忙しい仕事で緊張の連続という人も、
短い時間で緊張を緩和=リラックスできる体質の人もいます。

 

それを見習い自分のリラックスタイムを作ってください。
そのためには、時間を作って入浴することで、体と心の緊張をほぐすことです。

 

入浴時間が薄毛の手入れの時間です。

 

少し長く入浴して、緊張を緩和することで、交感神経と副交感神経の切りかえが
滑らかにいき、血管も拡張して体の隅々まで新しい血が流れやすくなります。

 

育毛にいい環境となり、ストレスや環境にめげないで、
自分で「自分にいい環境」を作り出す知恵を持ち、それを実行することです。

心と体はストレスと闘っています

体はストレスと闘っている
心がストレスという言葉に負けている人が多いと思います。
食べ物は栄養の偏りのないことを考えて摂るようにしてください。

 

外食が多い場合は、どうしても肉類や油物が多くなるので、
野菜を多くとる献立を意識して選ぶことです。

 

心がけてください。

 

健康でなければ育毛効果も上がりません。
家庭で食事している場合は、それほど神経質になることはありません。

 

海藻類からミネラルやビタミン類、食物繊維、良質のタンパク質などで健康を維持してください。

 

納豆菌や整腸剤も有効、カルシウムやミネラルは細胞には必要です。
ほとんどの人は、仕事や育児などで規則正しい生活など出来るはずがありません。

 

出来ないことを努力しようとすると、ストレスになるばかりです。
生活環境を把握し、不利な分を打ち消すような方法を考えましょう。

育毛百科相互リンクサイト

通販検索サイトみたいもん.net
ネットショップの通販検索サイトです 厳しく審査し、安心してネットショップの探せる事を目的としています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ