毛包が死んでいないのであれば、毛が抜け落ちるのを止め、新しい毛髪の成長を促します。

毛髪が大量に抜けていく

スポンサードリンク

髪が大量に抜けるのはストレスの固まり

ゆっくり頭皮を動かしたり、シャンプーブラシを使って頭皮をゆり動かすようなマッサージをしましょう。

 

薄毛や脱毛症のシャンプーは、
皮脂や汚れを掃除する目的の他に最も重要なのは頭皮のマッサージ効果です。

 

緊張した頭皮や毛穴の緊張をほぐし、低下している皮膚温を上げ、収縮した血管を拡張し、
血流を増大させる目的のためにシャンプーブラシを使って、ルナレストル育毛シャンプーをしましょう。

 

育毛剤の持続効果は平均90分です。1日2回つけたとしても3時間です。

 

育毛剤の持続効果を長くするには、育毛剤の前後にマッサージは大切で必要です。
効果面で優れています。

 

高価な育毛剤を使っても、頭皮が緊張していれば効果はなかなか現われないか効果が半減します。
頭皮の緊張をゆるめてから育毛剤をつけるようにしてください。

頭皮マッサージ期待される効果とは

  • 血流の促進、血管の拡張
  • 頭皮・毛穴の緊張緩和
  • 立毛筋の活性化
  • 頭皮や毛穴の掃除
  • 細胞の活性化
  • 頭皮のリハビリ

 

抜け毛は何本くらいが適正なのか

 

本数的には30本くらいと100本くらいでも大丈夫いろいろです。

 

大切なのは、どんな毛が抜けているかということです。
抜けただけ生えてくる頭皮かどうかです。

 

抜け毛の種類ですが、毛根にしっぽがあるような広汎性脱毛が多いようなら、
毛穴の内部が角化して固着力が低下している証拠です。

 

短小毛が多いときは、抜け毛の本数が少なくても進行が進んでいるので、
早急に本格的な手当てが必要です。

 

抜け毛の本数は、ある程度の目安で、
個人により、20本しか抜けなくても心配な状態もあります。

 

70本くらい抜けてもそれほど心配する必要がないこともあります。

 

  • いつ頃がいちばん多かったか。
  • 多かった時期の本数。
  • どのような毛が目立つか。
  • シャンプー時、ブラシの使用時、枕にも多い。
  • 頭皮の状態。

貧血について

貧血するのは、赤血球の不足、鉄分や銅分の不足、ビタミンBやビタミンCの不足などが主な理由ですが、神経質・運動不足・不完全呼吸・偏食者が多いので、まずは食生活から改めてください。

 

タンパク質不足にもなりやすいため、冷え症の人も多いのです。
内臓に異常があると、その異常部がうっ血して、外部が貧血の状態の場合もあります。

自律神経の不調について

冷え症の人は、冬だけでなく、手足が冷えて寝つかれない人がいます。

 

自律神経の働きが不調になるのは、体質もありますが、精神的な影響ホルモン(脳下垂体、副腎、卵巣)の働きの
不調などが続いて血管の収縮くせが身につくと、血流が悪くなるため、冷え症になります。

 

とくに更年期は、卵巣ホルモン分泌量が減少して全身の自律神経の働きが不調になり、
このため各種の異常はもちろん、とくに血管の伸び縮みが悪くなるため、のぼせたり、冷えたりします。

卵巣の働きが悪い

このタイプは、月経不順症となり、脂肪太りするために、のぼせたり、冷えたりします。

 

血管の拡張収縮を行なわせるものは自律神経で、精神的緊張やホルモンの働きの不調など続いて、血管が収縮し、この収縮くせが身につくと、血流が悪くなり冷え症になります。

 

筋肉が弾力性を失調しており、感情も不安定になっています。

髪の毛は、毎日少しづつ伸びています

個人差もありますが、通常1日に約0.35ミリで、月にして1センチは伸びています。
人間の髪の毛の生える数は生まれつき決まっており、減ることはあっても増えることはありません。

 

自然に抜ける毛は、普通1日に100本程度と言われ、
これを越えて1日数百本抜ける場合などは異常脱毛と言えます。

 

一般に髪の毛は、成長期の段階から始まり、徐々に太く、長く成長します。
寿命がきた毛の根本は角化が始まり、休止期となって頭皮から抜けます。

 

しばらくすると同じ毛穴から新たな毛が生えてきます。

 

これが髪の毛のヘアサイクルです。

 

この毛髪の入れかわりが上手くいかず、本来抜けるべきでない毛が抜けてしまうのが脱毛症です。
徐々に進行し、気づくと面積が広がる男性型脱毛症で、休止期毛です。

病気、さまざまな身体上の要因で毛が抜けてしまうことがあります

栄養失調になっても毛は抜けます。

 

毛髪の材料はタンパク質です。

 

材料が足りなくなり成長が阻害され、
毛が細くなったり、切れやすくなったりしてついには抜けてしまうのです。

 

ホルモンバランスが崩れても毛は抜けます。女性ホルモンが減少も原因です。
栄養の不足では、特定の食べ物の食べすぎで毛も抜けます。

 

髪は全身の健康状態の反映

 

肺は皮膚を守る役割をするので、頭皮を正常に保つためにも肺の力が必要です。

 

肺にしっかり空気を吸い込む力があれば、
肺の支配下にある皮膚(頭皮)もいい状態を保ち、気をたくさん作ることができます。

 

消化器・胃にしっかりと食べ物を受け入れる力があれば、
気をたくさん作り、髪の原料の血もたくさん作ることが出来ます。

 

泌尿器系、腎・膀胱に、しっかりと水分を排泄する力があれば、
水毒(皮膚や粘膜の抵抗力を落としたり、冷えて腎虚になる)にならず、髪を作る力も発揮できます。

 

それぞれが健康であれば、いい髪が生えます。髪に全身の状態の結果なのです。
全身が健康なら、いい髪が生えるのです。抜け毛を検討する必要があります。

育毛百科相互リンクサイト

ショップとビジネスの応援サイト★みせーる
ショップ検索、企業・ビジネス検索、ホームページ宣伝。お店や企業、商用サイト、暮らしやビジネスに役立つ情報満載!お気に入りのショップや会社を見つけてね!無料URL登録&出店サイト募集中

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ