シャンプーには汚れを落とす目的だけではなく、頭皮の緊張をゆるめる目的もあります。

頭皮の緊張とは

スポンサードリンク

首から頭に循環している血管

頭部表面の血管

 

シャンプー前、頭皮にシャンワーをよくかけるのは、水の膜で頭皮を保護する目的と緊張をゆるめる効果があります。

 

スカルプケ頭皮ローション・ルナレストルセリピッド=頭皮料は、頭皮の保護・補修を目的に開発しました。

 

頭頂部になるほど細い血管から補給されいる、毛の補給路の血管は、頭頂部の末端になると毛の太さの10分の1くらいしかありません。

 

頭皮の緊張や圧迫で、血液の流れは制限され、毛髪が育ちにくい環境となります。

次の原因から影響を受けやすいのです

  • 血管の収縮
  • アトピー体質、ストレス、気のとどこおり、自律神経失調など
  • 頭皮の緊張
  • 頭骨のでっぱり
  • 古血のとどこおり、うっ血
  • 血が粘っこくなっている
  • 高脂血症
  • 食事のかたより、運動不足

 

そのほかの原因
血虚、低血圧、糖尿病などの失患、炎症、血管がもろくなっています。

頭皮と育毛

育毛は、毛を育てることばかりでなく、頭皮を育てることのほうが大切です。
血管を拡張しても、血が粘っていたり新鮮な血が循環しにくい状態ではいけません。

 

少ししか効果は得られません。
毛に栄養をやったり、血管を拡張するだけを考えている育毛をしていませんか。

 

局部的な効果や一時的な効果しか得られません。
頭皮に異常があるのに、作用の強い育毛剤を使うと、頭皮がかぶれたりして逆効果になることが多いです。

毛の栄養補給路

育毛剤で局部的に血管を拡張の効果は低くく、ほかの手当と組み合わせる必要があります。
高価な育毛剤を使っても頭皮が緊張していれば効果は期待できません。

 

頭皮の緊張(ストレスや肉体疲労)を改善してから育毛剤を使いましょう。
ストレスや肉体疲労、自律神経の影響で頭皮も凝ったり緊張します。

 

肩こりや首すじのこりがある人は、後頭部から頭頂部にかけて、また神経を使うと側頭部が凝ってきます。

 

頭皮が緊張している

血管が圧迫されて血液の流れが制限され、育毛にも大きく影響します。
体は、18〜25才位で成長は停止しますが、頭がい骨はその後も少しずつ成長します。

 

頭皮はピンと張った状態は、毛は生育しにくい状態となっています。
尖った物が頭皮に当たると痛い。側頭部が緊張しているのがわかります。

頭が重たい

頭皮のマッサージ

後頭部や側頭部が凝っている、しびれた嫌な感じ。

 

おでこ、横鬢(びん)が張り出している。頭が大きい。
肩が凝りやすい。
首筋から背中にかけて凝るしびれる。

 

頭皮も凝っていると考えてコリや緊張をほぐすことです。

 

写真のように両手を側頭部に当てはさみ、上にゆっくり持ち上げるように、
頭皮がよく動かない場合は頭皮が緊張しています。

 

体調や疲れ具合などにより緊張度も違ってきます。
額は柔らかいので比較してみるとわかりやすい。


現代はストレス社会です

肩こりを訴える人は実に多いです。

 

緊張を強いられる職務を長い時間続けていることで、仕事が終わってからも緊張は持続しています。
その緊張をほぐすには、バスタイム=入浴しながら体の緊張をほぐしていくのが一番いい方法です。

 

シャンプーするときも汚れを落とす目的だけでなく、
頭皮の緊張をゆるめる目的もあることを知ってください。

 

シャンプー前に頭皮にシャワーをよくかけるのは、
水の膜で頭皮を保護する目的と、緊張をゆるめる効果を得られるからです。

 

ルナレストルセリピッド=頭皮料を使っていると、頭皮の緊張は緩和され、よく動くようになります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ