薄毛予防を考え血流を良くする、バランスよく栄養を摂る。

髪の毛は健康のバロメーター

食べて飲んで髪の毛を美しく

全身の健康状態が非常に現われやすいです。

 

頭皮を流れる血流は、体の中で最も多いといわれ、
それだけ栄養分は頭皮に盛んに送られ、頭皮の細胞は活発に活動しているのです。

 

髪の毛にとって一番肝心なのは栄養の偏りのない食事と適切なエネルギーを摂ることです。
髪の毛は皮膚に一部分です。細胞が構造を変え、毛を次々と作り出します。

 

便秘と肩こりがあると白髪になるのは、便秘をすると腸の中に古い便が溜まって、
新しい栄養を血液に取り入れる力が落ちるためです。

 

便の中の毒素が血液に再吸収され、髪は血液から栄養を補給して
作られているので結果として髪に悪影響を及ぼします。

健康な毛を作りましょう

健康な皮膚と活動が活発な細胞を作ることが肝要です。

 

髪の毛の主成分はケラチンという繊維状のタンパク質で、
髪の毛はケラチンを積み重ねたような構造になっています。

 

だからといってタンパク質だけ摂ればいいということではありません。

 

銅や亜鉛などのミネラルも髪の毛を構成する成分なので、
これらもいっしょに摂ることを意識してください。

 

健康な髪の毛は作れません。

良質タンパク質を多く含む食品

イワシ、タイ、カジキ、イカ、エビ、オタテ貝、鶏むね肉(皮なし)、豚ヒレ肉、ささみ肉、牛もも肉、プロセスチーズ、カマンベールチーズもめん豆腐、厚揚げ、大豆、卵、牛乳

イワシ ホタテ貝 大豆

亜鉛と銅を多く含む食品

イワシ、牛レバー、豚レバー、鶏レバー、牛もも肉、ホタテ貝、ウナギかば焼き、カキ、カシューナッツ

イワシ ホタテ貝 カシューナッツ

 

 

亜鉛を多く含む魚の代表がウナギ。タンパク質も豊富です。
アーモンドなどのナッツ類は亜鉛や銅を多く含みます。

アーモンド カシューナッツ

 

 

動物性・植物性両方のタンパク質をバランスよく摂ることです。
動物性タンパク質は、頭皮の血管を作る役目をします。

 

 

ささ身は低脂肪の良質タンパク質です。
レバーはタンパク質と亜鉛と銅を多く含む万能選手と言えます。

 

育毛百科相互リンクサイト

育毛養毛で若ハゲをぶっ飛ばす方法
育毛サロンに通う育毛実践者が紹介する 育毛養毛で若ハゲをぶっ飛ばす方法

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ