髪のエネルギーはタンパク質で作る薄毛は肝臓など内臓の機能低下が原因

スポンサードリンク

肝臓とは

腎機能が低下すると肝臓に負担がかかり、解毒や浄血をつかさどる肝臓の働きが低下すると、頭皮に影響が出て、毛髪の育成に影響します。

 

加齢以外の薄毛は、体の中の状態を調べ各内臓機能に異常や低下がないかを確認すること。

 

肝臓はストレスにより害されるので、ストレスを我慢するより発散させる方法やゆったりした気分になるを考えることです。

 

心臓・循環器系=東洋医学では心臓だけでなく、血管も組み入れられており、毛細血管にサラサラした血が流れやすい状態、血管の収縮や、古血、末端のうっ血などが薄毛や育毛しても治らない大きな原因となっています。

 

食事した物が、栄養となって体の中に浸透するのは腸なのですが、その栄養成分を蓄積しておくというのが肝臓。

 

それ以外にも、代謝・解毒・排泄であったりいくつもの働きを持っており、健康を管理するからすれば非常に必要とされる臓器なのです。

 

体の中に吸収した栄養成分は、そっくりそのまま体に活用されるのとは違い、一旦それ以外の成分に分解が施され、必要に合わせて使い勝手の良い成分に合成されて活かされます。

 

肝臓と髪の結びつき
食べ物から摂り入れたタンパク質は、一旦小腸でアミノ酸に分解されて、体の中に吸収が行われ、肝臓で貯められます。

 

肝臓で髪に要求される血漿(けっしょう)タンパク質を生み出し、血液の内に放出され、毛根に運ばれるのです。

 

髪の主成分となるタンパク質をいっぱい摂り込んでも、ありのまま活用されないとしたら価値がないかのように感じますが、タンパク質に合成しやすいアミノ酸に細分化されるから、価値がないと考えられます。

 

ポイントは、肝臓が疲れ切っているとか肝臓の疾病を発症していますと、必要とされるタンパク質が結びつけなされないので、しっかりしていない髪に変わったり、一回り成長する前に抜け落ちてしまうようです。

 

栄養成分は、生命維持に欠かすことのできないことから割り当てるからこそ、肝機能が悪化していますと、生命維持にあんまり必要とされていない髪に至るまで、タンパク質が届かなくなるのです。

 

肝機能弱まりのトラブル
  • しっかりと睡眠をとっても体全体がだるい
  • 二日酔いが長引いてしまう感じに変わってきた
  • 食欲不振
  • イラッとする
  • 右上お腹の不快な思い
  • 手のひらが赤い
  • シミがいっぱい発症した
  • 爪に縦の筋が出現する
  • 身体全体のお肌の黄色味
  • 目の白色部位が黄色く変わる

 

肝臓に良くない習慣
  • 肉や天ぷら・唐揚げなどの油っこいものを日常的に口に入れる
  • 抗生物質・鎮痛・鎮静剤といった薬は何よりも害となる
  • ごはんやパンなどという、デンプン質のお食事をお腹いっぱい堪能する
  • スイーツや饅頭といった甘めの砂糖菓子の摂り過ぎ
  • すごい量の飲酒
  • 生野菜をサッパリ口にしない
  • 夜食あるいは眠りにつく前物を口に運ぶ
  • 水分がいっぱいのフルーツや酸性のしっかりしたフルーツの食いすぎ
  • 小豆と柿は、肝臓を温度を下げるのです
  • イラついたり激怒すると、瞬間的に胆汁がたくさん出てくるのでそのことが継続していくと、肝臓機能が悪くなります。

 

健康のために栄養をたくさん摂る

必要ですが、食べ過ぎてしまえば逆効果です。

 

エネルギーや糖、脂肪などの摂取が多すぎると、肥満や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を招き、間接的に腎臓に悪影響を与えます。

 

たくさん食べても、運動をしてエネルギーを消費すれば大丈夫と思っているかもしれません。

 

肥満にならなくても食べている物の栄養分は血中を流れ、最終的には腎臓で処理しなくてはならない分もでてくるため、腎臓には大きな負担をかけることになります。

 

高エネルギー、高タンパクの食生活は要注意。タンパク質は重要な栄養素です。

 

少ない量で十分栄養が摂れるよう、タンパク源となる食材をよく選んで効率よくとることが必要になります。

 

健やかな身体が活き活きとした髪を成育させますので、育毛には五臓六腑はいずれも重要ですが、その中にあっても特別肝臓は髪から見れば一番大事な臓器。

 

抜け毛が心配だからといって、頭皮にばっかりに意識を集中させていたのでは、肝機能の悪化で抜け毛が目立つようになっているかも知れません。

 

そのような状況、身体に害を及ぼしてしまいますから、徹底的な改善のことを考えても、肝臓を調査してみてはいかがでしょう。

タンパク質とは

血液、筋肉、ホルモン、酵素を構成する、体に欠かせない物質です。

 

体内のタンパク質はつねに分解・合成をくり返しているため、タンパク質の豊富な肉や魚・豆類などを食事で毎日摂り入れなくてはなりません。

 

一定量しか摂れないので、必ず質のよいタンパク質を摂ることが大切。

 

三大栄養素

過剰に摂ると、食事全体のエネルギーも多くなり肥満になります。

 

食事のエネルギーを適正にし、栄養のつり合いののよい食事をしましょう。

 

タンパク質を構成しているのは、約20種類のアミノ酸です。

 

アミノ酸のうち9種類は体内で合成できないため、食品から必ず摂取することです。

 

必須アミノ酸を均等によく含んでいるのが良質なタンパク質です。

 

タンパク質の正しい摂り方

量より質肉や魚などの動物性タンパク質は良質。脂肪などの摂り過ぎに気をつける。

 

植物性タンパク質でも、とくに大豆・豆腐はアミノ酸つり合いががよいです。

 

卵も良質でタンパク質がすくないときはおかずに一品加えるといいです。

腎臓とは

体がむくんだり脱水しないよう、一生懸命に水を調整します。

 

腎臓は、体液の成分を一定の状態に保ち、体がうまく働くよう環境を整えていますが、それ以外にも多くの大切な役割があります。

 

尿量を調整して、体内の水分量を調整し、体液に含まれるナトリウム、カリウム、マグネシウムなどの電解質を調整すると共に、体内を弱アルカリ性に保ちます。

 

血液には、体内で不要になった老廃物や毒になる物質が混じっていて、血液をろ過して、老廃物などと尿中に排出し、きれいになった血液を全身に戻します。

 

血圧を上げたり下げたりするホルモン、カルシウムを腸で吸収したり、骨に沈着させるように働くビタミンDを活性化するホルモン、赤血球を作るホルモンなどを分泌しています。

 

脂肪(コレステロール)の多い血液はドロドロ血など。

 

サラサラ血液を作るには、運動にて脂肪を燃焼させ、食事でコレステロールを摂りすぎないことが大切で、生活習慣の予防には、食べ過ぎ、塩分の摂り過ぎ、糖の摂り過ぎなどに気をつけ、栄養のつり合いののとれた規則正しい食生活を送ることが大切です。

 

腹八分目が理想的です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク