毛穴の中の汚れとは

毛穴の中の汚れとは

スポンサードリンク

界面活性剤は「浸透作用力」があります

使い方をあやまったり、ごしごし洗っているつもりが、界面活性剤を毛穴に押し込んでいます。弱っている頭皮、体質的に防御力が弱い場合は、界面活性剤は浸透していきます。

 

もっと悪いことには汚れまで再浸透させています。

 

毛穴の中はそれらの残留物で汚れている状態です。

 

これらの残留物はゆっくり排泄されますが、シャンプーやリンスなどを毎日使うことで、残留が多くなるケースが多いです。

 

そうした残留物が毛を育てる組織を弱らせたり攻撃して毛は次第に細くなります。

 

4〜6年ある髪の毛の寿命も次第に短くなっていき、薄毛が進行していくことです。

 

予防方法

浸透しにくい育毛シャンプーを選び、毛を育てる洗い方を学びましょう。

 

シャンプーの前後に、スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストルセリピッド=頭皮料で、頭皮を保護・補修してください。

 

アドバイス

毛穴から大量の皮脂や残留物を取出して見せ、脅かす育毛サロンがあると聞きます。

 

ステロイドや残留物がそんなに長期間しかも大量に残るはずがありません。

 

皮脂腺は排出器官です。

 

外部から物質を出来るだけ中に入れない機構になっています。

 

体も異物を排除するためにいろいろな方法を取っています。

 

薄毛で心配なのに、そんな残留物を見せられ、うろたえて相手の言いなりになります。

 

心理を商売に、皮脂を強引に取り去ると、頭皮のバランスを乱して薄毛や脱毛症は進行しやすくなるので注意してください。

界面活性剤の作用

界面活性剤の作用
毎日のように使っているシャンプーやリンス・トリートメントなどは、界面活性剤を基剤としてつくられています。

 

浸透すると汚れ物の内部まで浸透して、膨張させて汚れを細分化します。

 

それらは皮膚や細胞に対して下記のような作用を及ぼします。

 

予防方法

シャンプーやリンスの害
浸透しにくい育毛シャンプーを選ぶ。

 

毛を育てる洗い方を学ぶ。

 

シャンプーの前後に、スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストルセリピッド=頭皮料で頭皮を保護・補修をする。

 

シャンプー剤が残らないよう、たっぷりのぬるま湯でていねいにすすぎます。

 

耳のうしろや生え際の部分もすすぎ残しのないようにしてください。

 

シャンプーは、汚れを落とす目的だけでなく、薄毛の手当では血流の促進や交感神経の切り替えなどの効果のほうを重視しておこないます。

 

頭皮の緊張をゆるめることで交感神経と副交感神経の切り替えを滑らかにし、血液の循環をよくするためにおこないます。

 

市販のリンスやトリートメント、それにシャンプーは「ヘア用」で、傷んだ髪の保護や補修を目的に作られています。だから成分が髪に残らなければ目的を達しないわけです。

 

いい成分だけが残留するのでなく、全部残留するし、髪だけでなく頭皮や毛穴にも残留し、毛穴から浸透して直接毛母細胞を攻撃します。

 

リンスやトリートメントはシャンプーよりも毒性の強い陽性の界面活性剤を使っているし、シャンプーよりも頭皮に残留しやすいのです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る