スポンサードリンク

頭皮に異常がないように見えても

頭皮の改善前 頭皮料で改善後

頭皮に異常のようなことは、特に女性に多いです。
色白で細身な男性の薄毛、脱毛症も頭皮に異常に当てはまります。

 

頭皮を拡大すると、血の流れが虚して古血が溜まりやすくなって、頭皮は弱り衰えていく。赤くならなくても、炎症状態にある白い頭皮では、頭皮の異常を見逃しがちです。
手当てをする前と後ではすごく違うことがわかります。

頭皮が弱り衰えているときに使う製品とは

アルコール分の多い育毛剤は逆に悪化させる場合があります。
頭頂部のびまん性の薄毛は、血と気の滞りや異常に関連が多い。
薄毛はアルコールの多い育毛剤を使うと悪化してしまうがあるので要注意してください。

体を温め、頭皮の育毛マッサージ

血の気の流れを滑らかにするのです。頭皮の育毛環境はよくなり、次に生えてくる毛は太く寿命の長い毛が育つようになります。

 

スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストルセリピッド=頭皮料と育毛剤を組み合わせることで、効果はもっとよくなります。

セリピッド=頭皮料は、下記のような目的で作られています

1.育毛剤の欠点を補うため。

育毛剤はローションタイプなので、頭皮が弱ったり保護が必要な状況を改善する作用はありません。
でも育毛剤が使えないくらい頭皮が弱っていたり保護が必要な頭皮の方は多いのです。
そこで、弱りおとろえた頭皮を保護し回復させる目的でつくられたのが、ルナレストルセリピッド=頭皮料です。

2.ルナレストルセリピッド=頭皮料の目的
頭皮の緊張緩和 堅くなった頭皮や毛穴を柔軟にする。

血流の促進。
うっ血の改善。
炎症の沈静化。
余分な皮脂を無理なく取る。
頭皮の保護。細胞の活性化。
ルナレストルセリピッド=頭皮料は、頭皮の育毛環境を整える目的で使います。

女性の育毛手当てについて

薄毛というだけで薄毛の手当てをしています。
男性の薄毛と女性の薄毛は原因が違うし、個人により原因が違います。

 

皮脂が多い男性型脱毛症の手当てと同じ皮脂を取ることです。
だから、必要な成分までシャンプーや頭皮クレンジングに取り除かれ、ますます頭皮や毛が弱ってきているはずです。

 

体の中の状態=育毛環境が整っていないのに、攻撃的な育毛手当をするとこじらせたり悪化させたりします。頭皮を悪化させる手当の場合、頭皮を休ませ保護します。

 

頭皮を保護をしながら、徐々に回復させていく頭皮回復手当てを行い、ある程度頭皮が回復してから、育毛手当に移行させます。

毛穴の中の残留物とは

水道のコップ水が左、右のコップの中は毛穴の中の残留物で白く濁っている

 

蒸気を頭皮に作用させて毛穴内部の掃除をすると、写真右側のコップの中は毛穴の中の残留物で白く濁っています。

コップの中の濁っている中身はシャンプーやリンスの界面活性剤。
整髪料の成分。
古い皮脂が分解した低次の脂肪酸、過酸化脂質。
水道水の重金属。

こういった残留物が毛の組織を攻撃、影響して、毛は細くなり、寿命も短くなっていきます。
毛穴の中はシャンプーやリンス、整髪料の界面活性剤や老廃物で汚れています。
髪や毛穴に残っているカラー、パーマ、ムースといったヘアケア製品など薄毛を進行させる要因が多いです。

ホルモンや自律神経からの影響が複雑に絡み合っている

薄毛というだけで、シャンプーをして育毛剤をつけるような手当をしていると、いつまでも効果が現われません。
過剰な手当てが頭皮を弱らせ、防御機能が働いて、手当を受付けなくなります。

過激な手当て、方向違いの手当て

髪には証拠が残ります。髪だけではなく、頭皮や毛根もダメージを受けています。
薄毛を治したいなら、リンス、トリートメント、整髪料は止めること。
使うと薄毛は進行、育毛を阻害、悪循環をくり返します。

薄毛は次第に進行していきます

なぜ、毛穴の中が汚れているのか。
皮膚は排泄器官で外部からの物質は簡単に内部へは入り込めないようにできています。

 

しかし、界面活性剤は浸透力があるため、使い方をあやまったり、ごしごし洗っているつもりが、界面活性剤を毛穴に押し込んでいます。

 

防御力が弱っている頭皮、また体質的に防御力が弱い場合は、界面活性剤は浸透していきます。
頭皮はヘアには言うなれば土壌と同じで、頭皮異常はヘアに悪影響を与え、抜け毛が発生も考えられます。

 

かゆみ、ふけ、吹き出物、かさぶたといった頭皮異常が発生する原因に「乾燥」「皮脂」「アレルギー」「外傷」「血行不良」が見られます。
頭皮や毛の構造からひとつひとつの原因に対しての対処方法や抜け毛との関わりをご説明します。

 

特別頭皮にトラブルを持っている場合何とかして改善しようといろんな手当て法に夢中になってしまうものですが、トラブルが発生している時はむしろいろいろしないように意識した方がごく短時間で改善する可能性も大きいでしょう。

 

良かれと考えてしたことが薄毛を促進させてしまったようなことがないようにお気を付けください。
もしも過剰な皮脂分泌が起こってしまった場合、脂を除去しようとしたりしてがんばってシャンプーを繰り返してしまうものです。

 

ところが皮脂の分泌が過剰なケースできれいに洗い流し皮脂をキレイにしてしまったら、頭皮が今の分泌量だと足りないと間違えてどんどん皮脂を分泌するというような深刻な事態が起こってしまうかもしれません。

 

皮脂分泌量が止まらない症状と同じ様だとすれば、今からシャンプーを使わないでお湯だけを使って皮脂と汚れを洗い流す感じに留めた方が分泌のペースが元の状態に戻りやすいこともあって、過剰に手当てをやり過ぎないように行なう用心も必要であると知っておくようにしてください。

 

 

しかも頭皮にかゆみが見られるケースでも本気になって洗ってしまうものですが、こうしたことも逆に頭皮にストレスをかける心配があるのでご注意ください。
かゆみが見られる場合もゴシゴシ力いっぱいに洗い流すことは控え、指の腹で刺激がなく頭皮をマッサージするだけにしてください。
頭皮トラブルを持っているなら専用のシャンプーを使用して簡単にお手入れを終わらせるレベルが最高ですから、大切なお手入れで悪くし薄毛になってしまうようなことが起こらないようにしていきましょう。


頭皮の炎症の一つとして極めて多い「脂漏性皮膚炎」

抜け毛が起こったり、AGAと併発したりするのも見受けられます。
頭皮の脂漏性皮膚炎は実際どういった症状なのか。脂漏性皮膚炎の症状は初期だと皮脂が多くなって頭皮付近に大き目のフケが発症します。

 

匂いが心配なといった方もおりますが、毛穴に詰まった皮脂が酸化するのが原因で匂いが生じるものなんです。
少し進行すると炎症やかゆみの症状が出始めます。重症化すれば頭皮の湿疹、かゆみはより一層悪化し、頭皮にかさぶたと変わらないものが目立つようになってきます。

 

炎症が生じることによって痛みが発生するケースもあるようです。また炎症が進行して悪くなると抜け毛に発展する方もいるのです。

どうして頭皮は脂漏性皮膚炎を発症しやすい?原因とは

脂漏性皮膚炎の原因

皮脂が過剰分泌されることによって皮脂を好む真菌のマラセチア菌が異常繁殖してしまって、頭皮や顔に炎症ができてしまうケースが脂漏性皮膚炎の原因です。
皮脂の分泌を促すのが男性ホルモンで、男性の患者が多いというのが一般的です。

 

女性だって生活習慣の悪化や、ストレスからホルモンのバランスを崩して皮脂分泌が活発になることも考えられますので、男性ばかりが発症するという訳ではないです。
他には間違った洗髪方法も原因のひとつに考えられます。

細菌・カビが原因ではない脂漏性皮膚炎は存在するのか

細菌やカビが原因ではない脂漏性皮膚炎はないといえます。
脂漏性皮膚炎だと考え、抗真菌剤を塗っているんだけど良くならない、といった方は別の原因のである可能性もあります。

乾燥していたとしても脂漏性皮膚炎になってしまうのか

乾燥していたとしても脂漏性皮膚炎ではないでしょうか。
実際のところアトピーの方は脂漏性皮膚炎を同時に発生は少なからず存在するようです。
また、脂漏性皮膚炎になってしまったら頭をきちんと洗って乾かしてさえいればということも逆効果です。乾燥した肌は刺激に弱いことから、炎症が悪化するケースやかゆみが激しくなる可能性があります。

 

自己判断は避けて絶対に病院へ行ってください。アトピーに生じる症状を脂漏性湿疹と勘違いするケースもあるらしいです。
そういった場合抗真菌剤を塗布しても治りません。アトピーも強力なかゆみと赤みが生じますので、脂漏性皮膚炎と症状がそっくりです。
脂漏性皮膚炎を併発しているか判断がつかないならば、病院に出向き医師に相談が重要。

頭皮の脂漏性皮膚炎に効果がある方法

皮膚科を訪問する

放っておいたら悪化し慢性化する心配がある脂漏性皮膚炎は、医師に相談し正しい治療薬で治すことが重要です。赤みやかゆみが大変な状態ならステロイド剤と抗真菌剤であるニラゾールローションの塗り薬を同時使用し治します。

 

特にステロイド剤の薬を用いる時は専門家に正しい使用の仕方を確かめましょう。
慢性化し、重症になれば皮膚科の料金もさらにかかってしまうから、早いうちに病院へ通って治療したほうが良いでしょう。

皮膚科に行かないと元に戻らないのだろうか

絶対に回復しないわけではないのですが、早いうちに行くことが大切です。慢性化しがちな疾患なので、重症化してしまう時のリスクを考えに入れると自己判断はよくないです。抗真菌薬入り専用シャンプーも市販しているが、医者に相談し使うのが賢明でしょう。

脂漏性皮膚炎は短髪であるほど早く回復するのか

確実に早く回復するとは限りませんが、短髪であるほど頭皮は蒸れにくく、負担が軽いことからケアは面倒なくなるはずです。
頭皮が湿った状態が続くため雑菌が繁殖しやすくなりますから、長髪では要注意。

石鹸シャンプーは重症化するのか

必ず重症化するとは断言出来ませんが、専用のシャンプーを利用する。石鹸は、石鹸素地といった成分使って作ってありますので石鹸カスが生じます。
しっかりと完璧に流さなければ石鹸カスが残ることを利用して頭皮がベタベタしてしまって、そういう理由からで症状を進行させることに。

 

洗浄力が強い商品も多いため、頭皮の状態が悪くて脂漏性皮膚炎のケースでは、ダメージを与えない洗浄力のアミノ酸系シャンプーを利用するのが間違いないでしょう。
肌に負担を少なくしたい理由から、シャンプーを使わないでお湯のみでシャンプーを行なう湯シャンを試みる人もいらっしゃいます。

 

お湯のみの状態は頭皮を清潔に洗うのが難しく、脂漏性皮膚炎が悪化するかも、湯シャンはフケが生じる人におすすめができない洗髪方法です。
また、頭皮にはなるべくなら刺激を与えず皮脂を除去できるので、専用シャンプーを使うことだって大切ですが、頭皮を保湿するのも大事です。

 

頭皮の水分が足りないと、肌のバリア機能が衰えて、頭皮が傷つきやすくなるとか、細菌が繁殖するとか、かさぶたが増えやすくなってしまいます。
そして、頭皮の保湿もしっかりとやりましょう。しかし、油分でなくて水分を保湿するように心がけましょう。

コーヒーは脂漏性皮膚炎に悪影響が出るのか

コーヒーに豊富に含まれるカフェインには皮脂の分泌を促す力があるので、脂漏性皮膚炎の方にはあんまりよくありません。
人一倍飲む方は、一日一杯までとある程度まで抑えた方が良くなります。
また皮膚を刺激する香辛料・糖分も摂取を控えるべきです。

回復するまでの期間は、何日くらいかかるのでしょうか

ちゃんと医者の指示を守り、薬を使った場合、顔でしたら2〜3週間、頭皮でしたら4〜6週間程度だと思います。
治療期間中は、患部に対する刺激はできる範囲で避けることを意識しましょう。
刺激の強いシャンプーの利用や、患部を掻いてしまったら症状が悪化してしまうためです。
1〜2週間で改善を感づる方もいますが、完治したと考え治療を断ち切らないようにしましょう。
完治後はバランスのとれた食生活や、毎日の暮らしを改める、肌に合ったシャンプーによる正しい洗髪を心掛けることによって再発を阻止が可能でしょう。

AGAと併発したらどうしたらいいのか

AGAは遺伝的要素で発生するのが大半で、脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常によって真菌が増殖するため発生します。
脂漏性皮膚炎が原因でAGAが発症しないと考えられますが、原因が違うので併発はありえます。また併発によって、抜け毛が増えてしまう危険性があります。

 

併発した人では育毛剤の使用を考えに入れる方がいるのかも知れない。
しかし脂漏性皮膚炎で炎症の見つかった頭皮に育毛剤を使っては、敏感となった頭皮に刺激を与えるから使用してはいけません。
脂漏性皮膚炎が悪化するため、抜け毛に拍車を掛けてしまう可能性も考えられます。

第一段階は脂漏性皮膚炎の治療を行って、正常な頭皮に回復してから、育毛剤によるAGAの治療をしましょう。
脂漏性皮膚炎はなかなか簡単に完治しにくい方も見られる疾患です。
完治後にぶり返す確率は存在しますが、毎日の暮らしや食生活、肌に合ったヘアケアによって予防するとい方法も不可能ではありません。
自己判断しないで、入念に完治させ再発を防いでいきましょう。

頭皮のかさぶたが良くならない!かゆみを食い止める対処方法

頭皮のかさぶたには、主として「白」「黄色」「赤」の3種類が見られます。
お互い、皮膚がはがれたもの、膿・出血が影響しているものです。

 

ケアをするやり方は、かゆみを止めさせ頭皮の健康を取り返すこと。
ひとつひとつの具体的な原因と対処方法につきご説明していこうと思います。

あなたのかさぶたの種類は?

白いかさぶたに近い

赤い炎症を起こしてしまった頭皮の上に白いかさぶたが覆いかぶさっている状態になっています。角質層がひとつになってはがれ落ち、フケというわけです。

 

黄色いかさぶたに近い

頭皮のかゆみが気になり掻きすぎることで傷ができ、リンパ液が生じた状態にあります。
リンパ液が増えると頭皮がじゅくじゅくし、細菌が繁殖しやすい環境になるため悪化しやすいことも特徴になります。

 

よくあるかさぶた

血液でできるかさぶたです。ひっかいたりして頭皮に傷がついてしまうと発症します。

頭皮のかさぶたができる原因

頭皮にかさぶたができるのは、外的要因で傷ができる場合を除くと、頭皮の健康状態が悪化しているからで、どうして悪化するのか。いくつか原因を挙げて解説していきます。

新陳代謝周期の不規則になり(白いかさぶた)

新陳代謝とは皮膚が生まれ変わるサイクルになります。
皮膚は表皮・真皮・皮下組織があり、表皮の一番下の基底膜から新しい皮膚が生まれ、分裂を繰り返し28日間費やし上へ上へと押し上げられ、表皮の一番上が角質層です。

 

新陳代謝の異常が早まると、未熟なままの皮膚が表面に出ることになります。
なので肌のバリア機能が悪くなり乾きやすく、敏感な肌に変わってしまいます。
新陳代謝が遅くなると、肌表面に角質が残っているため肌がくすんで映って、ごわつく肌を誘発します。
アトピー性皮膚炎は肌の新陳代謝が早すぎ、肌が刺激を受けやすくかゆみを起こします。

白癬(白いかさぶた)

白癬菌が毛穴に入り込む結果による頭皮の水虫感染です。頭皮がかゆみが生じたり、大量のフケが発生したりします。
白癬菌はカビの一種で、湿度が上昇して湿った場所を好むことになります。
新陳代謝が異常を来たして肌のバリア機能が悪化しているのなら、言うまでもなく白癬菌にも感染しやすくなるのです。

皮脂の過剰分泌が原因の脂漏性皮膚炎

皮脂が過剰に分泌すると、毛穴や頭皮に存在するカビ菌の一種のマセラチア菌が異常繁殖しやすく変化します。
マセラチア菌は皮脂を好み、分解する途中で遊離脂肪酸を出します。
たっぷり出た遊離脂肪酸が分解されることなく酸化が原因で、頭皮にダメージを与え皮膚炎が発症し、フケやかさぶたが発生するのです。

かゆみを我慢できなくて掻くことから悪化

脂漏性皮膚炎も当てはまりますが、炎症が発症してかゆみを我慢できなくてに悪化させると人がほんとに珍しくありません。
かさぶたは基本に傷を治そうと生まれるもので、かゆみが原因で剥がしてしまうわけで、いつまでも治らず、傷に細菌が入って、リンパ液が発生してしまうことが多いです。

 

 

かゆみができる原因
乾燥やトラブルによって肌のバリア機能が弱まることから皮膚が外側からの刺激に抵抗できなくなり、ちょっとの刺激でも肌が敏感に反応しかゆみを起こします。
かゆみが出てくる部分を掻くため知覚神経に刺激を与えて、より以上にかゆみを感じさせるヒスタミンという名の物質が放出します。そうやってかゆみは広まります。


頭皮のかさぶたを良くするやり方

病気を良くする

乾癬は赤い発疹の上にフケが発症する病気の状態です。表皮の細胞が思いもよらないスピードで生まれ変わることで、次から次へと皮膚がはがれ落ちます。
皮膚に炎症が発症しますのでかゆみを起こします。

正しいシャンプーをする

正しくない洗髪によって、皮脂や汚れが付着したままの頭皮や、洗いすぎて乾いた頭皮はトラブルが生じやすいように変化してしまうのです。
さらに、効果の出ない洗髪方法は頭皮の状況を悪くします。頭皮に合うシャンプーを使用し、正しい方法による洗髪を行い頭皮の健康を取り返しましょう。

食生活やライフサイクルを良くする

食生活のバランスの良くないと栄養素が頭皮に運ばれなくなってしまいます。
ライフスタイルが乱され、寝不足や就寝時間が遅くなると、新陳代謝が規則正しく行われなくなってしまいます。
頭皮の状態を良くしたいなら、バランスのしっかりした食事と、「早く寝て早く起きる」を心掛けましょう。
規則正しい生活を送っていくことによって体が健康を取り戻し、皮膚にだって良い影響が起こります。

かゆみを抑制する

かゆみが見られる場合には、なるべくなら病院で炎症やかゆみを抑える薬を処方していただきましょう。
病院に行くことができないケースでは、薬局で出回っている抗炎症剤といった使用はいかがでしょう。治療するためには掻いて悪い状態にしないことが重要です。

掻くのが原因のケースだと皮膚科へ
かゆみは我慢するのがどうしても簡単ではない症状です。
中でもアトピー性皮膚炎だと、我慢しがたい我慢できないかゆみがつきまといます。
掻くことによって皮膚に傷がつき、そのために敏感で弱い肌になってしまうため、とにかく掻かないで済む方法を考えたほうが良いです。
アトピー性皮膚炎にとどまらず、他の皮膚炎によるかゆみを落ちつかせるために、皮膚科で薬を処方していだだきます。
かゆみがひどい状態のときはステロイド剤を処方されます。
速効性は見られるが、副作用が強いので長期使用は控えて使う。
抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服薬は、続けていくということでかゆみを緩和するからこそ継続的に服用します。

 

 

頭が接触するものに除菌スプレー

頭皮が湿っている状態では細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
帽子やヘルメットをよく着用する方は、清潔に保たれてない状態のものを使って細菌が繁殖しやすくなって、頭皮の状態が悪くてしまう場合が見られます。
枕カバーも毎日使うものですから、細菌が繁殖しやすい製品の一つでもある。
帽子や枕カバーは毎日洗うか除菌スプレーできれいな状態に保ちたいものです。
また、帽子は頭皮を紫外線から守って頭皮のダメージを少なくしますから、清潔なものを使用して役立てましょう。


刺激が少ないシャンプー選び

ラウリル硫酸Naの合成界面活性剤は、敏感となった肌には洗浄力が強すぎる可能性があります。

 

石鹸シャンプーは比較的に刺激が少ないながらも、洗浄力が強いので皮脂を流しすぎてしまうとか、石鹸素地を用いることで石鹸カスが頭皮に残留しやすく、頭皮のトラブルを引き起こすかもしれないですね。

 

また、シリコン成分が多量に配合されているシャンプーは、頭皮にシリコンがついたままになることで地肌にかゆみを与える場合もあります。
パラベンやフェキシエタノールの保存料や香料も刺激が起こる傾向にありますので、なるべくなら含まれていない方が理想的です。

 

成分表示は配合量が多くある順に記載されているので目安にもおすすめです。

 

頭皮が敏感となっているケースではなるべくなら、肌にダメージを与えないアミノ酸系のタイプで、刺激が発生する添加物を抑えたシャンプーを買いましょう。
頭皮を及ぼす負担を和らげられます。

頭皮に優しい洗髪方法を

髪をきれいにする前に必ずブラッシングをやります。髪に付着した汚れが取り除けます。

シャンプー前にお湯で予洗いをやります。お湯でちゃんと洗うことによって汚れが落ち、シャンプーの泡立ちが良くなる、シャンプー量を最低限に出来ます。
お湯の温度は熱いと皮脂を流しすぎ、乾燥の原因となるので38°くらいがです。

シャンプーを泡立てて頭皮を洗います。
手で泡立て、髪の毛でなく頭皮に泡をのせ、指の腹で頭皮をマッサージするように洗う。後はしっかり流す。洗い残しが見られるとかゆみを誘発します。

.コンディショナーを毛先部分にのみ付けます。コンディショナーは髪に潤いを与え指通りのよさを出す作用で使うので、頭皮には不要です。
コンディショナーを取り去るときはきちんとキレイにします。

洗髪後はタオルドライをきちんとするのです。
ごしごし拭くと頭皮と髪のダメージに結び付きますので、やんわり水気を取るように使ってください。そしてドライヤーで乾かします。

自然乾燥は絶対ダメ!正しいドライヤーのかけ方

ドライヤーは髪の毛から10センチ以上距離を離してやります。近距離で使えば熱風が当たり、髪の毛だけじゃなく頭皮の乾燥も引き起こします。
髪の毛の生えている方向を意識し上から下にドライヤーをかけると、キューティクルが整いやすいです。
乾かす時は髪の毛でなくて頭皮を乾燥させるイメージでドライヤーをかけます。
髪の毛をブロックに分配して下から乾燥させていけば、頭皮まで乾かしやすくダメージも必要最小限で済むのです。乾き具合は8割くらいを目安に。
頭皮は乾いても、毛先にはほんのちょっとうるおい感が残った状態が最高です。

体の内側より改善!食事・運動

食事

脂肪ばかりの食事や砂糖のたっぷりと入った甘い物は、皮脂の分泌を増加させ、頭皮の状態が悪くなりやすい環境を作ってしまうのです。
野菜や肉・魚をバランスを考えて摂ることによって体の中から健康にしてください。
肌を整えるビタミンB6やビタミンB2はレバーや納豆に多く含まれることから、意識して摂取するとよりベストだと思います。

運動

適度な運動をするから血の巡りが活発化し、頭皮環境の改善が望めます。
軽いウォーキング、運動をするのはストレスの解消にもオススメです。

 

 

頭皮のかゆみとかさぶたに関してピックアップしてきましたがどうでしたでしょうか。
頭皮のかゆみやかさぶたが悪い状況なら我慢しない、病院で薬を処方して貰う。
かゆみに我慢できなくて掻くことで炎症やかさぶたが悪くなっていくこともあるでしょう。
症状が軽いのなら、シャンプーを切り替えたりしてみたら改善だって考えられます。
しかし、自己判断はやらない方が安心です。頭皮の状態が改善しても、心も身体も健康に生まれ変われるように食生活やライフサイクルに気をくばり、肌の状態を良くするのが重要です。


育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク