頭皮に異常がある

頭皮に異常がある

スポンサードリンク

頭皮に異常がないように見えても

頭皮の改善前 セリピッド=頭皮料で改善後

 

このようなことは、特に女性に多いです。

 

色白で細身な男性の薄毛、脱毛症もこれに当てはまります。

 

頭皮を拡大してみると、血の流れが虚して古血が溜まりやすくなって、頭皮は弱り衰えていきます。

 

赤くならなくても、炎症状態にある白い頭皮では、頭皮の異常を見逃しがちです。

 

手当てをする前と後ではすごく違うことがわかります。

頭皮が弱り衰えているときに使う製品とは

アルコール分の多い育毛剤は逆に悪化させる場合があります。

 

頭頂部のびまん性の薄毛は、血と気の滞りや異常に関連することが多いのです。

 

薄毛はアルコールの多い育毛剤を使うと悪化することがあるので要注意してください。

 

体を温め、頭皮の育毛マッサージ

血の気の流れを滑らかににすることです。

 

頭皮の育毛環境はよくなり、次に生えてくる毛は太く寿命の長い毛が育つようになります。

 

スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストルセリピッド=頭皮料と育毛剤を組み合わせることで、効果はもっとよくなります。

セリピッド=頭皮料は、下記のような目的で作られています

1.育毛剤の欠点を補うため。
育毛剤はローションタイプなので、頭皮が弱ったり保護が必要な状況を改善する作用はありません。

 

でも育毛剤が使えないくらい頭皮が弱っていたり保護が必要な頭皮の方は多いのです。

 

そこで、弱りおとろえた頭皮を保護し回復させる目的でつくられたのが、ルナレストルセリピッド=頭皮料です。

 

2.ルナレストルセリピッド=頭皮料の目的

  • 頭皮の緊張緩和 堅くなった頭皮や毛穴を柔軟にする。
  • 血流の促進。
  • うっ血の改善。
  • 炎症の沈静化。
  • 余分な皮脂を無理なく取る。
  • 頭皮の保護。細胞の活性化。

ルナレストルセリピッド=頭皮料は、頭皮の育毛環境を整える目的で使います。

 

女性の育毛手当てについて

薄毛というだけで薄毛の手当てをしています。

 

男性の薄毛と女性の薄毛は原因が違うし、個人により原因が違います。

 

皮脂が多い男性型脱毛症の手当てと同じ皮脂を取ることです。

 

だから、必要な成分までシャンプーや頭皮クレンジングに取り除かれ、ますます頭皮や毛が弱ってきているはずです。

 

体の中の状態=育毛環境が整っていないのに、攻撃的な育毛手当をするとこじらせたり悪化させたりします。

 

このような場合、頭皮を休ませ保護します。

 

そうすることで、徐々に回復させていく頭皮回復手当てを行い、ある程度頭皮が回復してから、育毛手当に移行させます。

毛穴の中の残留物とは

水道のコップ水が左、右のコップの中は毛穴の中の残留物で白く濁っている

 

蒸気を頭皮に作用させて毛穴内部の掃除をすると、写真右側のコップの中は毛穴の中の残留物で白く濁っています。

 

  • この濁っている中身はシャンプーやリンスなどの界面活性剤。
  • 整髪料などの成分。
  • 古い皮脂が分解した低次の脂肪酸、過酸化脂質。
  • 水道水などの重金属。

 

これらの残留物が毛の組織を攻撃、影響して、毛は細くなり、寿命も短くなっていきます。

 

毛穴の中はシャンプーやリンス、整髪料の界面活性剤や老廃物で汚れています。

 

髪や毛穴に残っているカラー、パーマ、ムースなどのヘアケア製品など薄毛を進行させる要因が多いです。

ホルモンや自律神経などの影響が複雑に絡み合っている

薄毛というだけで、シャンプーをして育毛剤をつけるような手当をしていると、いつまでも効果が現われません。

 

過剰な手当てが頭皮を弱らせ、防御機能が働いて、手当を受付けなくなります。

 

過激な手当て、方向違いの手当て

髪には証拠が残ります。髪だけではなく、頭皮や毛根もダメージを受けています。

 

薄毛を治したいなら、リンス、トリートメント、整髪料は止めること。

 

使うと薄毛は進行、育毛を阻害、悪循環をくり返します。

 

薄毛は次第に進行していきます

なぜ、毛穴の中が汚れているのか。
皮膚は排泄器官なので外部からの物質はなかなか内部へは入り込めないようにできています。

 

しかし、界面活性剤は浸透力があるため、使い方をあやまったり、ごしごし洗っているつもりが、界面活性剤を毛穴に押し込んでいます。

 

防御力が弱っている頭皮、また体質的に防御力が弱い場合は、界面活性剤は浸透していきます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る