スポンサードリンク

スカルプケア頭皮ローション、ルナレストルセリピッド=頭皮料を使う

うっ血、弱い炎症のある頭皮

頭皮の改善前 ルナレストルセリピッド=頭皮料での改善後

慢性的な炎症や古血がたまっている頭皮には、育毛剤は効きにくい。
頭皮の異常を改善しましょう。慢性的に赤みがあるなら自己手入れで改善するのは無理。
スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストルセリピッド=頭皮料を使い「頭皮回復」で、炎症やうっ血を改善します。

頭皮の緊張がゆるんで動きやすくなってくる。
頭皮が柔らかくなってくる。
毛穴が開いて髪の毛がイキイキしてくる。

 

続けることで頭皮の育毛環境はよくなってきます。
次に生えてくる毛は太く寿命の長い毛が育つようになります。
頭皮ローション、レストルセリピッド=頭皮料と育毛剤を組み合わせる

頭皮回復の効果はもっとよくなります

一般、頭皮は青白いくらいで、しかもつやがあるのがふつうです。
皮脂が多いからと皮脂を強引に取ったりする育毛法では、効果がないと広く知られるようになりました。

 

また洗い過ぎ、取り過ぎによる後遺症が毛だけでなく頭皮を弱らせ、薄毛の進行を助ける結果となっていることもわかっています。

皮脂が多く吹き出物がある頭皮

頭皮の改善前 ルナレストルセリピッド=頭皮料での改善後

育毛は頭皮が弱り衰えている環境を改善しましょう。
皮脂が悪いのでなく、脂漏性状態の頭皮は育毛環境が悪化しています。
頭皮の育毛環境がよくならないと毛は増えてきません。薄毛や抜け毛は改善されません。

自宅手入れで、左の頭皮が、右のようなきれいな頭皮になります。

頭皮が弱りおとろえているとき、アルコール分の多い育毛剤は逆に悪化させる場合があります。
吹き出物ができる原因はいくつもあり、皮脂が原因でできることはすくないのです。他に体の中に原因があることが多く「火山の噴火」のように外に向かって排出するのです。
吹き出物の状態を外から使っているシャンプーや整髪料が増悪させているケースが多いのです。
吹き出物があり毛髪の量感がなく弱り衰える傾向にある頭皮からは、毛は細くなり寿命も短い毛しか育ちません。

育毛に必要な成分まで洗い取られているため、きれいにはなるが頭皮は衰えてきます。
手当ては、頭皮の緊張をゆるませ柔らかくして、血行をよくし吹き出物が出にくい頭皮にして太く寿命の長い毛が育つ頭皮にする。

保護力の高い成分のルナレストルセリピッド=頭皮料

頭皮を保護し、異常を改善していく手当をして、育毛剤を使う方が効果的です。
相乗効果が得られる老化型の脱毛や薄毛には必要なことです。

育毛剤は毛根への刺激

血流の促進など即効性はありますが、弱り衰えた頭皮の保護や回復作用はありません。
アレルギー肌には悪化させることもあります。
初期の薄毛や抜け毛は育毛剤だけでもいいです。

頭皮が問題だ、育毛剤が効かない頭皮が急激に増加

育毛剤は、しっかり効いてるのかなぁ?

最近、頭皮が衰えて、常在菌の異常繁殖が原因の頭皮の異常や薄毛が急に増加している。
お友だちは脂っぽくなる頭皮やニオイが分かっているが、あなたにはまるで分からない、次にあげる兆候をチェックが必要です。育毛手当を変えると良いですよ。

皮脂が粘つく
粘っこいといった皮脂
頭皮が赤い
かゆみ、フケが見られる
脂漏性湿疹
頭皮がテカる
頭皮や髪にニオイをもつ
不快なニオイのある。

 

皮脂が多い頭皮、脂漏性は、常在菌チェックをしなさい。

皮脂をとことん取るシャンプーと言えるものを使った育毛対策をして、皮脂をとことん取っているにもかかわらず皮脂が多い、皮脂がべたつく、薄毛が治りづらい、ニオイを気にしている、脂漏性湿疹、頭皮が赤い、といった症状が見られる方、育毛手当ての効果もなかなか出ない方は、常在菌の理由かもしれません。

 

皮膚には「常在菌」という名の重要な菌が存在していて、いくつもの外的ダメージから皮膚を守っています。

 

菌といいますと質の悪い働きばっかりをすると考えがちですが、皮膚や頭皮に潜在する常在菌はバリア機能を果している目的で、人体にとっては絶対に必要な菌の一種です。

 

ですが、大量に存在している常在菌は、互いのバランスが失われると頭皮環境の乱れや湿疹とかいろいろな問題が引き起こしかねません。放っとくと育毛が阻害され、髪の毛の成長が目立って遅くなる原因となる。

皮膚に潜んでいる「常在菌」とは?

常在菌とは人の体に存在していて、人類と共生する菌(微生物)です。
重点的に皮膚や粘膜なんかに存在していて、体のバリア機能を担ってます。中でも皮膚常在菌は皮膚上に生息する菌のこと。

 

皮膚には200種よりも多い常在菌が大よそ100万個棲みついていると言われて、主として汗や皮脂などをエサにします。

 

常在菌の主な種類として表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌等が挙げられます。
常在菌はいつもの相互バランスを確保しているなら人体に害を与える必要はないです。

 

かえって病原性の微生物繁殖を減少させたり、花粉といったアレルギー物質からガードしたりと、重要な役割りを担ってます。

 

肌を弱酸性に維持しトラブルの発生しにくい状態を保持する働きも備えています。

常在菌で生じる頭皮のトラブル
常在菌の中には腸内細菌という名の善玉菌、悪玉菌が挙げられます。中でも皮膚の表面や毛穴に存在している「黄色ブドウ球菌」は食中毒の元となっている微生物として有名です。
黄色ブドウ球菌は人間の皮膚にも存在している常在菌の1つですが、皮膚に棲息していることは問題ないです。
しかし怪我などをした際、創傷部から体内に侵入してしまったら化膿して悪化させる可能性があります。
化膿を悪化させる他、皮膚常在菌の一種「マラセチア菌」が異常繁殖すると、脂漏性皮膚炎という名の皮膚疾患が起こるかも知れません。
脂漏性皮膚炎は頭皮が炎症を起こし、抜け毛を早める頭皮環境の乱れがもたらされるケースも。

また、マラセチア菌の影響によって皮脂が増えると脂性フケを発症が考えられます。
こうしたことが脂漏性皮膚炎の原因にならないとも限らないことから気をつける必要があります。

 

加えて常在菌による頭皮のトラブルとしては頭皮の臭いやかゆみ、吹き出物などが挙げられます。
平常ならば人体に潜伏していたところで、たいした問題も生じない常在菌なのですが、異常繁殖によっていろいろな問題が現れるかもしれません。

 

常在菌のバランスを崩す原因には、頭皮の清潔が守られていない状況と、生活習慣が元となるマイナス要因が考えられます。

常在菌のバリア機能

本来なら、常在菌にはカビや花粉、病原体微生物といった外部刺激からガードする働きをしてくれます。

 

他にも、紫外線が皮膚を透過を防止してシミといったダメージから守ったり、活性酸素を分裂する物質をつくり出したり、肌を保湿するとか、アレルゲンの侵入を食い止めたりと、かなりの働きを引き受けているのです。

 

皮膚常在菌の一種「表皮ブドウ球菌」は、通常は皮脂や汗をエサとしてグリセリンや脂肪酸を作り出し、肌を弱酸性に維持しいます。
ですが、表皮ブドウ球菌も増えすぎると何かしらの異常が発生するリスクがあるのでバランスに保っておくことが大事です。

 

他の常在菌についてもストレスやホルモンバランスの乱れなんかに左右される異常が生じないのなら、障害となる働きをする理由などないと考えられます。
常在菌は“菌”ですが、私ども人体の頭皮や肌を守る貴重な微生物というわけです。

常在菌のバランスを崩す理由は?

数限りなく存在する常在菌は互いのバランスを崩したときトラブルを招きます。
常在菌のバランスが悪化する背景に、ヘアケアに関係する生活習慣が大きく関係していると思います。

 

頭皮や髪の毛を清潔に持ってられない状態が続いていると、常在菌が異常繁殖する可能性が大きいから要注意。
ひょっとして、洗髪しない環境をし続けると頭皮に皮脂が残留し、常在菌がエサとして異常繁殖が起こります。

 

また、頭皮に多く残される皮脂が酸化すると臭いが発生する原因にもなります。
整髪料やシャンプー、コンディショナーのすすぎ残しも頭皮に炎症が起こる恐れがあり、そうして脂漏性皮膚炎をもたらすこともあります。

 

他に、洗髪後に髪を乾かさず濡れてしまったままで放置しておくと雑菌やカビの繁殖が活発化し、フケやかゆみの原因に繋がりやすくなると指摘されています。
また、市販シャンプーに含まれる洗浄成分「高級アルコール系界面活性剤」は、洗い上がりをサッパリさせる強い洗浄力を持ってます。

 

髪を清潔に行うことは良いことと言えますが、1日に何回も洗うと、絶対必要な常在菌まで取り除くことにもなります。
肌のバリア機能を行なう常在菌が不必要に洗い流されてしまったら、外部刺激に及ぶ頭皮のバリア機能が衰えてしまいます。

 

バリア機能が弱くなった頭皮は、乾燥や外的攻撃から逃れるため皮脂を過剰分泌する目的のためにも働きかけます、皮脂の過剰分泌は頭皮環境の異常発生も考えられます。
そうした理由から、過剰にシャンプーをしないで、しかもシャンプーを選ぶ時は洗浄成分においても注意すると良いのです。

 

中でもアミノ酸系界面活性剤を使ったシャンプーは、頭皮にダメージを与えない成分で作られているものが多くあるので、皮脂や常在菌を必要以上に落とすケースがなく安心してシャンプー行なえるのではありませんか。

 

常在菌にはアレルゲンやカビ、病原性微生物、乾燥、紫外線ダメージから頭皮を守る身体にいい力があります。
しかし、常在菌のバランスを崩すと頭皮トラブルが発生する原因にもならないとは言い切れないため、正常に保つことが必要です。

 

ですから、ヘアケアに関した生活習慣の見直しは重要なことでしょう。
適度な常在菌の維持は頭皮トラブルをブロックするだけじゃなく良好な育毛を促進するうえでも一役買います。

 

万一、頭皮トラブルの症状が悪くなったり長い期間回復しないようでしたら、ヘアケア方法以外に問題があるかもしれないですね。

皮膚常在菌の種類

表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は別の呼び方“美肌菌”とも呼ばれます。
なぜなら、皮脂成分とされるトリグリセリドを、保湿効果を発揮する成分グリセリンと脂肪酸に分解し、お肌が潤って美肌を生む効果に由来してます。
脂肪酸は酸性に傾く頭皮を弱酸性に誘導し、アルカリ性を好んで繁殖する菌のバランスを整えます。表皮ブドウ球菌は、肌の表面から0.02mm未満の角質層に生存してます。
皮膚の一番表面の角質層に生息するため、洗顔で抵抗なく洗い流されます。

アクネ菌

アクネ菌は“ニキビができる原因菌”として知っている方もかなりいるかも知れません。
良くないイメージを持つ菌なんですが、アクネ菌は基本的に、表皮ブドウ球菌と同じく頭皮を守る作用をする身体に良い菌です。
通常アクネ菌は酸素を排除する性質が見られ、毛穴の奥や皮脂腺といった空気の入りにくい部位に住んで、表皮ブドウ球菌と同じで皮脂をエサとして、脂肪酸とグリセリンに分解しているのです。
ですが、乱れた食生活やストレスがきっかけとなって、皮脂が過剰に分泌され毛穴を詰まらせると、酸素がブロックされ、アクネ菌のエサとなる皮脂が信じられないほど存在するように変わります。
そうなると、毛穴にあるアクネ菌が過剰に増加してしまって、炎症が発症し、ニキビを発生させてしまうのです。

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は食中毒が起こる原因になる菌なのですが、皮膚の表面に相当な数が住み着いております。
黄色ブドウ球菌の特徴には、アルカリ性に傾けば傾くにつれて、勢いが生まれてくる点です。表皮ブドウ球菌が無数に繁殖している健康的な人の皮膚表面ではトラブルを発症させませんが、お肌の表面がアルカリ性に傾き、表皮ブドウ球菌が減少すると大増殖していきます。黄色ブドウ球菌が増殖すると、頭皮は痒みや炎症を起こします。
痒みや炎症の部分を引っ掻いてしまうと傷となって、傷口でより一層黄色ブドウ球菌が増殖して、化膿やニキビ、皮膚炎といったトラブルを誘発してしまうのです。

マラセチア真菌

マラセチア真菌とは酵母菌の一種で、皮脂や汗が過剰に出てくるとすごい勢いで増殖する性質が見られます。
健康的な皮膚ではマラセチア菌が存在しても影響を受けることはほとんどありませんが、脂漏性皮膚炎や、フケの引き金になります。
マラセチア真菌は、アクネ菌同じく皮脂分解酵素のリパーゼを分泌し、皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解しています。
分解した遊離脂肪酸が酸化されれば、毒性がある過酸化脂質に変わり、皮膚の炎症へと進行してしまうのです。

マラセチア菌には
マラセチア・ダーマティス
マラセチア・シンポディアリス
マラセチア・グロボーサ
マラセチア・ファーファー
マラセチア・レストリクタ
の5種を挙げられます。
マラセチア・ファーファーは毛穴に入り込んだタイミングで異物と判別される性質があって、即座に免疫反応が元となる炎症が生じます。

また、アトピー性皮膚炎の増悪因子だという研究報告データがあります。

 

正常な皮膚常在菌を育て、頭皮の健康化を望むなら
頭皮に存在する皮膚常在菌はフケや皮脂を食べながら生きているのです。

 

皮脂が過剰になってしまったら、皮膚常在菌が異常に生じてしまい、炎症といった皮膚トラブルを起こします。皮脂は頭皮の保湿や保護にはある程度まで必要なものになります。
あなたの頭皮が乾燥しがちな、あるいは脂っぽいのかを明らかにし、間違いのない洗浄力のシャンプーを利用が大事です。

 

頭皮に菌と言われるとどういうわけか抜け毛に直接関係してしまいがちですが、嫌らしい存在の印象がありますけれど、正直なところ悪い所ばかりか、頭皮の健康・保護にいい働きをする存在だということが理解できたと思います。

 

 

でも、常在菌は生活習慣の不規則やストレスでバランス状態が悪化し、頭皮にダメージをもたらす恐れもあるでしょう。
規則正しい生活、食生活を意識するというのは、説明のしようがない守護神を健やかにさせ、頭皮の健康になると確信しています。
万が一にも、頭皮に炎症があって、考えられないくらい完治しにくく、重症の皮膚症状が生じたと思うなら、脂漏性脱毛症に巻き込まれるケースもあります。


育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

頭皮を改善しなければ毛は生えません記事一覧

頭皮に異常のようなことは、特に女性に多いです。色白で細身な男性の薄毛、脱毛症も頭皮に異常に当てはまります。頭皮を拡大すると、血の流れが虚して古血が溜まりやすくなって、頭皮は弱り衰えていく。赤くならなくても、炎症状態にある白い頭皮では、頭皮の異常を見逃しがちです。手当てをする前と後ではすごく違うことがわかります。頭皮が弱り衰えているときに使う製品とはアルコール分の多い育毛剤は逆に悪化させる場合があ...

使い方をあやまったり、洗っているつもりが、界面活性剤を毛穴に押し込んでいます。弱っている頭皮、体質的に防御力が弱い場合は、界面活性剤は浸透していきます。もっと悪いことには汚れまで再浸透させています。毛穴の中は界面活性剤の残留物で汚れている状態です。界面活性剤の残留物はゆっくり排泄されますが、シャンプーやリンスなどを毎日使うことで、残留が多くなるケースが多いです。そうした残留物が毛を育てる組織を弱ら...

スポンサードリンク