育毛剤は症状や進行度、体質により使い方は違う

スポンサードリンク

育毛の専門家

新しい育毛理論を深く理解し、
症状や体質を見分け育毛の適切なアドバイスをすることで、

 

薄毛や脱毛が回復するまで
育毛手当てのアドバイスを続ける育毛の専門家。

 

顔が見えないからこそ、安心と希望を与え、
相談者は「薄毛や脱毛を治す方法を求めている」ことを、
常に認識し育毛手当てをアドバイスすることを理念として活動しています。

 

毎日洗っている人が多いのに、毛穴に皮脂が詰まったりすることはありません。

 

皮脂はある圧力で分泌されており、
皮膚は排出器官なので特殊なケースを除いては毛穴が詰まるということはないのです。

 

毛穴が詰まることなどなく、
皮脂を取ってきれいにすれば毛が回復するということはありません。

 

また、それが薄毛の原因になることもありません。
皮脂に関してはほとんどは机上の理論または全くのウソです。

 

こうした都合のいい理論や理論の一部を寄せ集めたり、
アレンジして、悩んでいる人を脅したり、恐怖感を抱かせて、
商品を売ったり契約させるために考え出された理論は多いのです。

 

そうした理論の是非を確かめもしないで、便乗商品が生まれています。
だから、皮脂とか毛穴と説明している商品は疑うようにしています。

 

頭皮用・育毛用シャンプーは、当方のグループが提唱し開発したものです。

 

その効果が優れているため、便乗してたくさんの商品が
「頭皮用」とか「スカルプ、またはスキャルプ」用のシャンプーが生まれました。

 

毛が生えてくることを促し薄毛を回避する・育毛に役に立つ基礎知識

薄毛対策として、「薄毛が発生する抜け毛を少なくする」ことを願った手法と「髪の毛を増加させて薄毛をなくす」ことを考慮した手法に分かれます。

 

2つ目の手法の代表格とされる 育毛はどういった方法で行なわれるのか?

 

身体的な働きを取り入れる育毛

あらゆる生き物の身体は細胞から構成されています。

 

細胞は化学反応を起こすことにより数値を増大させて身体を形成していくのです。

 

それから細胞分裂は身体が仕上がったあとも営まれ維持し、一定のサイクルで古い細胞は新しい細胞に取って替えられていくのです。

 

髪の毛や体毛が生えてくるのは、古い細胞を体外に押し出すやり方で新しい細胞が毛根でずっと作くられていく性質があるせいです。

 

育毛は、こういった細胞の新生を活用して毛が生えてくることを働きかける手法になります。

 

育毛の最初の一歩

身体的なメカニズムを活用して髪を発育させる育毛は、毛根を活性化させるのを一番の目的です。

 

毛根を活性化させるのには、細胞分裂に要求される栄養成分と細胞の活動に作用する酸素を送り込む血の巡りの促進が絶対必要です。

 

多岐に亘る育毛法は頭皮の血の巡りをレベルアップし毛根をより働かせるということを基本になっているのです。

 

さらには、抜毛を活発化させる男性ホルモンのコントロールをおこなう薬を活用する手法も、期待度がアップしております。

 

育毛と増毛の違うところ

薄毛に困っていない人々の大半は、薄毛対策にお構いなしと言えます。

 

それもあって、リアルに自分自身が薄毛で苦しんでいると育毛と増毛の違うところが理解できなくて、歳月や現金を浪費してしまうことだって珍しくありません。

 

育毛は、「肉体の一般的な働きを活用して頭髪を毛根から育て上げる」やり方で、「頭髪を外側より薄いゾーンにカバーして増加する」増毛とは別の類。

 

頭皮回復
育毛剤に「頭皮回復効能」は存在しない

大半の育毛剤はローションタイプだから「老化現象や頭皮のトラブル」を回復する効能はほとんど見られません。

 

健やかな頭皮の薄毛には効果が期待できても「薄毛の83%以上は頭皮に異常が見られる」ことから、そういったものを治さないと「育毛剤が効かない」というわけです。

 

だからこそ育毛の基本として「頭皮の回復」してから開始し、頭皮回復のやり始めの頃は「シャンプーで老け込んだ防御膜の回復」よりと段階的なケアを欠かすことが出来ません。

 

頭皮マッサージの効果のほど

育毛剤を付けて頭皮をマッサージしているけれど「一体どういったやり方が成果が出るのか知識がない」といった問い合わせを繰り返し受け取ります。

 

さらに「嫌なのでマッサージはやっていない」だったり「チョコチョコとしちゃう程度」などなど、マッサージの重要さを認識していない人も少なくないわけですが、頭皮マッサージは育毛にだって美髪にだってアンチエイジングにまで必要なケアということです。

 

始めのころはシャンプーを変更した方が良いでしょう

 

シャンプーで頭皮や毛穴が退化

日常的にシャンプーするために頭皮の防御パワーは悪くなって、毛穴の内側までもシャンプーの成分が染み渡って毛根にダメージをもたらしているのです。(薄毛が起こる原因に)

 

とくに髪をキープするコンディショニングタイプのシャンプーは残留性が高レベルなせいで、薄毛が不安な方は、頭皮の育毛環境をよい状態にしてから、髪のダメージを防ぐ「育毛用のスカルプシャンプー」に変更することを推奨しております。

 

シャンプーを育毛用に取り替えるのみで薄毛が快方に向かったケースは数えきれないほどあり、これによりも「シャンプーが薄毛がもたらされる原因」であるのが裏付けされるでしょう。

 

薄毛のことを考えて商品化された育毛用のシャンプー

こういったサインが発生しているならば「育毛に特化したシャンプー」を

 

確認できるレベルの薄毛では今となっては進行度3の薄毛になっていて、改善を希望するなら幾数時間とエネルギー、そしてお金が求められます。

 

薄毛はいきなり加速するのとは違って、微妙なサインをチェックして予防の段階で対策を実施すると「育毛に特化したシャンプー」だけだとしても改善されるケースがとてもたくさん報告されています。

 

髪が痩せ細った、ボリュームがでない、傷み易く変化した、皮脂が多く変わりつつある、炎症が見られる、かゆみを持つ、ウェーブがでてきました、ツヤやコシが見られなくなった、髪の色がビミョーに変化してきた、抜毛がかなりの量がある、短い毛が抜けてなくなる

 

毛穴は目詰まりしていませんし、皮脂を除去しても毛は元に戻らない

ディスプレイで拡大した映像で毛穴が皮脂で目詰まり、その状況を取らないとハゲてしまうというような誘導コマーシャルが流され、数多くの人がこういった類のシャンプーを利用して、疑いなくシャンプーでエスカレート続けていることが数多く確認される。

 

常日頃からシャンプーしているというのに「どういう訳で毛穴が目詰まりを起こすの?」
皮脂はサラサラ状の液状の油脂ですので、ほんとに固まって毛穴に目詰まりを起こすはずがありません。

 

まさにそれが実際にそうなら一昔前までは2〜3日に1回でなければシャンプーしていなかった世の中は今まで以上に薄毛の人口は大多数だったにちがいない。

 

しかしながらその正反対で女性の薄毛はきわめて少数だったわけです。

 

皮脂が薄毛が発生する原因とすると、上っ面の皮脂を取るのみで毛穴の内部の皮脂は取ることができないことで、シャンプーしても効果はない状態になって、疑いなくシャンプーを強引に買わせることを目的とした流されている都市伝説(俗説)というわけです。

 

シャンプーで起こる薄毛が目立つようになっているということがコワイ。

 

商品は使用方法によって効果は大きく変化する

間違いのない商品選びと適正な使用の仕方
シャンプー

皮脂を取るシャンプーを利用する人が数多くなってしまって、女性の薄毛人口は増加してきてしまったようです。

 

皮脂は頭皮を保護していて、そういった防御力が悪くなるためシャンプーが皮下や毛穴の内部に染み渡っていき、毛穴の角化での広汎性脱毛の増大、毛根や髪が痩せ細っていくし、髪の毛の寿命も短縮されていくのです。

 

現在使用しているシャンプーは「ホントにあなたにとって適してるのでしょうか?」

 

育毛は、最初のうち「シャンプー選び」と「進み具合に適する使用方法」を自分のものとする所から開始する。

 

トリートメント

常日頃のシャンプーで髪をガードしている成分が取り去られ「損傷毛」となっていくのです。

 

シャンプーする度に髪の中側へ染み渡って「変性した髪」に変わっていくのです。

 

この髪にトリートメントしたところでうわべをクリアーに演出するのみで、髪質がいい方向に向かわないだけではなく「髪質はエスカレート」するのです。

 

色やツヤが見られないウェーブのかかった髪となる。

 

さらには頭皮に付けば薄毛の元になってしまう可能性があります。

 

育毛剤

薄毛の83%を越して「頭皮の異常」があって、炎症やうっ血、のぼせ状態、虚血、血管の異常などが挙げられます。

 

この段階で育毛剤を利用しても改善比率は極めて薄っぺらに、深刻化の可能性が高いです。

 

あなた自身の頭皮のコンディションを考えないで「育毛剤は効かない」といった声をよく聞くのです。

 

まず第一に「育毛剤の効き目が出る頭皮に変えてから」使用してもらい、頭皮にふさわしい使用方法をキッチリとアドバイスしております。

 

頭皮マッサージ

育毛剤を塗り付けたとしても持続効果は約90分くらいです。

 

ですから頭皮マッサージは必要になりますが、マッサージのやり方や力加減とかが難しく、ゴシゴシするとなると毛細血管を損傷させてしまうのです。

 

頭皮マッサージのやり方を自分のものにしなければ、育毛剤の有効性に大きくマイナス要因となってしまう。

 

頭皮料

聞き慣れない商品ですが「頭皮の育毛環境を調整して保護をする」プレ育毛手当のことを考えて使用します。

 

防御力が弱くなった頭皮や萎縮傾向が見られる毛穴の回復考えた「絶対必要なアイテム」というわけです。

 

育毛剤はローションですので頭皮を防御したり正常に戻す効き目がほとんどないからこそ、育毛の手順としてまず第一に頭皮料で衰え若々しさがなくなった頭皮を回復してから育毛剤を利用することを考えています。

 

カウンセリング

育毛で成果を得ることを願うなら確実に重要。

 

薄毛が発生する原因は少なくても6つ以上が積み重なって進行していきますので、ここのところを回復させるにはカウンセリングをしています。

 

カウンセリングで判断して原因のとりまとめや進行度(毛穴の中はさらに悪化している)などから効果的な手当法を組み立て、ふさわしい手当に欠かすことのできない商品を選び、効果的な使用方法をアドバイスしなければ成功確率は下がるといえます。

育毛百科相互リンクサイト

相互リンクでSEO!
同類ジャンルのサイトを探しやすいカテゴリ別リンク集でテキストマッチ重視のSEO対策リンク集
アクセスアップにX-TOOLS!
ウェブサイトオーナー&ブロガーのための全方位型ディレクトリサービス ホームページの宣伝に アクセスアップのお手伝いに 登録無料

 

育毛悩み無料相談

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク