抜け毛が悪化し、薄毛が顕著になります

スポンサードリンク

今日から男性型脱毛症=AGAの進行を停止させるために

男性型脱毛症の第1の因子は男性ホルモン。

 

それを和らげる成分が育毛剤に使われることが多い。

 

しかし、実践してみるとそれらの成分の効果には限界があります。

 

だから、育毛剤の効果に頼る育毛法よりも、不利消去育毛法を心がけることです。

 

自分の薄毛の原因を突き止めて、いくつ改善できるかが育毛の成功につながります。

 

育毛を「育毛剤をつけて治す」「シャンプーをして育毛剤をつける」、単純に考えないでください。

 

男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症は、皮脂の分泌が多いですが、シャンプーなどで強引に除去することをしてはいけません。

 

皮脂を取る手当ては、頭皮や毛の組織の老化を早めます。皮脂が多いから薄毛になることはありません。

 

皮脂にも、髪に潤いを与え、育毛成分も含まれています。

男性型脱毛症のこれをしてはいけません

不利消去とこれ以上不利にならない手当て法

  • 毛穴が詰まっています。(詰まることなんてない)
  • 皮脂が多い。(男性と女性の皮脂が多い原因が違う)
  • 脂漏タイプ。皮脂が多いから薄毛になるのではない。
  • だから皮脂を除去しても薄毛の改善にはならない。
  • 薄毛なのにリンスやトリートメントを使う。
  • 薄毛脱毛にリンスやトリートメントを使わせる育毛法は疑問。
  • 進行しているのに、いきなり育毛剤を使う。
  • 最初から育毛剤で毛を生やしたり増やすことはムリ。
  • カラーやパーマは気をつけて。
  • カラーやパーマから始まる薄毛が急増。

男性型脱毛症=AGAの進行を停止させる

育毛剤の効果に頼りすぎる、育毛剤はそれほど効かないと考えて、
手当て法で薄毛を改善することが基本です。

 

手当て法と症状に適した使い方を組み立ててください。

 

男性型脱毛症は、予防、いち早く、本格的に、手当てすること。

 

男性型脱毛症はいったん発症すると、それを止めるのに長い時間と労力が必要です。

男性型脱毛症=AGAのひたいの後退について

ひたいの後退

 

男性型脱毛症のひたいの生え際は、いったん後退するとなかなか元にもどすのは難しいです。

 

こうなる前に毛の伸び」が遅くなるので、その兆候を早くみつけて早めの手当てをしてください。

 

写真のように片方だけが早く後退したり、手当てをしても片方だけ改善が遅れることあるので、あきらめないで手当てを続けてください。

 

28才 男性

びまん性の薄毛脱毛は症状が混在しているケースが多く、
ひたいは比較的細い血管から栄養を補給されているので、頭皮マッサージがかぎを握ります。

 

男性型脱毛症の生え際改善前 男性型脱毛症の生え際改善後

女性にもひたいの生え際の後退が急増しています

ひたいの後退部位の手当ては、頭頂部よりも3倍の時間が必要です。

 

手当て法や使い方も特別の措置が必要なのです。

 

ふだんは鏡で何気なく見ているヘアスタイルや頭皮も、よく観察することで、男性型脱毛症の兆候をはやめに知ることができます。

 

AGA(エージーエー)は進行性です。

 

行動を起こさずに何もせず放っとくと髪の毛の数は減り継続し、ジワリジワリと薄くなっていくでしょう。

 

そういう理由でAGA(エージーエー)は早い時期のケアが必要不可欠です。

 

AGA(エージーエー)の脱毛部においてはDHT(ジヒドロテストステロン)が高い濃度に見られ、残念なことにヘアサイクルの成長期を短くしてしまう原因物質となると考えられます。

 

成長期がごく短時間になり、髪の毛が長く太く階段を上がるより前に抜け落ちます。

 

しっかりと発育しない、細く短い毛髪が増えすぎると全体的に薄毛が激しくなります。

 

DHTは5α-還元酵素といった酵素に影響されてテストステロンから作られます。

 

AGA(エージーエー)は抜け毛・薄毛がジワリジワリと進行していくのです。

 

さらには、額の生え際や頭頂部の髪が、いずれか一方、あるいは両方より薄くなります。

 

毛包がしっかりと発育しないため、髪の毛が太く長く発育しない過程で抜け落ちます。

 

とは言っても、AGA(エージーエー)それでは基本的に、薄毛になっていたとしても、うぶ毛はあります。

 

毛包が存在するのなら、髪の毛は太く長く育つことも考えられます。

 

何があってもあきらめる必要はないのです。

 

男性ホルモンの変性と毛母細胞に対する侵入が一番のファクターのAGA。

 

女性とはそれほどリンクしていないみたいに感じられますが、女性だってAGAは発生します。

 

というのならば、どうして女性のAGA(FAGA)は発生してくるのだろうか。

 

女性の身体の中にも男性ホルモンは存在します。

 

男性ホルモンとなるテストステロンやジヒドロテストステロンが身体の中で合成され髪の毛に悪影響を及ぼすメカニズムは、男性と同じようなものです。

 

それじゃあ、何の目的で男性のAGAと症状に違いがあるのでしょうか。そのキーポイントを支配するものは女性ホルモンです。

 

女性ホルモンが髪を発育させる

男性ホルモンのテストステロンが脱毛に影響するのとは反対に、女性ホルモンとなるエストロゲンだと髪の毛を発育させる役割があります。

 

女性ホルモンの分泌が活動的な若々しい女性は血液の中のテストステロンの濃度が男性陣の20分の1と限られるので、毛髪への影響力も限られるのです。

 

さらにエストロゲンの作用で髪が生えかわるサイクルが長い期間になりますから、薄毛や抜け毛が生じたとしても、それらの進行はとても緩やかで、ほとんどのケース不安になりません。

 

女性ホルモンの分泌が活発に実施されているのなら話は違いますが、女性ホルモンは年をとるにつれてスピードダウンしてしまうのです。

 

早いケースではは35歳になるかならないかから女性ホルモンの分泌量が減ってきます。

 

そういうことから、男性ホルモンの影響によってAGAが発症するプロセスがスタートしやすいようになっていくのです。

 

加齢現象だけに限らず女性ホルモンを減らす原因については、ストレスや過剰なダイエット、ライフスタイルの異常などが考えられます。

 

男性に関しては頭頂部と髪の生え際(前頭部)など局所的に薄れてゆくことが際立ちますが、女性に関しては髪の毛が細く弱り全体を通して薄くなります。

 

しかもAGAは進行性ですので放置したままにしておくと毛髪が減り続けていくわけですが、女性の薄毛だとそういった事実はほとんどありません。

 

このことは、女性ホルモンは減らすけれども定められた量は生成されるお陰です。

 

女性ホルモンがスピードダウンしてホルモンバランスがアンバランスになって現れてくる症状には、ホルモンバランスを調整することが重要です。

 

大豆製品(イソフラボン)といった女性ホルモンをアップする食べ物を摂りいれる、ストレスを少なくするなどというライフスタイルの立て直しを意識した方が良いでしょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク