簡単なシャンプーで毛穴の皮脂や汚れは取れない。

スポンサードリンク

洗髪は毛穴をマッサージしながら洗う

頭皮を清潔にすること

毛穴に皮脂やシャンプー剤のカスが邪魔をして、
育毛剤の成分が毛根に届かず効果が激減します。

 

リンスが固まって容器の口に詰まることが、
毛穴にも同じことが起こります。

 

頭皮をしっかりもむように洗い、
毛穴の中の老廃物をもみだすようなつもりで洗います。

 

簡単なシャンプーぐらいでは毛穴の皮脂や汚れは取れません。
似た現象に歯垢があります。

 

食べカスは唾液と混ざり粘液状になり
歯と歯茎の間にこびりつくと、
歯垢は歯石となり細菌が繁殖します。

 

虫歯、歯周病の原因になります。
頭皮でも同じことが起きます。

 

粗悪なシャンプー、リンス、整髪料のカス、
皮脂、皮脂に付いたホコリや細菌。

 

これらが毛穴付近で固まり毛穴をおおいます。
これが薄毛や抜け毛の原因となります。

 

育毛剤の成分が毛根に届かない原因でもあります。
シャンプー1回ではなかなか毛穴の汚れは取れません。

 

頭皮のリハビリと整えるには、
スカルプケア頭皮ローション
ルナレストルセリピッド=頭皮料を使ってください。

 

育毛シャンプーは基本は2回洗い。
あまり時間をかけすぎないように。

 

すすぎは丹念に洗い流しシャワーは、
髪の根元から毛穴に流れるようにすること。

 

すすぎ過ぎるくらいの気持ちです。
育毛剤を活かす育毛専用のルナレストル育毛シャンプー
毛を無くさないシャンプーとして開発しました。

男性型脱毛症の改善に目的

市販シャンプーは
髪のコンディショニング、育毛とは別です。

 

育毛シャンプーと市販シャンプーは
配合成分と育毛用と目的が根本から別です。

 

皮脂を取る洗いすぎは薄毛や抜け毛は進みます

よく洗うことで皮脂は取り去られます。

 

薄毛や抜け毛には良いと考えるが、
防御作用で皮脂が足りない信号がでます。

 

皮脂過剰分泌になり
薄毛や抜け毛が進行する原因になります。

 

皮脂の少ない、女性の薄毛や抜け毛は、
よく洗うことで育毛に必要な成分まで取られます

 

頭皮が弱り薄毛や抜け毛の進行を早めています。

 

女性の多くの薄毛や抜け毛は、
毎日洗っている人ほど薄毛になる可能性が高くなっています。

 

男性型脱毛症と男性ホルモンの関係は、
男性ホルモンと皮脂分泌の関係です。

 

皮脂そのものが悪いのではなく、
薄毛や抜け毛や脱毛症の直接的な原因ではありません

 

薄毛や抜け毛や脱毛症は皮脂の分泌が多く、
頭皮がギラギラ、ベタベタでは薄毛や脱毛症は進行します。

シャンプーや頭皮クレンジングでよく洗う

心配な人は、毎日過剰に洗う人が多く、
そこに落とし穴があることに気づいていません。

 

男性型脱毛症は、シャンプーして育毛剤をつけるといった
簡単な育毛手当で回復しないため困っています。

 

男性型脱毛症は老化型で頭皮や毛の老化が激しいのが特徴です。
育毛剤の成分的効果だけでは進行に、大勢の方は負けています。

 

体質や症状に適した育毛法と効果のでる
育毛剤の使い方をアドバイスしています。

シャンプーに含まれる生薬に注意

シャンプーにはいろいろな生薬が入れられています。
よい物もあれば悪い物も。

 

生薬でさえあればすべてよいのではなく、
頭髪や頭皮にどのように作用するかを考えなければなりません。

 

はやりの健康食品や自然物質ブームに乗ってヒットしています。

 

髪や頭皮に対して、
マイナス効果のほうが強く働き、プラス効果は期待できません。

 

レモン

レモンを常食すると、セキを止め、からだをやせさせ、消化をよくします。
顔に塗ると、ソバカスが消え産毛が抜けます。

 

産毛を抜く作用が頭髪にも働きます。

 

頭髪は顔の産毛に比べ太いので、産毛ほどには抜けが、脱毛傾向は免れず
頭髪が多すぎてお困りの方以外は、あまりレモンを洗髪に使わないように。

 

スギナ

スギナを煎じて常飲すると、汗が出てからだの熱を下げ、
体温を調節し、風邪を予防します。

 

顔に塗ると、顔のむくみが取れます。

 

スギナは水分を発散させる作用があり、
顔の皮下水分が発散されるからです。

 

頭髪の水分は顔の水分ほど発散しやすくありませんが、
それでもスギナの働きで脱水傾向は免れず、
頭髪の色つやがよすぎる人以外はあまり髪に使わないほうが無難。

 

アロエ

アロエは殺菌力が強く、消炎によって熱を下げます。
アロエを飲むと肝臓が守られ、視力が強まり、
イライラに対して鎮静作用があります。

 

顔に塗ると、吹き出物を取り除くことができ、
湿疹のような皮膚症状がだんだんと消えていきます。

 

皮膚への浄化作用が頭皮にも働き、頭部の皮膚は
顔の皮膚以上に皮膚病の抵抗力が弱いので、
アロエの効果がもっと確実に働きます。

 

アロエは漢方でいう寒寫性が非常に強く、
頭髪の生気を奪うので、ビタミンEを配合しなければいけません。

 

ニンニク

ニンニクは肉を溶かし、
殺菌作用がとても強いとされています。

 

塗り薬として使うと、皮膚に対する刺激もかなり強く、
一過性の皮膚症状を治すなら仕方がないとして、
頭皮にニンニクの煎汁で刺激を与えて良いわけがありません。

 

ニンニクにも副作用があり、
気が消散するとされる、血が消耗すること。

 

いずれも頭皮が枯れたり、
色つやを失ったり、抜け毛の原因になります。

 

● 頭皮に悪い作用を与える物もあり、十分に気をつけなければなりません。

 

レモンは抜け毛を助長、スギナは髪が枯れる、アロエも髪が枯れる、
ニンニクは頭髪を傷つけるというようになります。

こころのゆとりを持つことは髪にとつても大切

もう一つ大切なことは、
こころのゆとりを持つことです。

 

ストレスが頭髪に悪い影響を及ぼすことは、
今日では常識になっています。

 

毎日イライラしていたら、
からだ全体の調子が悪くなり、頭髪にも良くありません。

 

ストレスで髪が抜けたり、円形脱毛症になったりします。

 

くよくよしても、カッカしても、イライラしてもなんの意味もありません。

 

気持ちが落ち着いてこころにゆとりが出て、
ストレスのために髪が枯れることもなければ、
髪が抜けることも少なくなります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

スポンサードリンク