人生の三大不幸というのは、病・煩悶・貧乏 三つから手を切ることで、幸福な人生が誕生する。

スポンサードリンク

肉体が生きているのは、三つの条件

新陳代謝作用で息をすること、栄養を吸収すること、
老廃物を排泄することの三つの条件とは
肉や魚を食べたら、野菜もほぼ同じ量だけ摂るべきなのです。

 

だからといって、腹一杯食べるのもいただけません。
「なんでも食べよ、
腹八分目」ということで、医学的に証明されています。

 

タンパク質の摂り過ぎ

不足よりも、もっと悪い結果を招きます。
タンパクは、消化に時間と手間がかかります。

 

一度に多量に摂ると停滞し、
腸の中に長く停滞すると、分解(腐敗)が起こります。
体に害のあるものになります。

 

体に良いタンパク質は、
穀物などの植物性タンパク質です。
繊維やビタミンが含まれていて、腸の働きをうながし、
有毒物が停滞もしないのです。

 

「肥満は生活習慣病の問屋」と言われています。

 

軽い運動は、心臓によいばかりでなく、
ホルモンの分泌にもプラスになります。
薄毛や抜けがが進行している頭皮は、
80%以上は何らかの異常が見られます。

老化した腸の中

悪玉菌は、どんどん食べ物を腐敗させて腐らせていきます。

 

その腐った食べ物から発生した毒素は、
栄養吸収と同じルートで、
血液の中に入り、全身に駆け巡っていきます。

 

毒素は、直接赤血球を攻撃し、
カチカチにかためてしまったり、
ベトベト・イガイガにしてしまいます。

 

こうした赤血球は、
新鮮な酸素や栄養を隅々まで運ぶことはできません。
健康な赤血球は、
マシュマロのようにとても軟らかいのが特徴です。

 

血液もスムーズで自由に形を変えて、
体の隅々まで流れることができます。
しかし、腸内毒素の攻撃でカチカチになった
赤血球は血管の中で滞り、血流を悪くします。

毛細血管

毛細血管では詰まってだんだん
上流の方に悪影響が及びます。
毛細血管自体が死んでしまいます。

 

原因は毛細血管が赤血球よりも細いことです。

 

赤血球が本来の軟らかさを維持していれば、
形を変えて毛細血管を流れていきますが、
硬くなった赤血球は入口で詰まって、
血液が流れていかなくなり、毛細血管は死滅していきます。

 

毛細血管が皮下組織で死ぬと、
その部分では、脂肪が燃焼されず、
脂肪が溜まり放題に、これが肩の筋肉で起これば肩こりに、
肌の側で起これば肌荒れに、
体のあっちこっちでさまざまな悪影響を及ぼします。

 

一般的には、食物繊維とオリゴ糖が
腸の老化を防ぐ栄養素と知られています。
腸の老化を防ぐために、
効果を高める栄養素がビタミンUの摂取が効果的です。

 

ビタミンUは、悪玉菌の繁殖を防止・腸の粘膜を修復し、
腸をきれいな状態に保つ働きがあります。
ビタミンUは、キャベツから発見された成分で、
レタス・セロリ・青のりが豊富な食材です。

 

ビタミンUは、熱に弱いので、ジュースにして、
オリゴ糖、ヨーグルトを混ぜて飲むと、
腸内老化を防ぐことができます。

サイトカインにはいろいろな種類があります

それぞれは細胞間での情報伝達、
炎症を増悪させるとか、反対に抑制させる作用、
抗腫瘍作用、ウイルスを撃退する作用などを持っています。

 

免疫反応において
細胞相互作用をつかさどる液性因子の総称です。

 

インターフェロンは組織細胞ウイルスに感染すると、
T細胞や感染した組織に対する
抵抗性を増強したり、感染した組織細胞に対する
リンパ球の感受性を増強したりします。

 

インターロイキシンは主としてT細胞から遊離され、
他のリンパ球に働きかけて、
分裂や分化を引き起こします。

 

T細胞

B細胞と同様に、特定の抗原を認識して働きます。
T細胞はいくつかの異なったタイプに分類されます。

頭皮に異常やおとろえがある

いきなり育毛剤を塗布しても効果が低いか、
逆に頭皮の異常やおとろえが促進します。
毛の成長に悪影響を及ぼすことが多いのです。

 

ミノキシジル=医薬品の育毛剤を使っても
「うぶ毛しか生えない」のは、頭皮に異常があるためです。
育毛剤はローションタイプで、
頭皮を保護・補修する作用がほとんどないためです。

 

頭皮と育毛

育毛は「毛を育てる」ことばかりでなく
「頭皮を育てる」ことのほうが大切です。

 

血管を拡張しても、
血が粘っていたり新鮮な血が循環しにくい状態では、
少ししか効果は得られません。

 

毛に栄養をやったり、
血管を拡張することだけを考えている育毛法は、
局所的な効果や一時的な効果しか得られません。

 

頭皮に異常があるのに、
作用に強い育毛剤を使うと、頭皮がかぶれたりして
逆効果になることが多いです。

 

育毛剤の苦情

  • 頭皮がかぶれる。
  • かゆみがでる。
  • うぶ毛しか生えない。
  • 硬毛に育たない。
  • 最初は効くが、効き目が持続しない。

 

育毛剤も特化した物を使い、
頭皮を回復させてから、正しい使い方をしないと
「手当をしているのに、薄毛が進行する」ということになります。

育毛百科相互リンクサイト

ヘアケアしようよ!いいヘアケア.com
ヘアケアに関する情報、ヘアケアトリートメント、椿油、シャンプー、育毛、きれいで健康な頭皮をプロデュース!

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

病・煩悶・貧乏関連ページ

ストレス解消法
歌を大きい声で歌う。お風呂場で大きな声を出して歌えばそれだけでストレス解消してハッピーな気分になることができて、イヤなことだって忘れられます。カラオケを選ぶ「ヒトカラ」楽な気持ちで声高に歌えます。
長寿の秘訣食事
食い過ぎればデブになってくる、塩分を摂りすぎると血圧が高まる、酒を飲み過ぎると肝臓が悪化します。食の乱れが病気を引き起こす確率が高い、病気を防ぐには、ある食物の中には栄養素が、どうやってに働き、体にどういう効果を出しているかを意識し食事を摂ることが必要です。
動物性脂肪 コレステロール
コレステロールの異常ケースでもっとも決定的な意味があるというのは、LDL(悪玉)コレステロールの増加とHDL(善玉)コレステロールの低下なんです。何としてでも摂取したほうがよい食品は、野菜、海藻、大豆・豆腐、きのこ類です。
牛乳に含まれる動物性脂肪
頭に入れておいてほしいことは動物性脂肪、植物性脂肪をバランスを考えて摂ることが大切。どっちかを取り過ぎたり、また足りなければ健康を乱すリスクが挙げられます。
食生活指針10ヵ条
私どもの周囲には、バラエティに富んだ「食」が溢れている。お手軽なお菓子や加工食品、輸入食品などなど、物が豊富にある、合理的になる反面、栄養の偏りや生活習慣病のリスクも伝えられています。
がんを防ぐための12ヵ条
食い過ぎや脂肪の摂り過ぎを回避し、栄養バランスが良い食事を心がけ、喫煙し続けている人は禁煙やることや、野菜や果物を適度に摂り、健康的な身体づくりを習慣にして継続する内容が推奨されています。
高血圧の原因と対処法
現実は塩分が血圧を上げる原因が起きない人がいるから、こういった人が塩分を少なくする食事をされても残念ですが血圧は下がることがないわけですが、心臓、腎臓、血管などを傷害するのです。「運動療法」と「食事療法」を専門家である元で実践するといいでしょう。
毛髪の主成分はケラチン
アミノ酸の組成は食事内容に大きく影響を受けます。髪の原料である種類のアミノ酸が不十分になると、本来のアミノ酸組成とは異なる毛髪が発生するケースがあります。髪の健康、体のためにも、バランスの良い食事内容を意識した方が良いでしょう。
腎臓機能低下の原因
腎臓は、いつだって多くの血液が流れ込んでいますから、血液や血管状態にすぐに影響される臓器なんです。血管や血の巡りに障害をきたす疾病になったら、腎臓の機能が悪化して、腎臓病を発生しやすくなるのです。
ダイエットで食事制限
食事制限だけというダイエットというのは間違いなくすごくリスクがあります。その重大な要因は、急場しのぎで痩せたにしても脂肪がつきやすい体質となるリスクが高いためです。
自律神経が乱れる原因
ストレスは交感神経を優勢にし適当なストレスならば良いと思いますが、ストレスが溜まる生活が元凶となって自律神経のバランスが狂う。交感神経のみが働いていくので、体を治す「副交感神経」が確実に働けなくなり回復が追いつかず、数多くの不調がおこります。
毛髪とホルモンバランス
ホルモンは体のあらゆる所に影響を与えることから、ホルモンバランスを崩すと当然髪の毛も別物ではありません。ホルモンに関しては「ぼんやりと体の形成に関係する」という点以外、大半は広まっていない。健康的な髪の毛を成長させる上でもホルモンの知識をアップすることは大事と考えます。