栄養の偏りのない食事をすること。

スポンサードリンク

食事を楽しむ

1.食事を楽しみましょう

食事は楽しく、おいしく食べることが心身の健康にとって大切です。
食を共にすることが、人と人のむすびつきに重要な役割を果たしています。

 

2.1日の食事のリズムから、健やかな生活リズム

朝食をとり、1日を始め、間食や夜食は取り過ぎない。

 

3.主食、主菜、副菜を基本に、栄養のバランスを

料理の組み合わせを考えることは、多様な食品をとることにつながります。
偏りに注意し、バランスのとれた食事をする。

 

4.ごはんなどの穀類をしっかりと

日本人の食事の大きな特徴は、主食があるからです。
米などの穀類には、食物繊維が含まれています。

 

戦後の日本人の栄養素摂取の推移は、
米離れといわれ、炭水化物が減少して、脂肪、とくに肉など
動物性脂肪が増えてきて、
糖尿病や肥満といった生活習慣病増加の一因となっています。

 

5.野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚なども組み合わせて

主菜には魚、豆類、大豆製品をすすめています。
ごはんだけでは不足するアミノ酸が、大豆製品で補われるのです。

 

ごはんにみそ汁、ごはんに納豆の組み合わせで、
肉類はできるだけ赤身に心がけましょう。

 

血液中で固まりやすいのは、脂です。

 

野菜、果物はビタミンC、ビタミンE、
ベータカロチンなどのビタミン類やフラボノイドといった
抗酸化物質を含んでいます。

 

カリウムや食物繊維なども多く、
野菜、果物は脳卒中や心疾患のリスクを
減少させることがわかっています。

 

6.食塩や脂肪は控えめに

和食は健康食として注目されていますが、
難点は低タンパクと塩分が多いこと。
そのため、昔の日本人は
高血圧、脳出血が多かったのです。

 

食塩も摂取量は、一人1日平均約12gで、
半分はしょうゆ、味噌、調味料から摂っています。

 

目標は10グラム以下です。
うす味にして、漬物、みそ汁に注意しましょう。

 

脂肪を減らすのは、
穀類を増やし和食の食材を中心にすること。
カツオだしの利用により脂肪を減らす工夫をするこです。

 

7.適正体重を知り、日々の活動にあった食事量を

ヒトは永い間食糧のすくない時代を生き抜いてきました。

 

食べたエネルギーをできるだけ脂肪として
体に蓄積することが、生き延びるのに有利であったと考えられ、
食糧の乏しいときには生存に有利に働いた
倹約遺伝子が、食糧が豊富になり運動不足になりがちな現代は、
逆に肥満や糖尿病を引き起こしてくるのです。

 

8.食文化や地域の産物を活かし、ときには新しい料理も

 

9.調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく

日本には世界中から、いろいろな食物が集まってきます。
日本食は、食の欧米化に歯止めをかけると同時に
食糧自給率を上げることになります。

 

10.自分の食生活を見直してみましょう

食生活を見直し、これからの食生活を考えることが大切です。
飽食の時代と言われ久しくなり、
何をどのように食べるのかは自己責任の時代です。

医食同源とは

医食同源という言葉があります。
病気を治すのも食事をするのも
生命を養い健康を保つためで、本質は同じという意味。

 

もう一つ考えなければいけないのが、
こころの健康です。

 

病は気からという言葉が、
こころと体が密接に関連しあっていることは、
古くから知られていました、
改めてこころの問題が大きくクローズアップされています。

育毛百科相互リンクサイト

自毛植毛とフィナステリドQ&A
男性型脱毛症に効果を発揮するフィナステリドと自毛植毛についてQ&A方式で解説

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

食生活指針10ヵ条関連ページ

ストレス解消法
歌を大きい声で歌う。お風呂場で大きな声を出して歌えばそれだけでストレス解消してハッピーな気分になることができて、イヤなことだって忘れられます。カラオケを選ぶ「ヒトカラ」楽な気持ちで声高に歌えます。
長寿の秘訣食事
食い過ぎればデブになってくる、塩分を摂りすぎると血圧が高まる、酒を飲み過ぎると肝臓が悪化します。食の乱れが病気を引き起こす確率が高い、病気を防ぐには、ある食物の中には栄養素が、どうやってに働き、体にどういう効果を出しているかを意識し食事を摂ることが必要です。
動物性脂肪 コレステロール
コレステロールの異常ケースでもっとも決定的な意味があるというのは、LDL(悪玉)コレステロールの増加とHDL(善玉)コレステロールの低下なんです。何としてでも摂取したほうがよい食品は、野菜、海藻、大豆・豆腐、きのこ類です。
牛乳に含まれる動物性脂肪
頭に入れておいてほしいことは動物性脂肪、植物性脂肪をバランスを考えて摂ることが大切。どっちかを取り過ぎたり、また足りなければ健康を乱すリスクが挙げられます。
病・煩悶・貧乏
人生の三大不幸ですが辛い事ばっかりですが、2〜3年に1度「生きてて心の底から嬉しかった。」と感じるその瞬間があるのです。そのような時のために、人間は日々を過ごしている。そう感じられる日がもたらされるように踏ん張ってみましょう。
がんを防ぐための12ヵ条
食い過ぎや脂肪の摂り過ぎを回避し、栄養バランスが良い食事を心がけ、喫煙し続けている人は禁煙やることや、野菜や果物を適度に摂り、健康的な身体づくりを習慣にして継続する内容が推奨されています。
高血圧の原因と対処法
現実は塩分が血圧を上げる原因が起きない人がいるから、こういった人が塩分を少なくする食事をされても残念ですが血圧は下がることがないわけですが、心臓、腎臓、血管などを傷害するのです。「運動療法」と「食事療法」を専門家である元で実践するといいでしょう。
毛髪の主成分はケラチン
アミノ酸の組成は食事内容に大きく影響を受けます。髪の原料である種類のアミノ酸が不十分になると、本来のアミノ酸組成とは異なる毛髪が発生するケースがあります。髪の健康、体のためにも、バランスの良い食事内容を意識した方が良いでしょう。
腎臓機能低下の原因
腎臓は、いつだって多くの血液が流れ込んでいますから、血液や血管状態にすぐに影響される臓器なんです。血管や血の巡りに障害をきたす疾病になったら、腎臓の機能が悪化して、腎臓病を発生しやすくなるのです。
ダイエットで食事制限
食事制限だけというダイエットというのは間違いなくすごくリスクがあります。その重大な要因は、急場しのぎで痩せたにしても脂肪がつきやすい体質となるリスクが高いためです。
自律神経が乱れる原因
ストレスは交感神経を優勢にし適当なストレスならば良いと思いますが、ストレスが溜まる生活が元凶となって自律神経のバランスが狂う。交感神経のみが働いていくので、体を治す「副交感神経」が確実に働けなくなり回復が追いつかず、数多くの不調がおこります。
毛髪とホルモンバランス
ホルモンは体のあらゆる所に影響を与えることから、ホルモンバランスを崩すと当然髪の毛も別物ではありません。ホルモンに関しては「ぼんやりと体の形成に関係する」という点以外、大半は広まっていない。健康的な髪の毛を成長させる上でもホルモンの知識をアップすることは大事と考えます。