髪は血余とは、腎に関した言葉、腎の働きの状態は髪の毛に現れる。

スポンサードリンク

無駄な育毛手当てとは

大切な時間・労力・お金を費やすことはできない。

 

寄せ集め育毛とは、インターネットで「毛にいい」情報を集め、
お金を使い毛にいい商品を買い集めるお金を費やす自己流育毛。

 

一つひとつは効果があるが、それを寄せ集めても育毛法としては効果は低い。
例えば、ノコギリヤシ飲めば毛が生えるとか増えることはない。

 

ノコギリヤシは「腎臓機能」が低下して、ともない毛が抜ける人には有効。
五臓の腎には腎臓も含まれ、精を作るため重要視される。

 

腎の機能低下が腎虚と呼ばれる。
腎虚になれば精力衰退、老化などに繋がっていく。

腎で作られた精は骨髄で血を作り、全身に巡ります

水液を司り尿を作る

精神面では腎は恐れと関連するとされるが、
驚きやすさ、警戒心の強さ、疑り深さにつながっていく。

 

精力減退が起きればやる気のなさなども現れる。
若々しさの秘密は精にある。
精が強ければ老化も遅く、いつまでも若々しさを保てる。

 

若々しい人は腎臓機能(体内の水分調整)が低下している人はいません。
ノコギリヤシは、育毛だけの目的では円形脱毛症以外は使いません。

 

亜鉛にしても「これが不足したら」細胞や毛を作る機能に影響だ出るということ、
亜鉛を摂れば毛が生えるとか増えることはありません。

 

食事にしても栄養の偏りの無いようにします。
これを食べれば「毛が回復」「毛が生える・太くなる」といった食べ物はありません。

腎臓は汚れた血液のろ過装置

尿の原料となる血液は体の中でどのような働きをしているのか。

 

血液は体の中の細胞に、
その細胞が活動するときに必要な酸素と栄養分を
体の中に摂り入れる必要があります。

 

生きている間、常に酸素と栄養分を体は必要です。
血液が体の中を巡り、それらを届けます。

 

酸素は鼻や口から呼吸によって体に取り入られ、
肺を通って血液の中に入ります。
栄養分は食物を通し口から入り、
胃と腸で分解、腸の壁から血液の中に吸収されます。

 

血液は栄養分や酸素を届けるだけでなく、
体内のごみを集める大切な仕事をします。

 

細胞を活動するときに、
栄養分を燃やして燃えカス=毒素を出します。
毒素をそのままにすると血液は汚れます。

 

体に悪影響を及ぼします。

腎臓は血液が集めた毒素を血液の中から取り除く

尿を作って体外に出し、血液をきれいにします。
尿の主成分は、
水分の他尿素や尿酸などの老廃物です。

 

これらは細胞が活動するエネルギーを得るため
栄養分を燃やしてできた燃えカスで、
小さな分子になっています。

 

小さな網の目も通り抜けます。

 

反対に、赤血球、白血球、血小板などの
血球成分やたんぱく質は、尿素、尿酸などと
比べるととても大きな分子です。

体のバランスを保ちましょう

体には毎日の食べ物の変化や環境の変化に対して、
体の状態を一定にたもつためのシステムが組み込まれています。

 

尿を作って出すこともシステムの一つです。
腎臓は、毒素を除くだけではなく、
体の状態に合わせて、余分な塩素や水分も一緒に排出します。

 

血液の量や成分が一定になるように働きます。
血液が常に弱アルカリ性になるよう、
余分な酸性やアルカリ性の物質を取り除きます。

 

毎日、尿の色や匂いが変わるのはそのためです。

泌尿器とは

血液から尿を作り、排泄を行なう器官です。
泌尿器は、腎臓、尿管、膀胱、尿道の4つからなります。

 

腎臓は泌尿器の要で、血液から尿を作り、
尿管は腎臓から作った尿を膀胱まで運びます。

 

膀胱は尿管から運ばれた尿を一時貯めておく袋です。
膀胱に一定の尿が溜まると、尿意を感じます。

 

尿は尿道を通り、体外につながる尿道口から排出されます。

 

尿と便の違い

便は大便、尿は小便ともいいます。
尿も便も、体にとって必要がなくなった不要物。

 

それぞれ全く違う過程を経て作られる別物です。
便は口からとり入れた食べ物が、胃や腸などの消化器官を通る間に、
必要な栄養分が抜き取られてできた食物の残りカスです。

 

尿は、体の中を回る血液が、腎臓を通るときに、
余分な水分とごみが振り分けられ、いらない血液です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

腎臓機能低下の原因関連ページ

ストレス解消法
歌を大きい声で歌う。お風呂場で大きな声を出して歌えばそれだけでストレス解消してハッピーな気分になることができて、イヤなことだって忘れられます。カラオケを選ぶ「ヒトカラ」楽な気持ちで声高に歌えます。
長寿の秘訣食事
食い過ぎればデブになってくる、塩分を摂りすぎると血圧が高まる、酒を飲み過ぎると肝臓が悪化します。食の乱れが病気を引き起こす確率が高い、病気を防ぐには、ある食物の中には栄養素が、どうやってに働き、体にどういう効果を出しているかを意識し食事を摂ることが必要です。
動物性脂肪 コレステロール
コレステロールの異常ケースでもっとも決定的な意味があるというのは、LDL(悪玉)コレステロールの増加とHDL(善玉)コレステロールの低下なんです。何としてでも摂取したほうがよい食品は、野菜、海藻、大豆・豆腐、きのこ類です。
牛乳に含まれる動物性脂肪
頭に入れておいてほしいことは動物性脂肪、植物性脂肪をバランスを考えて摂ることが大切。どっちかを取り過ぎたり、また足りなければ健康を乱すリスクが挙げられます。
病・煩悶・貧乏
人生の三大不幸ですが辛い事ばっかりですが、2〜3年に1度「生きてて心の底から嬉しかった。」と感じるその瞬間があるのです。そのような時のために、人間は日々を過ごしている。そう感じられる日がもたらされるように踏ん張ってみましょう。
食生活指針10ヵ条
私どもの周囲には、バラエティに富んだ「食」が溢れている。お手軽なお菓子や加工食品、輸入食品などなど、物が豊富にある、合理的になる反面、栄養の偏りや生活習慣病のリスクも伝えられています。
がんを防ぐための12ヵ条
食い過ぎや脂肪の摂り過ぎを回避し、栄養バランスが良い食事を心がけ、喫煙し続けている人は禁煙やることや、野菜や果物を適度に摂り、健康的な身体づくりを習慣にして継続する内容が推奨されています。
高血圧の原因と対処法
現実は塩分が血圧を上げる原因が起きない人がいるから、こういった人が塩分を少なくする食事をされても残念ですが血圧は下がることがないわけですが、心臓、腎臓、血管などを傷害するのです。「運動療法」と「食事療法」を専門家である元で実践するといいでしょう。
毛髪の主成分はケラチン
アミノ酸の組成は食事内容に大きく影響を受けます。髪の原料である種類のアミノ酸が不十分になると、本来のアミノ酸組成とは異なる毛髪が発生するケースがあります。髪の健康、体のためにも、バランスの良い食事内容を意識した方が良いでしょう。
ダイエットで食事制限
食事制限だけというダイエットというのは間違いなくすごくリスクがあります。その重大な要因は、急場しのぎで痩せたにしても脂肪がつきやすい体質となるリスクが高いためです。
自律神経が乱れる原因
ストレスは交感神経を優勢にし適当なストレスならば良いと思いますが、ストレスが溜まる生活が元凶となって自律神経のバランスが狂う。交感神経のみが働いていくので、体を治す「副交感神経」が確実に働けなくなり回復が追いつかず、数多くの不調がおこります。
毛髪とホルモンバランス
ホルモンは体のあらゆる所に影響を与えることから、ホルモンバランスを崩すと当然髪の毛も別物ではありません。ホルモンに関しては「ぼんやりと体の形成に関係する」という点以外、大半は広まっていない。健康的な髪の毛を成長させる上でもホルモンの知識をアップすることは大事と考えます。