毛髪の主成分はケラチンという弾力性にとんだ一種の繊維性タンパク質。

スポンサードリンク

ケラチンのことを角質とも言います

髪の主成分ケラチンは、水、アルコール、
薄い酸や塩類には強い抵抗力を持っています。

 

アルカリには弱い性質があり、
アルカリ性の強い石鹸やアンモニア類で
髪が赤茶けてくるのはこの性質のためです。

 

髪の色は、メラニン色素の量と関係が大きいです。
メラニン色素とは、毛根で毛母細胞が作られるときに、
一緒に作られるものです。

 

メラニン色素は黒い色で、毛髪の中に量が多ければ黒くなり、
すくなるにつれて褐色、茶色になります。

 

髪の色は遺伝的なもの

メラニン色素は、食べ物の栄養素やミネラルなどの
種類によって変化することがあり、
強い紫外線でも変化するといわれます。

 

しかし、それはメラニン色素が分解されて
起きた一時的な減少ですから、
体が健康で他に問題がなければ
新しく生えてくる髪は元の色です。

パーマ

パーマをかけるには、
ケラチン分子の鎖を薬剤の化学作用で切ったうえ、
酸化剤を作用させなければなりません。

 

パーマ液は髪に対して損傷を与えるばかりでなく、
頭皮から浸透して血液にまで
損傷を与えることがあります。

 

また、乾燥や高温は髪には害が大きくなります。

 

ヘアダイは、髪の主成分のタンパク質の
ケラチンを破壊するほか、
染剤が頭皮に深く染み込んで、
毛乳頭まで攻撃を与えることがあります。

 

冷暖房や空気の悪い場所、
水、シャンプー剤にも問題があります。
物言わぬ髪の悲鳴、
それが悩ませる髪のトラブルということです。

 

パーマ液のダメージ

パーマを繰り返していれば、
髪のつやがなくなりパサパサになり、枝毛も増え、
パーマ液の影響でブラッシングのたびに
髪が切れてしまうひどい状態になってしまいますが、
パーマ液は、髪に処理するものですが、
どうしても頭皮にも浸透します。

 

酸性やアルカリ性の強い物質が
皮膚に付いて影響がないとはいえません。

シャンプーをどんな基準で選んでいますか?

薬局やスーパー、コンビニにはたくさんの
シャンプー、リンスなどヘアケア製品が並んでいます。
テレビコマーシャルを見ていると、
モデルのような長く美しい髪にはあこがれます。

 

美容院では、パーマをかける前にシャンプーをします。
シャンプーの目的は汚れを落とすことですが、
脂分を取るために必要なことです。

 

髪に余分な脂分があると、
パーマがかかりにくくなる場合があるためです。

 

1回のシャンプーで汚れと脂分がよく取れるように、
かなり脱脂力効果が高い
アルカリ性のシャンプーを使う美容室が多いです。

 

皮膚細胞にはケラチンというたんぱく質でできています。

 

ケラチンは、ph5.6〜6.2という弱酸性で、
外の刺激から皮膚を守る役目をしています。

 

皮脂腺から分泌される皮脂は常に
皮膚の潤いを与えて乾燥を防ぐ働きをしています。

 

頭皮も同じです。強いアルカリ性のシャンプーを使い髪の洗うことは、
頭皮を保護する皮脂の膜も同時に洗い流してしまいます。

 

美容室でするシャンプーがこんな状態です。
毎日自宅でするための市販のシャンプーでは、事態はさらに深刻です。

 

髪質や頭皮には乾性と脂性があり、個人個人違います。
頭皮は弱酸性の皮脂膜で覆われています。

 

乾性タイプの人はこの皮脂膜がもともと薄いため、
脱脂力の強いシャンプーを使っていると、
皮脂膜は必要以上に流されてしまいます。

 

髪も頭皮も脱脂状態になり、髪がパサパサになったり、フケが出たり、
吹き出物、湿疹ができるトラブルが起こります。

 

市販のシャンプーには、乳化剤として
安価な石油系界面活性剤が含まれています。

 

石油から合成された界面活性剤は、
その一滴でゴキブリを殺せるほど強い脱脂作用があります。
台所用洗剤にも使われています。

 

水と油を乳化させる威力は相当なもの

頭皮に残された皮脂をの根こそぎ溶かして、
すさまじい浸透力で皮膚から体内に入ってきます。

 

それほど毒性の持った合成洗剤で髪を洗っているということです。
髪や頭皮にとっては、毎日が酷な状態です。

育毛手当てをしている

リンスやトリートメントを禁止している人に朗報

細い毛のこしも強くして、
さらに傷んだ毛の修復にレストルスカルプケアトリートメントです。

  • 髪にこしとつやを出したい。
  • 髪の毛の質量を上げたい。立ち上がりをよくしたい。
  • 5アルファ-リダクターゼの影響も少なくしたい。
  • 弱った頭皮と毛穴を回復させたい。

レストルスカルプケアトリートメントの使い方はかんたんです。
シャンプー後、頭皮も毛穴も髪もイキイキとしてくるので大勢の方に喜ばれています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

毛髪の主成分はケラチン関連ページ

ストレス解消法
歌を大きい声で歌う。お風呂場で大きな声を出して歌えばそれだけでストレス解消してハッピーな気分になることができて、イヤなことだって忘れられます。カラオケを選ぶ「ヒトカラ」楽な気持ちで声高に歌えます。
長寿の秘訣食事
食い過ぎればデブになってくる、塩分を摂りすぎると血圧が高まる、酒を飲み過ぎると肝臓が悪化します。食の乱れが病気を引き起こす確率が高い、病気を防ぐには、ある食物の中には栄養素が、どうやってに働き、体にどういう効果を出しているかを意識し食事を摂ることが必要です。
動物性脂肪 コレステロール
コレステロールの異常ケースでもっとも決定的な意味があるというのは、LDL(悪玉)コレステロールの増加とHDL(善玉)コレステロールの低下なんです。何としてでも摂取したほうがよい食品は、野菜、海藻、大豆・豆腐、きのこ類です。
牛乳に含まれる動物性脂肪
頭に入れておいてほしいことは動物性脂肪、植物性脂肪をバランスを考えて摂ることが大切。どっちかを取り過ぎたり、また足りなければ健康を乱すリスクが挙げられます。
病・煩悶・貧乏
人生の三大不幸ですが辛い事ばっかりですが、2〜3年に1度「生きてて心の底から嬉しかった。」と感じるその瞬間があるのです。そのような時のために、人間は日々を過ごしている。そう感じられる日がもたらされるように踏ん張ってみましょう。
食生活指針10ヵ条
私どもの周囲には、バラエティに富んだ「食」が溢れている。お手軽なお菓子や加工食品、輸入食品などなど、物が豊富にある、合理的になる反面、栄養の偏りや生活習慣病のリスクも伝えられています。
がんを防ぐための12ヵ条
食い過ぎや脂肪の摂り過ぎを回避し、栄養バランスが良い食事を心がけ、喫煙し続けている人は禁煙やることや、野菜や果物を適度に摂り、健康的な身体づくりを習慣にして継続する内容が推奨されています。
高血圧の原因と対処法
現実は塩分が血圧を上げる原因が起きない人がいるから、こういった人が塩分を少なくする食事をされても残念ですが血圧は下がることがないわけですが、心臓、腎臓、血管などを傷害するのです。「運動療法」と「食事療法」を専門家である元で実践するといいでしょう。
腎臓機能低下の原因
腎臓は、いつだって多くの血液が流れ込んでいますから、血液や血管状態にすぐに影響される臓器なんです。血管や血の巡りに障害をきたす疾病になったら、腎臓の機能が悪化して、腎臓病を発生しやすくなるのです。
ダイエットで食事制限
食事制限だけというダイエットというのは間違いなくすごくリスクがあります。その重大な要因は、急場しのぎで痩せたにしても脂肪がつきやすい体質となるリスクが高いためです。
自律神経が乱れる原因
ストレスは交感神経を優勢にし適当なストレスならば良いと思いますが、ストレスが溜まる生活が元凶となって自律神経のバランスが狂う。交感神経のみが働いていくので、体を治す「副交感神経」が確実に働けなくなり回復が追いつかず、数多くの不調がおこります。
毛髪とホルモンバランス
ホルモンは体のあらゆる所に影響を与えることから、ホルモンバランスを崩すと当然髪の毛も別物ではありません。ホルモンに関しては「ぼんやりと体の形成に関係する」という点以外、大半は広まっていない。健康的な髪の毛を成長させる上でもホルモンの知識をアップすることは大事と考えます。