ホルモンも、人間の毛髪に大きく関係しています。

頭の上部と側頭部に生える髪の毛では

別々のホルモンの作用を受けています

発毛に影響を及ぼすホルモンに、アンドロゲンという
男性ホルモンとエストロゲンという女性ホルモンがあります。

 

女性の薄毛  毛髪とホルモン

 

男性ホルモンのアンドロゲンという物質は、
側頭部の発毛に影響を与えています。
ほかに、ヒゲやわき毛、胸毛なども
この男性ホルモンの影響を受けています。

 

女性ホルモンのエストロゲンは、
頭頂部に丸く広く作用しているのです。
両方のホルモンのアンドロゲンの分泌が
過剰になると、トラブルが起きます。

 

女性ホルモンの作用に寄っている頭の上部部分に
アンドロゲンが分泌し過ぎるとこからハゲます。
女性は、もともと女性ホルモンが強くありますから、
ハゲにくいわけです

 

男性20歳以下の人にハゲが少ないのは、
性腺ホルモンの分泌がまだ確率されていないからです。
10代の男性や若い女性にもハゲや薄毛が増加しています。

 

ホルモンのバランスが崩れているため、
原因として考えられるのがストレスなどです。

ストレスは頭皮に悪い

ストレスは頭皮に悪い

 

精神的なストレスは、いろいろな自律神経失調症を
引き起こしますが、頭皮にも影響を及ぼします。

 

ストレスに自律神経が反応して、
頭皮の血管が収縮します。
毛根に運ばれる血流の量が減り、栄養が届かなくなるわけで、
食生活も頭髪には大きな関係があります。

 

欧米式により肉食が中心の食事は、
脂肪酸が血液に付着して血流をつまらせ、
動脈硬化や高血圧などの
病気の原因になり髪の毛にとっても大敵。

 

栄養バランスが崩れると、
皮脂腺が分泌する皮脂が過剰になり、
毛穴をふさぎます。

 

そうすると炎症や吹き出物の原因になり、
抜け毛が増えてきます。

 

不潔にしていると、空気中の雑菌が
髪や地肌につき、湿疹の原因になります。

 

シャンプーあと、ドライヤーはいけないと濡れたままにしていると、
頭皮は後頭部の脳下垂体を冷やします。

 

ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。
体温を下げ血流が悪くなり薄毛や脱毛症となって現れるのです。

 

数少ない髪の毛がかわいいあまり、目に見えている
部分を大切にしても、あまり大きな意味はないと言えます。

 

重要視しなければいけないのは、
頭皮内部にうもれている毛根部です。

 

髪の毛は角質化した組織で内部には
血液も神経も通っていないので、
毛幹として出てくる髪自体は、すでに死んだ細胞です。

男性ホルモン

男性ホルモン

 

髪自体は生命活動を行なっていないのです。

 

毛根内の毛母細胞は、
毛の根本の部分で毛細血管から「毛乳頭」で栄養を受け取り、
髪の毛の細胞をつくっている唯一の生きた細胞です。

 

これが盛んに分裂することによって、髪が伸びていきます。
脱毛しても、いずれ生えてくるのが髪の毛。

 

しかし、生えはじめたとたん抜けてしまう、
そういう毛が少しずつ増えてくれば、
たとえ毛の本数は同じでも、
ハゲや薄毛への道を進んでいることになります。

 

脱毛した後の毛穴で、
新しい髪の毛をつくる準備が始まります。
血管からの栄養を十分に受け取った
毛母細胞は盛んに分裂をくり返します。

 

新しい毛はまだまだ頭皮内部に発したばかりです。
頭皮から出たとしてもしばらくの間は肉眼では
見えないほど細く透明な「産毛」です。

 

産毛段階で、なんらかのコントロールミスによってすべての
髪の毛が抜け落ちてしまうのであれば、
見た目は完全なツルツルに見えるでしょう。

 

しかし、毛穴では髪の毛はどんどん作られているのです。

男性ホルモンのテストステロン

男性型脱毛症の原因は、
男性ホルモンの過剰分泌と考えられてます。

 

しかし、男性ホルモンが脱毛を引き起こすメハニズムはまだ、
はっきりわかっていないのが実状です。
ホルモンは脳下垂体、副腎、睾丸、卵巣などの
臓器でつくられ、血液中に分泌されます。

 

血液循環とともに体内を巡っていき、
さまざまな部位や局面で成長や代謝などの働きをコントロールします。
テストステロンも、血液に混入して体内を巡回しています。

 

テストステロン

毛乳頭細胞にやってくると、
細胞内にある5α-リダクターゼという酵素に出会います。

 

するとテストステロンは活性化され、
ジヒドロ・テストステロン(DHT)という物質に変わります。
DHTは細胞内で核に侵入し、
そこでRNAを介してさまざまなタンパク質を作ります。

 

このタンパク質が、
ヒゲの発生や成長を活発にさせるスイッチを入れるのです。
思春期の少年は、突然ヒゲが濃くなります。

 

活性化した男性ホルモン

DHTが増えるためです。
一方で、髪の毛では脱毛に働くわけです。

 

テストステロンは髪の毛においても、
成長因子をつくって髪の成長に働いています。

 

活性型男性ホルモン(DHT)というのは、
頭皮のヘアサイクルに大きく関わっています。

 

男性ホルモンは脱毛ばかりではなく、
抜けた後の毛穴で新しい毛を発生させ、
それを成長させるという、重要な仕事もしています。

 

それがある時期からなぜか急激に転換して、
ヘアサイクルを無視して無制限に脱毛のほうに働くようになります。

 

結果として髪が薄くなり、ハゲてくる、
しかしヒゲはそのような転換が起こりません。
これが、現代の科学でも解くことのできない謎です。

 

髪が抜けるということ自体は、
決して病的な異常ではありません。
むしろ髪は抜けるようにプログラムされているのです。

 

毎日のように風呂に入ってもアカが出てくるのは、
皮膚の細胞が新しいものと入れ代わっている証拠です。
髪の毛も同様です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

毛髪とホルモンバランス関連ページ

ストレス解消法
歌を大きい声で歌う。お風呂場で大きな声を出して歌えばそれだけでストレス解消してハッピーな気分になることができて、イヤなことだって忘れられます。カラオケを選ぶ「ヒトカラ」楽な気持ちで声高に歌えます。
長寿の秘訣食事
食い過ぎればデブになってくる、塩分を摂りすぎると血圧が高まる、酒を飲み過ぎると肝臓が悪化します。食の乱れが病気を引き起こす確率が高い、病気を防ぐには、ある食物の中には栄養素が、どうやってに働き、体にどういう効果を出しているかを意識し食事を摂ることが必要です。
動物性脂肪 コレステロール
コレステロールの異常ケースでもっとも決定的な意味があるというのは、LDL(悪玉)コレステロールの増加とHDL(善玉)コレステロールの低下なんです。何としてでも摂取したほうがよい食品は、野菜、海藻、大豆・豆腐、きのこ類です。
牛乳に含まれる動物性脂肪
頭に入れておいてほしいことは動物性脂肪、植物性脂肪をバランスを考えて摂ることが大切。どっちかを取り過ぎたり、また足りなければ健康を乱すリスクが挙げられます。
病・煩悶・貧乏
人生の三大不幸ですが辛い事ばっかりですが、2〜3年に1度「生きてて心の底から嬉しかった。」と感じるその瞬間があるのです。そのような時のために、人間は日々を過ごしている。そう感じられる日がもたらされるように踏ん張ってみましょう。
食生活指針10ヵ条
私どもの周囲には、バラエティに富んだ「食」が溢れている。お手軽なお菓子や加工食品、輸入食品などなど、物が豊富にある、合理的になる反面、栄養の偏りや生活習慣病のリスクも伝えられています。
がんを防ぐための12ヵ条
食い過ぎや脂肪の摂り過ぎを回避し、栄養バランスが良い食事を心がけ、喫煙し続けている人は禁煙やることや、野菜や果物を適度に摂り、健康的な身体づくりを習慣にして継続する内容が推奨されています。
高血圧の原因と対処法
現実は塩分が血圧を上げる原因が起きない人がいるから、こういった人が塩分を少なくする食事をされても残念ですが血圧は下がることがないわけですが、心臓、腎臓、血管などを傷害するのです。「運動療法」と「食事療法」を専門家である元で実践するといいでしょう。
毛髪の主成分はケラチン
アミノ酸の組成は食事内容に大きく影響を受けます。髪の原料である種類のアミノ酸が不十分になると、本来のアミノ酸組成とは異なる毛髪が発生するケースがあります。髪の健康、体のためにも、バランスの良い食事内容を意識した方が良いでしょう。
腎臓機能低下の原因
腎臓は、いつだって多くの血液が流れ込んでいますから、血液や血管状態にすぐに影響される臓器なんです。血管や血の巡りに障害をきたす疾病になったら、腎臓の機能が悪化して、腎臓病を発生しやすくなるのです。
ダイエットで食事制限
食事制限だけというダイエットというのは間違いなくすごくリスクがあります。その重大な要因は、急場しのぎで痩せたにしても脂肪がつきやすい体質となるリスクが高いためです。
自律神経が乱れる原因
ストレスは交感神経を優勢にし適当なストレスならば良いと思いますが、ストレスが溜まる生活が元凶となって自律神経のバランスが狂う。交感神経のみが働いていくので、体を治す「副交感神経」が確実に働けなくなり回復が追いつかず、数多くの不調がおこります。