国立がんセンター

スポンサードリンク

がん予防のため

日常生活とくに食生活に対し、世界がん財団や米国がん財団から提言。
日本では国立がんセンターが発表しました。がんを防ぐための12ヵ条が有名です。

偏りの無い生活を考えましょう

1.バランスのとれた栄養をとる

いろどり豊な食卓

 

2.毎日、変化のある食生活を

ワンパターンではありませんか?

 

3.食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに

おいしい物を適量に

 

4.お酒はほどほどに

健康的に楽しみましょう

 

5.たばこは吸わないように

特に、新たに吸いはじめない

 

6.食べ物からビタミンと繊維質のものを多く摂る

緑黄野菜をたっぷりと

 

7.塩辛いものは少なめ、熱いものは冷まして

胃や食道をいたわって

 

8.焦げた部分はさける

突然変異を引きおこします

 

9.かびの生えたものに注意

食べる前にチェック

 

10.日光に当たり過ぎない

太陽はいたずらもの、紫外線対策を

 

11.適度にスポーツをする

いい汗を流しましょう

 

12.体を清潔に

さわやかな気分で

 

米国の提言と共通するところが多くあります。

 

これを食べるとがんにならないとか、
あれを食べるとがんが治るといったような面白いものではありません。
しかし、きちんとした根拠のある大切な提言です。

 

日本では、昔から胃がんが多いのです。
塩漬けや干物など、
食べ物の保存方法によるところが大きかったのです。

塩はがんを促進すると考えられます

干物はタンパク質が変性し遺伝子を傷つける可能性があります。
焦げたものを、控えるようにすのも同じことです。

 

わらびやぜんまいには発がん物質があるといわれます。
一度や二度食べたくらいで、
すぐにがんにつながるものではありません。

 

しかし、一方ではがんを防ぐ働きをする成分もあるのです。
ビタミンCやビタミンE、ベータカロチンなどです。

 

これらのビタミンは、抗酸化作用をもっています。
新鮮な野菜や果物、
あまり精製されていない穀類などを摂るとよいことになります。

 

同じものばかり食べないで、
いろいろな種類の食品を食べることが大切なのです。

 

外食の多い若い人は、
毎日同じ好物ばかりを食べてしまいがちです。
体のためにも、
様々な食品を食べるよう気をつけてほしいものです。

 

十六茶を飲んで、七味唐辛子ではダメ。

 

脂肪の過剰摂取は、
肥満や糖尿病などの生活習慣病にとって、
大きな誘因と考えられています。
大腸がんや乳がんとも関連があると考えられています。

アルコールとタバコの併用は危険

喉頭がん、咽頭がん、食道がんが増えるといわれます。
ストレスもがんにとって、重要な問題です。

 

がんに限らず、
現代人の健康にとって切り離して考えることができない問題です。

 

一般的にストレス状況では、免疫力が低下

一個のがん細胞が発生すると、
ナチュラルキラー(NK)細胞が、がん細胞を破壊。
免疫力が低下すると、
がん細胞が排除されずに増えてしまうことになります。

 

適度のスポーツが、がん予防にあげられているのは、
身体活動がストレスを和らげ免疫力を保つのに有効だからです。

スポンサードリンク

がんを防ぐための12ヵ条関連ページ

ストレス解消法
歌を大きい声で歌う。お風呂場で大きな声を出して歌えばそれだけでストレス解消してハッピーな気分になることができて、イヤなことだって忘れられます。カラオケを選ぶ「ヒトカラ」楽な気持ちで声高に歌えます。
長寿の秘訣食事
食い過ぎればデブになってくる、塩分を摂りすぎると血圧が高まる、酒を飲み過ぎると肝臓が悪化します。食の乱れが病気を引き起こす確率が高い、病気を防ぐには、ある食物の中には栄養素が、どうやってに働き、体にどういう効果を出しているかを意識し食事を摂ることが必要です。
動物性脂肪 コレステロール
コレステロールの異常ケースでもっとも決定的な意味があるというのは、LDL(悪玉)コレステロールの増加とHDL(善玉)コレステロールの低下なんです。何としてでも摂取したほうがよい食品は、野菜、海藻、大豆・豆腐、きのこ類です。
牛乳に含まれる動物性脂肪
頭に入れておいてほしいことは動物性脂肪、植物性脂肪をバランスを考えて摂ることが大切。どっちかを取り過ぎたり、また足りなければ健康を乱すリスクが挙げられます。
病・煩悶・貧乏
人生の三大不幸ですが辛い事ばっかりですが、2〜3年に1度「生きてて心の底から嬉しかった。」と感じるその瞬間があるのです。そのような時のために、人間は日々を過ごしている。そう感じられる日がもたらされるように踏ん張ってみましょう。
食生活指針10ヵ条
私どもの周囲には、バラエティに富んだ「食」が溢れている。お手軽なお菓子や加工食品、輸入食品などなど、物が豊富にある、合理的になる反面、栄養の偏りや生活習慣病のリスクも伝えられています。
高血圧の原因と対処法
現実は塩分が血圧を上げる原因が起きない人がいるから、こういった人が塩分を少なくする食事をされても残念ですが血圧は下がることがないわけですが、心臓、腎臓、血管などを傷害するのです。「運動療法」と「食事療法」を専門家である元で実践するといいでしょう。
毛髪の主成分はケラチン
アミノ酸の組成は食事内容に大きく影響を受けます。髪の原料である種類のアミノ酸が不十分になると、本来のアミノ酸組成とは異なる毛髪が発生するケースがあります。髪の健康、体のためにも、バランスの良い食事内容を意識した方が良いでしょう。
腎臓機能低下の原因
腎臓は、いつだって多くの血液が流れ込んでいますから、血液や血管状態にすぐに影響される臓器なんです。血管や血の巡りに障害をきたす疾病になったら、腎臓の機能が悪化して、腎臓病を発生しやすくなるのです。
ダイエットで食事制限
食事制限だけというダイエットというのは間違いなくすごくリスクがあります。その重大な要因は、急場しのぎで痩せたにしても脂肪がつきやすい体質となるリスクが高いためです。
自律神経が乱れる原因
ストレスは交感神経を優勢にし適当なストレスならば良いと思いますが、ストレスが溜まる生活が元凶となって自律神経のバランスが狂う。交感神経のみが働いていくので、体を治す「副交感神経」が確実に働けなくなり回復が追いつかず、数多くの不調がおこります。
毛髪とホルモンバランス
ホルモンは体のあらゆる所に影響を与えることから、ホルモンバランスを崩すと当然髪の毛も別物ではありません。ホルモンに関しては「ぼんやりと体の形成に関係する」という点以外、大半は広まっていない。健康的な髪の毛を成長させる上でもホルモンの知識をアップすることは大事と考えます。