牛乳や乳製品が健康にいいことはよく知られています。

スポンサードリンク

牛乳には脂肪が含まれている

これは動物性脂肪、
摂り過ぎれば血中コレステロール値が高くなり
、動脈硬化の原因になってしまうはず。

 

しかし、実際には牛乳をたくさん飲んでも
血中コレスレロール値は高くなりません。

 

牛乳を飲めば動物性脂肪を摂取することになりますが、
同時に、カルシウムやタンパク質も摂ることになります。

 

日本人はカルシウムの取りかたも十分ではなく、
牛乳の摂取量が少な過ぎ、
年をとってからも、毎日飲むように心がけてください。

 

牛乳や乳製品が健康にいいことはよく知られています。
日本人がこれらの食品を摂取する量は増えていません。

 

牛乳や乳製品の摂取量を増やすには、みそ汁に粉ミルクを加える。

 

ヨーグルトにきな粉を加える

ヨーグルトには食物繊維がないのをきな粉で補ってください。

 

乳製品に味噌やきな粉などの大豆製品を加えると、
栄養的にすぐれたものになります。
脳卒中、骨粗鬆症、老人性痴呆の防止に役立ちます。

 

魚は長寿のための非常に大切な食品

魚が長寿に役立つのか、魚に含まれる脂肪やタンパク質が、
心臓や血管によい影響を与えます。

 

魚の脂肪には、DHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコアペンタエン酸)などの
不飽和脂肪酸が含まれています。

脂肪酸には、血圧を下げる

中性脂肪値を下げる、
血栓(血液のかたまり)をできにくくする働きがあります。
もうひとつの有効成分は、タウリンなどのアミノ酸。

 

タウリンには、神経に作用して血圧を下げる、
コレステロールの排泄を促す作用。
これらの相互作用によって、
動脈硬化が防げ心筋梗塞が予防できます。

 

血液中のコレステロールには、善玉と悪玉があり、
悪玉が酸化した時に、動脈硬化が進みます。
銅から作られる酸化防止酵素は、
悪玉の酸化を防ぎ、動脈硬化を予防してくれます。

大豆にはいろいろ優れた効果があります

日本人にとって最も重要なのは、脳卒中を防いでくれる効果。
大豆には血圧を下げる効果はないが血管の弾力性を高める効果があります。

 

大豆にはコレスレロールによく似たシトステロールという物質や、
タンパク質のグロブリンが含まれています。

 

それらが腸でコレステロールが吸収されるのを妨げます。
大豆は動脈効果の予防にも役立ちます。

 

大豆に含まれるイソフラボン

弱い女性ホルモンに似た働きがあり、
骨を弱くなるのを防いでくれる。
大豆を食べてイソフラボンを摂っていると、
骨からカルシウムが抜けていくのが抑えられます。

 

豆腐半丁、きな粉20〜30g程度の大豆製品を摂ることで、
骨粗鬆症を防ぐことができます。

 

イソフラボンは更年期に起こる高血圧、
高コレステロール血症肥満などを抑えるのに効果的。
大豆食品を積極的にを食べるようにしてください。

海藻には、食塩の害とコレステロールの害を防ぐ

食塩の害を防ぐのは、
マグネシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルが豊富。

 

マグネシウムは細胞の中から
食塩の成分ナトリウムをくみ出す働きがあります。
カリウムやカルシウムは、
ナトリウムを尿中に連れ出す働きをします。

 

カリウムやカルシウム

海藻以外の食品からも摂ることができます。

 

マグネシウムは海に多いミネラル、
海藻か魚を食べないと、十分な量が補給できません。
コレステロールの害を防ぐのは、
豊富な食物繊維が含まれているためです。

食物繊維は食塩の吸収も抑える

コレステロールの吸収も防ぎ、
動脈硬化を予防します。
血圧が高くなるのを防ぎ、
脳卒中や心筋梗塞を防ぐにも、海藻を食べることも大切。

 

日本食といえば、ごはん、
活動するにはエネルギーが必要。
日本人は、そのエネルギーの5〜6割程度を
ごはんの炭水化物から摂っています。

 

ごはんのように穀物を粒のまま食べるのと、
パンやパスタのように、穀物を粉にしてか
ら調理したものを食べるのでは、
消化吸収のされ方に違いがあります。

 

粉にした穀物は早く消化されて吸収され、
血糖値が上がり過ぎるのを防ぐため、
インシュリンというホルモンが急激に分泌されます。

 

こうしたことが長年続いていると、
インシュリンが効きにくい体になってしまうことがあります。
これが糖尿病。

 

米を粉のまま食べるごはんは、糖尿病予防にも役立ちます。

長生きをする

これを食べていれば、
長生きするという魔法の食べ物はありません。

 

特定の食べ物ばかり食べていたり、
逆に体に悪いからといって絶対に食べなかったりするのは、
好ましいことではありません。

 

健康にいいといわれてきた植物油ですが、
魚の脂なども摂らないと、
心筋梗塞や脳梗塞の原因になることがはっきりしています。

 

コレスレロール

気になるから、肉は食べない、
偏った食事も好ましくありません。
コレステロールが低すぎると脳卒中になりやすくなります。

 

肉にはコレステロール以外、
タンパク質などのすぐれた栄養素が含まれています。
長寿のため、偏らずバランスのとれた食事が大切です。

 

ただ体にいいものを食べるというのではなく、
楽しい食事が長寿にとって大切な条件です。
ひとりでなく、誰かと一緒に楽しく食卓を囲みましょう。

 

何事にも、積極的で、
自立していることも長寿の秘訣です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

牛乳に含まれる動物性脂肪関連ページ

ストレス解消法
歌を大きい声で歌う。お風呂場で大きな声を出して歌えばそれだけでストレス解消してハッピーな気分になることができて、イヤなことだって忘れられます。カラオケを選ぶ「ヒトカラ」楽な気持ちで声高に歌えます。
長寿の秘訣食事
食い過ぎればデブになってくる、塩分を摂りすぎると血圧が高まる、酒を飲み過ぎると肝臓が悪化します。食の乱れが病気を引き起こす確率が高い、病気を防ぐには、ある食物の中には栄養素が、どうやってに働き、体にどういう効果を出しているかを意識し食事を摂ることが必要です。
動物性脂肪 コレステロール
コレステロールの異常ケースでもっとも決定的な意味があるというのは、LDL(悪玉)コレステロールの増加とHDL(善玉)コレステロールの低下なんです。何としてでも摂取したほうがよい食品は、野菜、海藻、大豆・豆腐、きのこ類です。
病・煩悶・貧乏
人生の三大不幸ですが辛い事ばっかりですが、2〜3年に1度「生きてて心の底から嬉しかった。」と感じるその瞬間があるのです。そのような時のために、人間は日々を過ごしている。そう感じられる日がもたらされるように踏ん張ってみましょう。
食生活指針10ヵ条
私どもの周囲には、バラエティに富んだ「食」が溢れている。お手軽なお菓子や加工食品、輸入食品などなど、物が豊富にある、合理的になる反面、栄養の偏りや生活習慣病のリスクも伝えられています。
がんを防ぐための12ヵ条
食い過ぎや脂肪の摂り過ぎを回避し、栄養バランスが良い食事を心がけ、喫煙し続けている人は禁煙やることや、野菜や果物を適度に摂り、健康的な身体づくりを習慣にして継続する内容が推奨されています。
高血圧の原因と対処法
現実は塩分が血圧を上げる原因が起きない人がいるから、こういった人が塩分を少なくする食事をされても残念ですが血圧は下がることがないわけですが、心臓、腎臓、血管などを傷害するのです。「運動療法」と「食事療法」を専門家である元で実践するといいでしょう。
毛髪の主成分はケラチン
アミノ酸の組成は食事内容に大きく影響を受けます。髪の原料である種類のアミノ酸が不十分になると、本来のアミノ酸組成とは異なる毛髪が発生するケースがあります。髪の健康、体のためにも、バランスの良い食事内容を意識した方が良いでしょう。
腎臓機能低下の原因
腎臓は、いつだって多くの血液が流れ込んでいますから、血液や血管状態にすぐに影響される臓器なんです。血管や血の巡りに障害をきたす疾病になったら、腎臓の機能が悪化して、腎臓病を発生しやすくなるのです。
ダイエットで食事制限
食事制限だけというダイエットというのは間違いなくすごくリスクがあります。その重大な要因は、急場しのぎで痩せたにしても脂肪がつきやすい体質となるリスクが高いためです。
自律神経が乱れる原因
ストレスは交感神経を優勢にし適当なストレスならば良いと思いますが、ストレスが溜まる生活が元凶となって自律神経のバランスが狂う。交感神経のみが働いていくので、体を治す「副交感神経」が確実に働けなくなり回復が追いつかず、数多くの不調がおこります。
毛髪とホルモンバランス
ホルモンは体のあらゆる所に影響を与えることから、ホルモンバランスを崩すと当然髪の毛も別物ではありません。ホルモンに関しては「ぼんやりと体の形成に関係する」という点以外、大半は広まっていない。健康的な髪の毛を成長させる上でもホルモンの知識をアップすることは大事と考えます。