成功者は例外なく、みんな楽観主義者です。

スポンサードリンク

恐怖心は悲観的な心がつくりだす幻

楽観的な心が作る希望のイメージで恐怖心を忘れます。
自分は絶対に幸福になれるのだという信念は、楽観主義者の特許です。

 

つねに成功をイメージし、希望をもって前向きに考えているひとは、
脳内にドーパミンというホルモンが継続的に分泌されています。

 

ドーパミンは構造式や作用が麻薬に良く似た物質です。

 

血液中のドーパミンの量が増えると、毛細血管をゆるめて血液の循環をよくし、
心地よい感じや、わくわくするようなアイデアがどんどん湧いてきます。

 

毛の補給路である血管は、頭頂部の末端になると毛の太さの1/10くらい。
アトピー体質、ストレス、気の滞り、自律神経失調は、影響を受けやすいです。

 

炎症、吹き出物などで血管がもろくなっていると、
育毛剤で局部的に血管を拡張しても効果は低くいです。
頭皮を回復させる他の手当と組み合わせる必要があります。

ドーパミンが大脳の働きを直接刺激します

頭の回転が速くなり、何をしても失敗することはないという自信が湧いてきます。
対して、恐怖心は、悲観主義者の特許です。

 

恐怖心には様々なタイプがありますが、すべてに共通していることは、
確実にやる気を奪い取ってしまうということです。

 

人間は恐怖心に襲われると脳からの指令でアドレナリンという
ホルモンを副腎皮質内で大量に合成します。

 

大量のアドレナリンは短時間のうちに血液の循環を悪くし、
神経系統を麻痺させてしまします。

 

大量のアドレナリンは胃酸や汗などの分泌物にも影響を及ぼします。
胃腸や体温の調子を狂わせ、食欲を減退させます。

 

極度の恐怖心

中枢神経がひどいショックを受けます。
毛根から空気が侵入して、わずか数時間のうちに
髪の毛が白くなることもあります。

 

慢性化した恐怖心や不安は、
アドレナリンの毒性を体内に蓄積させ、身をじわじわ蝕みます。
恐怖心は自分の弱さを意識することから生まれます。

 

そして障害に立ち向かえるだろうかと
不安を覚えたときにしか恐怖心は生まれません。

病気に対する恐怖心

自分にはそれを
克服できないのではないかという意識から生まれてくるのです。

 

恐怖心を克服するには、
まず何を恐れているのかを正確にしっておかなければなりません。
恐れている相手は、まだ何も起こっていないか、
現実には存在しないものか、そのどちらかです。

 

恐怖心を感じる時間ももてないほど自分を忙しくする。
これは自分の心の中に勇気を育て、
壁に挑戦するための大切な手腕(スキル)です。

 

忙しさは恐怖心という心をなくしてくれるのです。
恐怖心の実体はほとんど存在しません。

 

自分が作り出しているだけなのです。

 

髪は体と心の余裕から育ちます。
落ち着く時間をつくり、
お茶を飲んでホットすることも人生には大切です。

 

早く結果を求めて 手当がストレスになってはいけません。
自律神経が緊張するために、血行や栄養の循環が悪くなります。

 

毛を育てる毛球部には、
栄養を送りこむ血管を包むように取り巻いているのが自律神経。

育毛百科相互リンクサイト

佐野正弥 育毛の達人式 自宅発毛法 薄毛体質改善


すでに5千名以上の方が購入した信頼と実績 自宅で簡単にできる発毛法です Ver1.7
既に発毛した4千人以上の方が驚愕と歓喜に沸いた
ほんの小額のお金で自分の家で簡単発毛法をEブック合計99ページです。
育毛の達人発毛法は、著作権番号・存在事実証明を所得済みです。

 

発毛しない場合には、販売価格2万2800円全額返金保証。

Eブック「究極の発毛法」を半年間以内実践して発毛しないと自己判断した男性のみに、
全額返金されます。
始める前には必ず、デジタルカメラ・携帯に頭皮の状態を記録するようにするとよいです。
すぐには、目で確認することは難しいですが、記録を撮ると育毛をする励みになります。
佐野さんのおっしゃるように、薄毛が改善しないで悩んでいるとしたら、
その方法を知り、あとは実践するのみです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

恐怖心記事一覧

薄毛や脱毛症になると、世間や人間関係がいろいろな面でストレスに薄毛や脱毛症は今のうちに治しておくことです。簡単にストレスをなくせばいいというわけにはいきません。現代社会ではさまざまなストレスにさらさられ、生きています。仕事上のストレスがあるからといって別の仕事につけばいいといった単純なものではありません。ストレスには悪いイメージがありますが、善玉ストレスといって、その人の原動力になるようなストレス...

日本人が食するごはんには塩味の効いたおかずが合う、食塩の過剰摂取を招きます。日本人の食塩摂取量は、1日約12グラム。地方によっても差があり、北に上がるほど多く、南に下がるほど少なくなる傾向があります。長寿の人が多い沖縄県では約8グラム。食塩の摂り過ぎは高血圧の原因になり、高血圧が多くなると結果として脳卒中などの病気が多くな利ます。東北地方では脳卒中がとても多く、最大の原因は食塩の摂り過ぎにあります...

肉の脂肪と魚の脂肪では、その性状がまったく異なっています。魚をよく食べ、魚の脂肪をたくさん摂っていることは、長寿につながります。摂り過ぎが問題になるのは肉の脂肪のほうです。動物性脂肪をたくさん摂ると、血液中のコレステロール値が高くなります。このコレステロールが、血管の壁になかにたまり、動脈硬化を起こすようになります。それが心筋梗塞などの原因です。肉を食べるのはいけないというのではなく、いけないのは...

これは動物性脂肪、摂り過ぎれば血中コレステロール値が高くなり、動脈硬化の原因になってしまうはず。しかし、実際には牛乳をたくさん飲んでも血中コレスレロール値は高くなりません。牛乳を飲めば動物性脂肪を摂取することになりますが、同時に、カルシウムやタンパク質も摂ることになります。日本人はカルシウムの取りかたも十分ではなく、牛乳の摂取量が少な過ぎ、年をとってからも、毎日飲むように心がけてください。牛乳や乳...

新陳代謝作用で息をすること、栄養を吸収すること、老廃物を排泄することの三つの条件とは肉や魚を食べたら、野菜もほぼ同じ量だけ摂るべきなのです。だからといって、腹一杯食べるのもいただけません。「なんでも食べよ、腹八分目」ということで、医学的に証明されています。タンパク質の摂り過ぎ不足よりも、もっと悪い結果を招きます。タンパクは、消化に時間と手間がかかります。一度に多量に摂ると停滞し、腸の中に長く停滞す...

1.食事を楽しみましょう食事は楽しく、おいしく食べることが心身の健康にとって大切です。食を共にすることが、人と人のむすびつきに重要な役割を果たしています。2.1日の食事のリズムから、健やかな生活リズム朝食をとり、1日を始め、間食や夜食は取り過ぎない。3.主食、主菜、副菜を基本に、栄養のバランスを料理の組み合わせを考えることは、多様な食品をとることにつながります。偏りに注意し、バランスのとれた食事を...

日常生活とくに食生活に対し、世界がん財団や米国がん財団から提言。日本では国立がんセンターが発表しました。がんを防ぐための12ヵ条が有名です。

高血圧には、痛みの自覚症状はなく、日常生活に不都合がなく、ほったらかしにする人が多いです。血圧が高い状態がつづくと、動脈硬化という血管の老化をうながし、もろくなった血管は破れたり詰まったりします。血管年齢が、寿命を決めます。血圧とは心臓から血液が送り出されるとき、動脈壁に加わる圧力のこと。寒い部屋にいるとき、身体のどこかに痛みがあるとき、尿を我慢しているとき、いつもと違う状況におかれると、血圧は上...

髪の主成分ケラチンは、水、アルコール、薄い酸や塩類には強い抵抗力を持っています。アルカリには弱い性質があり、アルカリ性の強い石鹸やアンモニア類で髪が赤茶けてくるのはこの性質のためです。髪の色は、メラニン色素の量と関係が大きいです。メラニン色素とは、毛根で毛母細胞が作られるときに、一緒に作られるものです。メラニン色素は黒い色で、毛髪の中に量が多ければ黒くなり、すくなるにつれて褐色、茶色になります。髪...

大切な時間・労力・お金を費やすことはできない。寄せ集め育毛とは、インターネットで「毛にいい」情報を集め、お金を使い毛にいい商品を買い集めるお金を費やす自己流育毛。一つひとつは効果があるが、それを寄せ集めても育毛法としては効果は低い。例えば、ノコギリヤシ飲めば毛が生えるとか増えることはない。ノコギリヤシは「腎臓機能」が低下して、ともない毛が抜ける人には有効。五臓の腎には腎臓も含まれ、精を作るため重要...

体質や体調など条件が加わるが、後遺症もなく元に戻る人もいます。ダイエットの基本は、カロリーをおとしても栄養は落とさない。髪の成分の基本は、硬タンパク(ケラチン)栄養的には良質のタンパク質、大豆や納豆、とうふ等を積極的に食べることです。適量の肉や魚も食べる肉類が好きだから、肉類ばかり食べていれば、脂肪の摂りすぎになります。動物性脂肪の過剰な摂取は生活習慣病を引き起こす原因です。肉を食べてたら、その倍...

余裕がなく緊張が続いている状態が続くことで毛にも大きな影響がでてきます。若い女性の間にもストレスによって自律神経が緊張します。血行や栄養の循環が悪くなり、薄毛や細毛や抜け毛や脱毛症につながります。呼吸が浅くなり、毛など末端の酸素供給量が少なくなるためです。頭皮が緊張して硬くなり、皮脂の分泌量が多くなります。胃腸や免疫系統、神経系に影響が出て、毛にも影響してきます。ストレスに強い身体にすることが育毛...

別々のホルモンの作用を受けています発毛に影響を及ぼすホルモンに、アンドロゲンという男性ホルモンとエストロゲンという女性ホルモンがあります。  男性ホルモンのアンドロゲンという物質は、側頭部の発毛に影響を与えています。ほかに、ヒゲやわき毛、胸毛などもこの男性ホルモンの影響を受けています。女性ホルモンのエストロゲンは、頭頂部に丸く広く作用しているのです。両方のホルモンのアンドロゲンの分泌が過剰になると...