ほとんどの人は頭頂部の薄毛と同じように育毛剤をつけているこれでは老化の進行速度に負けている

スポンサードリンク

薄毛・脱毛症は部位により原因やホルモン支配が違う

進行度により、育毛剤を替えたほうが効果的。

 

ひたいの部位はホルモンの作用が少し違う、
ただつけるだけではダメ。

 

2種類の育毛剤を、
脱毛部位や進行度により使い分けて手当を組み立てます。

 

レストルスカルプケア頭皮エッセンスは、
M型、ある程度進行した部位への育毛剤として使います

スカルプケア頭皮エッセンス(育毛剤)の使い方

M型、ひたいの後退

M型、ひたいの後退レストルスカルプケア頭皮エッセンス(高機能性育毛剤)の2度づけ。

 

または、レストル育毛エッセンスを頭皮全体につけて、
ひたいの部位には、
レストルスカルプケア頭皮エッセンスを重ね塗りをする。

男性型脱毛症初期の進行度

O型脱毛症、頭頂部

前額部から頭頂部ルナレストル育毛エッセンス(高濃縮育毛剤)の塗布。

 

初期のうちは、ルナレストル育毛エッセンス(高濃縮育毛剤)。

 

進行している場合は、スカルプケア頭皮エッセンス(高機能性育毛剤)。
または、両方を重ね塗りをする。

 

混在している場合

全体に育毛エッセンス(高濃縮育毛剤)を浸透させて、進行部位に、
レストルスカルプケア頭皮エッセンス(高機能性育毛剤)を重ね塗りします。

 

男性型脱毛症にはこれを推奨します。

ルナレストル育毛エッセンス(高濃縮育毛剤)の塗布

進行した部位、ひたいの後退、M型脱毛の部位に
レストルスカルプケア頭皮エッセンスを重ね塗りする。

 

ひたいの生え際から1cmくらい下からつけて伸ばし、
頭皮マッサージ、もう一度浸透させます。

 

広い範囲で使う育毛剤=ルナレストル育毛エッセンス(高濃縮育毛剤)
進行した部位、M型脱毛、ひたいの後退部位=レストルスカルプケア頭皮エッセンス(高機能性育毛剤)

 

M型の男性型脱毛症、女性のひたいからの薄毛

男性型脱毛症は男性ホルモンの影響でおこる老化タイプの薄毛です。
女性のひたいからの薄毛は「気血の滞り」によるものが多く。

 

男性でもひたいからのびまん的に薄くなっていくタイプは、
この「気血の滞り」を改善する手当を組み立てる。

 

ひたいの薄毛の改善は頭頂部位の3倍は時間と労力がかかります。

 

育毛剤の慣れを防ぐ

夜はレストルスカルプケア頭皮エッセンス(高機能性育毛剤)の塗布
朝はルナレストル育毛エッセンス(高濃縮育毛剤)の塗布

 

1本の育毛剤をいろいろな症状や進行度の薄毛に使うのでなく、
複数の育毛剤を組み合わせて使うことで
相乗効果を上げていく育毛手当が改善率は高いのです。

 

薄毛・抜け毛の頭皮で効果を試した
「100%実践から生まれた育毛剤」です。

商品名: スカルプケア頭皮エッセンス(高機能性育毛剤)

スカルプケア頭皮エッセンス(高機能性育毛剤)

水、エタノール、BG、グリセリン、ヒアルロン酸Na、加水分解酵母、ボタンエキス、ヒキオコシエキス、フユボダイジュ花エキス、カッコンエキス、オタネニンジンエキス、グリチルチン酸2K、ヒノキチオール、センブリエキス、アロエベラエキス−1、クロレラエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、メチルパラベン、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツエキス


育毛百科相互リンクサイト

キッチン家電広場〜お洒落な調理家電たち〜
輸入家電・デザイン家電を中心とした、お洒落で機能的なキッチン・調理家電を紹介しています

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

レストルスカルプケア頭皮エッセンス(育毛剤)の効果的な使い方関連ページ

レストルスカルプケア頭皮ローションについて
本物で数多くの薄毛の第三者の頭皮で効き目を調査したスカルプケアシリーズ。最も頭皮に異常が見られる人に特化した製品群。頭皮に炎症を発生させているとか角化している局面で頭皮料=セリピットと併せて使うやり方で、頭皮の回復、頭皮を改善するのに相互作用を発揮している。
ルナレストルセリピッド=頭皮料とは
弱まりおとろえた頭皮を防御し、頭皮の環境を改善する。頭髪が薄れていくのは、2つ以上の原因が絡みあった状態に起因する頭皮の衰えです。
ルナレストルセリピッドXとは
薄毛、脂漏性の頭皮として、皮脂の多い男性型脱毛症や女性の男性化された薄毛、脂漏性の頭皮に使用し、皮脂を少な目に調整する機能をプラスしたセリピッド。皮脂を減らしていく頭皮料。皮脂の除去、毛穴の目詰まり、弱りおとろえた頭皮と毛穴の育毛条件を活発化プロ級アイテム。
育毛の失敗から成功させる
ホルモン・抜毛・発毛・皮脂対策で失敗を繰り返す。毛髪は抜けつつも薄くなっていき、薄い部位を見たら発毛したら多くなったように見られますが、抜け毛は結果であり薄毛の原因でなく、発毛しているというのに薄くなっている原因・ウイークポイントを明確にすることが最優先。
育毛剤の効果が効く条件
頭皮が健やかで、キープされているというのが必須条件。育毛剤の究極の泣き所は頭皮を保護したり回復する作用が持ってないこと「これだけを使っていると」といった魔法の育毛剤というものはないです。その方に合う育毛法を組んで、原因・ウイークポイントを一個一個改良していく方が効果がある。
育毛剤の効果を引き出す正しい使い方
育毛剤は正しい手順とやり方で使用することが重要。手順ややり方を維持すると、ただ栄養成分を頭皮に擦り込むだけに限らず、毛母細胞まで確実に届かせることが可能となります。毛穴の奥深い所に有効成分を留まらせるので育毛の効果を多くの時間維持させることだって可能です。