親族や兄弟に薄毛がいない自分がと相談を受けます

スポンサードリンク

皮脂分泌をコントロールするには

皮膚の保湿、保水効果を高める役目に、
スカルプケア頭皮ローションをつけて、
ルナレストルセリピッドXをつけると
皮膚への栄養補給効果や皮膚炎の予防、
炎症抑制効果もあります。

 

薄毛や抜け毛の人の根本にある皮脂腺は非常に肥大しています。

 

薄毛や抜け毛の原因は、皮脂に含まれている酵素が、
5α-リダクターゼという酵素は、
筋肉、肝臓、前立腺など体中に存在しているものです。

 

皮脂腺や毛乳頭にも存在することが問題です。
皮脂が出すぎると抜け毛が増えるという説もあります。

 

5α-リダクターゼ酵素が増殖すると考えられます。

 

5α-リダクターゼ酵素が男性ホルモンに働きかけると
抜け毛や薄毛が加速する引き金が体内で起こります。

 

男性ホルモンは、
5α-リダクターゼと出会うとパワーアップして
強力な男性ホルモンになってしまいます。

 

薄毛や抜け毛の問題酵素

この変化によって、新しい髪を生まれにくくまさに
薄毛や抜け毛の問題酵素です。

 

皮脂腺の活性化で、5α-リダクターゼ酵素が増加し、
強力男性ホルモンが誕生します。

 

きっかけは、皮脂腺の活性化の原因

食生活によっても皮脂の分泌は関わってきます。
油っぽいものも皮脂腺に対しても活発に働きます。

 

高脂肪食の摂りすぎ、
血液中に脂質が多く流れていればいるほど
皮脂腺に取り込まれやすくなります。

 

甘いものの摂りすぎも同様

血液中にあまっている糖も皮脂腺で、
皮脂に変化すの可能性もあります。

 

高脂肪食、糖分の摂りすぎが抜け毛の原因になります。

 

現代の生活は、
薄毛や抜け毛に拍車をかけて男性ホルモンの
暴走(髪の毛の細胞分裂がスピードダウン)を
招きやすいので注意。

男性ホルモンの髪の毛の関係

男性ホルモンを強力にしてしまう
酵素の働きがあるということです。

 

側頭部の抜け毛は、甲状腺障害が考えられ
新陳代謝の低下で抜け毛が増えるのはヨード不足。

 

男性型脱毛症で見られる。頭皮の硬化、
頭皮の低温化、毛細血管の血流不足は
相乗作用にとって脱毛の進行を早めています。

 

毛根には多くの末梢血管がつながっていますが、
薄毛や抜け毛の原因の最も大きなものに、
この血管の血流障害があります。

 

髪の毛は血から作られています。
毛根部の血流循環を促進することは育毛に欠かせません。

 

親族や兄弟には、
薄毛がいないのに自分がと相談を受けます。

後天的な要因でハゲ体質になったということ

後天的な要因は、内因と外因に分けられ、
内因とは、栄養が毛根に届かないために
毛根の働きそのものが弱くなっているケースです。

 

食物の栄養バランスが悪い場合、
消化器官、循環器官が悪い場合。

 

何らかの原因で首・頭の血管が圧迫されて
頭皮に血流が流れにくくなって、
毛根の栄養障害が薄毛や抜け毛の原因となります。

 

外因とは、粗悪なシャンプー・リンス・トリートメント・整髪料を
使用している人。

 

染毛・脱色・パーマなどで強い薬品をたびたび
頭皮につける人など、主に外部的要素を起因とするもの。

 

頭皮の炎症や血流障害の原因となり、
毛根の活動抑制につながります。

 

本人はあらゆる育毛手当をしているつもりでも、
本音を言えば寄せ集めのバラバラの
育毛手当にしかすぎなく手当法で
改善するということを認識してください。

 

系統だった育毛手当を根気よく続けることです。

 

ハゲやすい体質

心がけ、手入れで進行を遅らせることができます。

 

食生活が不規則でストレスを
過多に感じる人も薄毛や抜け毛になりやすいです。

 

自己流で適切なヘアケアがなされず
進行を早める人もいます。

 

薄毛や抜け毛に欠かせないのは、
肝心の髪の毛についての正しい知識。

 

高価な発毛剤や育毛剤を使ってもお金の無駄。
ハゲは治らない、元に戻らないのか。

 

髪の毛一本一本が生えては抜け落ち、
再び生える事を繰りかえします。

 

髪の毛にいい、
ハゲになりにくい特定の食べ物はありません。

髪の成分は硬タンパク質が基本

良質のタンパク質、肉、魚、大豆製品を
バランスよく摂取してください。

 

皮膚と同じタンパク質で出来ているといっても、
髪の毛のタンパク質と皮膚のタンパク質は、
少し性質が異なります。

 

ケラチンは硬いタンパク質の一種です。
その中でも硬ケラチンと軟ケラチンに分かれます。

 

髪の毛や爪などは硬ケラチンから
出来ているため硬く、皮膚の表皮角質層は
軟ケラチンから出来ているため比較的軟らかいのです。

 

髪の毛の硬ケラチンもタンパク質であるため、
熱による変性やアルカリに弱い性質は共通しています。

 

薄毛や抜け毛関して

男性ホルモンと毛髪との間には、細胞レベルの関係です。
男性ホルモンの量の多少によってハゲるか否かが決まりません。

 

髪の毛は人の身体の中で、最も成長の早い組織です。
1ヶ月で約1センチも伸びる組織は他にありません。

 

髪の毛の作られる毛根では、
ものすごい勢いでタンパク質が作られています。

 

髪の毛のタンパク質ケラチンは、
他のタンパク質同様アミノ酸で出来ています。

 

約11〜16%の水分が含まれています。
外界の湿度にも敏感です。

 

湿度が高ければ空気中の水分を吸収して、
膨張、伸縮し湿度が低くなると乾燥して収縮します。

育毛百科相互リンクサイト

前立腺研究室
前立腺肥大症など 前立腺の病気を紹介しています

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク