肌の老化の原因の8割が紫外線による光老化。

スポンサードリンク

シミ・シワ・たるみ

肌は細胞から成り立っています。
紫外線を浴びると活性酸素が発生し、
細胞内にある遺伝子を傷つけます。

 

細胞は生まれ変わります。
遺伝子が傷つくと健やかな細胞を作ることが出来ません。

 

肌を支えるコラーゲン線維やエラスチン線維も
弱まってしまい、結果としてシワやたるみが進行します。

 

紫外線によって細胞が傷つくのを防ぐために、
シミの元のメラニンが作られます。

 

メラニンの働き

細胞を守る生体防御反応です。

 

紫外線を感知する表皮の下部、基底層にある
メラノサイトがメラニンをたくさん作り出し、
肌の表面に押し出します。

 

紫外線によるダメージを防ぎます。

 

年齢を重ねるた肌はターンオーバーのリズムが崩れます。
メラニンがスムーズに排出されずにシミになります。

 

女性の肌は、女性ホルモン・エストロゲンの
減少によって、コラーゲンが減少します。
ハリがおとろえた肌に紫外線は追い打ちをかけます。

 

紫外線によって真皮のコラーゲンやエストロゲンや
エラスチンなどの弾力のある組織が変形します。

 

シワやたるみがますます進行します。
女性ホルモンによって保たれていた
細胞のリズムが崩れます。

 

紫外線を防御する生体の働きが
うまく機能しなくなっています。
そこに紫外線を浴びると、
肌が本来持っている防御反応が働きません。

 

よりひどいダメージを受けることになります。

 

紫外線から肌を守るためには、
年間を通してUVカットを意識した化粧品を使うだけでなく、
洗顔・保湿などの日常のスキンケアも大事です。

皮膚に有害な紫外線

紫外線は、表皮細胞に強く作用し、
メラノサイトを活性化させる物質を出させます。

 

メラノサイトの活動が活発になり、
しみのもととなるメラニン色素がたくさんつくられます。
メラニン色素には、皮膚の細胞を紫外線から守る働きがあります。

 

大量の紫外線が皮膚に当たると
たくさんのメラニン色素がつくられ、
肌が黒くなり「日焼け」して黒くなる原因です。

 

若い頃はしみはできにくいものです。
表皮の細胞の新陳代謝が活発なためです。

 

表皮は45日周期で、新しい細胞に入れかわり、
メラニン色素を含んだ細胞は「あか」としてはがれ落ちます。

 

30歳すぎることになると新陳代謝が低下して
、メラニン色素を含む細胞が
そのまま皮膚にとどまり「しみ」になります。

 

大量の紫外線を浴び、新陳代謝が
追いつかないほどメラニン色素がつくられた場合も、
メラニン色素がしみとして皮膚に残ってしまいます。

 

紫外線を浴びることは、
しみの元をつくり出す「肌の老化」につながります。

しみの元

毎日の生活で少しずつつくられています。
皮膚の一番深い部分「真皮」には、
皮膚の張りや弾力を保つ役割です。

 

波長の長い紫外線を浴びると、
真皮の組織が異常を起こします。
一度傷つけられた真皮はなかなか元に戻りません。

 

最初は小さなしわでも、放っておくと、
どんどん皮膚の弾力性がなくなって深くなり
「大しわ」として固定されてしまいます。

 

紫外線から肌を守ることで、
少しでもその進行を遅らせることはできます。
十分に保湿し、肌に潤いを与えるようにしましょう。

 

メラノサイトとは

健康な真皮、コラーゲンとエラスキンという
2つの線維が規則的に絡み合い、
その間にあるヒアルロン酸という成分が水分を蓄えています。

 

表皮の一番下にある細胞、メラニン色素をつくります。
紫外線が表皮細胞のDNAを壊すと、
皮膚がんなどの原因になります。

 

メラニン色素で表皮細胞の核を守り、ガンを防ぐと共に、
紫外線を吸収して、真皮を守る役割です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

紫外線から肌を守る食べ物関連ページ

アロエメモ
アロエには欠損された表皮をきれいにする働きや、肉芽を増殖する機能、炎症を抑える働き、水分を皮膚に締め付けておく保湿作用などが挙げられます。ひび、あかぎれの症状に効果を発揮します。アロエが含有されたクリーム、重症の時ならアロエ入りの軟膏が効果的です。
皮膚を改善するコラーゲンやヒアルロン酸を生成
お肌のベースとなる真皮は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、こちらを生み出す繊維芽細胞で作り上げられています。たるみがない肌は、この4つが良いバランスで確立しているわけです。
アロエベラは肌を美しくする効果がすごい
アロエベラには、紫外線の光老化から皮膚を防御する働き、肌の潤いをキープする働き、肌のハリと弾力を保持する働き、コラーゲンの合成を促す働きがあると評判です。健康の視点から、便秘の解消、免疫力をアップする効果、抗酸化効果などが挙げられます。肌にダイレクトに働きかけ、インサイドアウトサイドから美肌効果を発揮してくれるレアな薬草。
ダイエット補助食品
栄養が欠乏すると肌荒れを招いたり、体調不良となるなど、色々な症状が現れます。新陳代謝がダウンして痩せにくい身体に変わったり、リバウンドしがちな身体に…ダイエット補助食品を選ぶとしたら、ビタミン・ミネラルなど美肌や健康に効く栄養分を配合しているのを買うようにした方が良いでしょう。
洗顔の正しいやり方
あまり乾燥が重度でないであれば、Tゾーンなど脂っぽい部分を中心として軽く泡をのせるくらいに洗い、酸化された皮脂や夜間に注ぎ込んだ化粧品の油分のみを洗い落とすことが望ましいです。夜間にバリア機能が正常に戻ることから、朝に洗顔をし過ぎて、どうにか回復したバリア機能をふたたび低くしてしまうことがないようにしましょう。