乾燥、シミ、小じわ、くすみの原因となる紫外線。

スポンサードリンク

洗顔で大切ことは密度の高い泡を充分に立てる

泡の密度が高いほど肌の汚れを
つかみ泡の表面積は細かければ細かいほど、
多ければ多いほど毛穴の中でもキレイに洗えます。

 

汚れが詰まりやすい顔の凹部は念入りに洗い、
逆に乾燥する目の周りは泡が
フワッとするくらいで充分で、
洗顔後の干からびからび感がなくなります。

 

泡をつぶざず、肌を包んでふんわりと包み込むように。

 

紫外線対策、潤いを蓄て、肌のバリア機能を整える

紫外線のダメージから守るには、肌への貯水。
潤いが充ちていないと、紫外線や雑菌の侵入を防ぐ
肌本来のバリア機能もスムーズに働きません。

 

潤い不足の肌は、
肌をさまざまな刺激から守るバリア機能が弱まり、
紫外線によるダメージを受けやすくなります。

 

潤いに充ちた肌は、
バリア機能がスムーズに働き、肌の抵抗力がアップ。
紫外線によるダメージを受けにくい、
健やかな肌細胞をはぐくみます。

 

乾燥した空気は、ちりめんじわを作り、
放っておくと深いしわにもなりまねません。
しっかり保湿を行なってください。

 

冬の乾燥した季節だけでなく、
夏のエアコンでも空気は乾燥します。
保湿ケアをしていても、
乾燥した環境に長くいることは肌に良くありません。

 

こまめに空気を入れ替えたりして
室内が乾燥しすぎないように気をつけましょう。

スクラブ洗顔(肌を優しくこする)

肌の細胞は、毎日生まれては死んでいきます。
ひげを剃る男性は、
自然と古い細胞がはがれ落ちます。

 

女性はケアウォッシュで、スクラブ洗顔をして、
細胞の生まれ変わりを助けることが必要。
ケアウオッシュは、洗い落ちがよく、残留が少なく、
肌の表面の古い細胞をマイルドに取り除きます。

 

25歳はお肌の曲がり角

歳を増すにつれて、新陳代謝は衰え、
血行が不良になり、
新鮮な細胞が生まれることが滞ります。
古い細胞はなかなかはがれ落ちにくくなり、
そのため、肌がくすんできます。

 

規則正しくスクラブ洗顔して、古い細胞を取り去り、
新しい肌が生まれるのを助けると肌がいつまでも健康です。

 

脂性肌のTゾーンは脂っぽく、
鼻の毛穴の汚れも気になります。

 

スクラブ洗顔で、毛穴の奥に入り込んだ
汚れをキレイに取ると、
洗顔した後もサッパリするようになります。

 

小鼻の周りはていねいにマッサージしてください。
ぬるま湯の流水でよく洗い流し、
クリームで保湿・保護してください。

 

肌がさっぱり軽くなり、ツルツル肌になります。
洗顔の役目は汚れを落とすだけではありません。

 

洗顔には、
肌に補給するというたいせつな役目があります。

水と使分ける

水には肌の細胞に水分を与え、
活性化させる働きがあります。
お湯には余分な皮脂やメイクアップ剤の
油分・脂性の汚れを浮き上がらせ、取り除く働きがあります。

 

肌に付着している汚れを取り除くためお湯を使い、
仕上げは水分補給のため水を
たっぷり与えるという、
水とお湯の上手な使い方で洗顔を行なうための重要なポイント。

 

化粧をしなくても肌には
余分な皮脂や大気中のほこりで汚れており、
半日もするとかなりの水不足状態になります。

 

水を吸収しやすくするためには、
お湯と洗顔剤で汚れを取り除くことが大切です。

 

顔や首筋の肌は、
毎日強い日差しや風にさらされています。
乾燥しやすく、冷暖房による影響もあります。

 

シワなどは肌の老化現象の現れで、
肌の乾燥がシワをつくる元凶にもなります。

 

つややかで若々しい肌をいつも保つのに有効なのは、
朝起きぬけにコップ一杯のミネラルウオーターを
ゆっくりのどを転がすように飲むんでください。

身体の大半は水分

朝起きたときの身体は水分をほしがっています。
腎臓の働きを助け、ダイエット効果もあります。

 

毎朝、お湯を飲むだけでお通じがよくなり、
確かに身体に良いということは証明されています。

 

朝から積極的に水を飲み、
忙しくても健康でスリムな身体作りをしましょう。
身体は眠っている間、酸素の供給能力が衰えて、
朝起きぬけは酸欠状態です。

 

水を飲むと酸素を渇望しているからだの細胞にしみ渡ります。
エネルギー補給活動のきっかけになり、
朝の水には水分を保留する働きがあります。

 

肌に回す余裕の水を確保することができます。
水分を吸収したことで腸が暖まり、活発になり便通が良くなり、
毒素を体内に溜める便秘は肌の大敵です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

洗顔の正しいやり方関連ページ

アロエメモ
アロエには欠損された表皮をきれいにする働きや、肉芽を増殖する機能、炎症を抑える働き、水分を皮膚に締め付けておく保湿作用などが挙げられます。ひび、あかぎれの症状に効果を発揮します。アロエが含有されたクリーム、重症の時ならアロエ入りの軟膏が効果的です。
皮膚を改善するコラーゲンやヒアルロン酸を生成
お肌のベースとなる真皮は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、こちらを生み出す繊維芽細胞で作り上げられています。たるみがない肌は、この4つが良いバランスで確立しているわけです。
アロエベラは肌を美しくする効果がすごい
アロエベラには、紫外線の光老化から皮膚を防御する働き、肌の潤いをキープする働き、肌のハリと弾力を保持する働き、コラーゲンの合成を促す働きがあると評判です。健康の視点から、便秘の解消、免疫力をアップする効果、抗酸化効果などが挙げられます。肌にダイレクトに働きかけ、インサイドアウトサイドから美肌効果を発揮してくれるレアな薬草。
ダイエット補助食品
栄養が欠乏すると肌荒れを招いたり、体調不良となるなど、色々な症状が現れます。新陳代謝がダウンして痩せにくい身体に変わったり、リバウンドしがちな身体に…ダイエット補助食品を選ぶとしたら、ビタミン・ミネラルなど美肌や健康に効く栄養分を配合しているのを買うようにした方が良いでしょう。
紫外線から肌を守る食べ物
美肌効果がある食べ物は、トマトやニンジン、スイカ、パパイヤなど赤色の果物、野菜に含まれるリコピンは紫外線を浴びた後に起こる赤い日焼け(紅斑)に効果的。リコピンは紫外線よる肌表面に起こる活性酸素を除去し、美白効果もあります。野菜に含まれるβカロチンは日焼けした肌ダメージを抑制し、オレンジやシトロン系の果物に含まれるフラボノイドは紫外線から肌を防御します。