アロエベラが肌の保湿力に優れている。

スポンサードリンク

老化は皮膚にはっきりと現れる

肌がカサカサしていたり、
みずみずしさが無くなった場合、
皮膚細胞の水分不足です。

 

皮膚の角質化を防ぐには、
水分の補給は絶対に欠かせません。
水分をたっぷりと補給しながら、
細胞の異常な乾燥を抑えます。

 

保湿力に優れているのがアロエベラです。
アロエベラは、皮膚細胞に水分を与えると同時に、
水分の放出を防いでくれます。

 

アロエベラが肌の保湿力に優れているのは、
水分減少によって結合力を増した細胞に作用します。
その結合力をゆるめる働きもあわせ持っています。

 

ビタミンAやクエン酸、
乳酸に似たリンゴ酸やビタミンCをたっぷり持っています。
だから、保湿性も高く、肌もなめらかになります。

 

皮膚の老化は水分だけの問題ではありません。
皮膚細胞に含まれる
可溶性コラーゲンにも大きく影響されるからです。

 

老化が進行すると肌のはりや弾力性の
基礎となる可溶性コラーゲンも減少します。
そのような相関関係があります。

 

アロエベラを皮膚に浸透

可溶性コラーゲンの量の目安の一つ、
ハイドロキシプロリンの量が増加していることが確認されています。

 

可溶性コラーゲンが増えていたのです。

 

アロエベラに含まれるリンゴ酸。
酒石酸がなせるワザと考えられています。

アロエベラの葉肉に含まれる成分ルチン

皮膚の水分と油分のバランス調整する効果があります。
保水力に優れ、こわばった肌をほぐします。

 

柔軟性を与え女性の基礎化粧水として用います。
肌に塗ると薬効成分が働き、
日焼けなど肌荒れの防止に大変役立ちます。

 

アロエの殺菌・消炎効果が湿疹に効く

アロエに含まれているアロエ・マンナン、
アロチン成分に殺菌・消炎作用があります。
皮膚や細胞組織を外界から守ります。

 

一般に湿疹治療で心配されている新薬や
放射線の副作用や刺激がない利点もあります。
アロエの消炎と収れん作用は、
血の循環を良くしたり、アロエチンがかゆみや痛みを抑えます。

 

アロエに含まれているアロエチンには細菌を殺して繁殖を抑え、
かゆみや痛みを緩和させる働きがあります。

 

組織の再生を促すアロエウルシン成分は、
組織の欠損部位を下から盛り上げようとします。
傷跡もほとんど残りません。

 

このように傷にも美容にも効果のあるアロエですが、
人によっては体質に合わない場合もあります。
顔や患部に塗る前にパッチテストをしてから使用するといいでしょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

アロエベラは肌を美しくする効果がすごい関連ページ

アロエメモ
アロエには欠損された表皮をきれいにする働きや、肉芽を増殖する機能、炎症を抑える働き、水分を皮膚に締め付けておく保湿作用などが挙げられます。ひび、あかぎれの症状に効果を発揮します。アロエが含有されたクリーム、重症の時ならアロエ入りの軟膏が効果的です。
皮膚を改善するコラーゲンやヒアルロン酸を生成
お肌のベースとなる真皮は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、こちらを生み出す繊維芽細胞で作り上げられています。たるみがない肌は、この4つが良いバランスで確立しているわけです。
ダイエット補助食品
栄養が欠乏すると肌荒れを招いたり、体調不良となるなど、色々な症状が現れます。新陳代謝がダウンして痩せにくい身体に変わったり、リバウンドしがちな身体に…ダイエット補助食品を選ぶとしたら、ビタミン・ミネラルなど美肌や健康に効く栄養分を配合しているのを買うようにした方が良いでしょう。
洗顔の正しいやり方
あまり乾燥が重度でないであれば、Tゾーンなど脂っぽい部分を中心として軽く泡をのせるくらいに洗い、酸化された皮脂や夜間に注ぎ込んだ化粧品の油分のみを洗い落とすことが望ましいです。夜間にバリア機能が正常に戻ることから、朝に洗顔をし過ぎて、どうにか回復したバリア機能をふたたび低くしてしまうことがないようにしましょう。
紫外線から肌を守る食べ物
美肌効果がある食べ物は、トマトやニンジン、スイカ、パパイヤなど赤色の果物、野菜に含まれるリコピンは紫外線を浴びた後に起こる赤い日焼け(紅斑)に効果的。リコピンは紫外線よる肌表面に起こる活性酸素を除去し、美白効果もあります。野菜に含まれるβカロチンは日焼けした肌ダメージを抑制し、オレンジやシトロン系の果物に含まれるフラボノイドは紫外線から肌を防御します。