男性ホルモンのテストステロンを抑制する働き。

スポンサードリンク

アロエの肌に潤いを与える保水効果

肌を引き締める収れん効果の両方。
常に肌を正常な状態にコントロールしてくれます。

 

乾燥肌、脂性肌の人にも合います。

 

アロエには、皮ふの老化を防ぐ
コラ-ゲン生合成を高める働きがあります。
長く使っている人の肌は
年齢よりはずっと若い肌が保てます。

 

にきびや吹き出物

にきびや吹き出物が出やすいのは、
皮脂分の多い脂性肌の人です。

 

アロエは余分な皮脂の分泌を抑えて、
正常な肌に戻す働きをしてくれます。

 

アロエは、細胞の増殖をうながし、
肌を再生・修復する力が強いので、
にきび後もキレイに治ります。

 

日焼けやはアロエの紫外線防止作用や
抗炎症作用で防ぐことができます。

 

湿疹のかゆみ

湿疹のかゆみの元になるのは、
ヒスタミンという起炎物質です。

 

アロエの成分には、
ヒスタミンの分泌を抑制する働きがあります。

 

アロエの多糖体の保湿作用も
皮ふのかゆみを止めるのに役立ちます。

 

湿疹をかきこわして炎症を起こしたり、
傷になったりした皮ふの修復にもアロエは有効に働くわけです。

虫刺されややけど

アロエが虫刺されややけどに効くのは、
細胞増殖作用が患部の治りを早めます。

 

痛みを抑える成分との相乗効果によるものです。

 

虫歯予防には

アロエに含まれるバルバロインが
持つ制菌作用によるものと考えられます。
ストレス性胃炎は、胃酸過多によるものです。

 

アロエ成分のアロエニンなどが
胃酸の分泌を抑えるので胃腸の調子をととのえます。

 

頭皮の細胞が活性化

アロエの成分が浸透して頭皮の細胞が活性化すると、
新陳代謝が促進されます。

 

アロエ成分に、毛根の脂や男性ホルモンの
テストステロンを抑制する働きもあります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク

アロエメモ関連ページ

皮膚を改善するコラーゲンやヒアルロン酸を生成
お肌のベースとなる真皮は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、こちらを生み出す繊維芽細胞で作り上げられています。たるみがない肌は、この4つが良いバランスで確立しているわけです。
アロエベラは肌を美しくする効果がすごい
アロエベラには、紫外線の光老化から皮膚を防御する働き、肌の潤いをキープする働き、肌のハリと弾力を保持する働き、コラーゲンの合成を促す働きがあると評判です。健康の視点から、便秘の解消、免疫力をアップする効果、抗酸化効果などが挙げられます。肌にダイレクトに働きかけ、インサイドアウトサイドから美肌効果を発揮してくれるレアな薬草。
ダイエット補助食品
栄養が欠乏すると肌荒れを招いたり、体調不良となるなど、色々な症状が現れます。新陳代謝がダウンして痩せにくい身体に変わったり、リバウンドしがちな身体に…ダイエット補助食品を選ぶとしたら、ビタミン・ミネラルなど美肌や健康に効く栄養分を配合しているのを買うようにした方が良いでしょう。
洗顔の正しいやり方
あまり乾燥が重度でないであれば、Tゾーンなど脂っぽい部分を中心として軽く泡をのせるくらいに洗い、酸化された皮脂や夜間に注ぎ込んだ化粧品の油分のみを洗い落とすことが望ましいです。夜間にバリア機能が正常に戻ることから、朝に洗顔をし過ぎて、どうにか回復したバリア機能をふたたび低くしてしまうことがないようにしましょう。
紫外線から肌を守る食べ物
美肌効果がある食べ物は、トマトやニンジン、スイカ、パパイヤなど赤色の果物、野菜に含まれるリコピンは紫外線を浴びた後に起こる赤い日焼け(紅斑)に効果的。リコピンは紫外線よる肌表面に起こる活性酸素を除去し、美白効果もあります。野菜に含まれるβカロチンは日焼けした肌ダメージを抑制し、オレンジやシトロン系の果物に含まれるフラボノイドは紫外線から肌を防御します。