育毛遺伝因子

育毛遺伝因子

スポンサードリンク

強い方の因子を優性遺伝因子

優性遺伝因子
弱くて特性が隠れているものを劣性遺伝因子。

 

例えば、2個ともハゲる因子を持った父親と、1個だけハゲの因子を持った母親から
生まれた男の子の場合は、残念ながら、将来100パーセントハゲることになります。

 

父親の遺伝因子が2個ともハゲる要素を持っている場合は、
母親の遺伝因子に左右されないからです。

 

母親から2個ともハゲない因子を持っていたとしても、父親の方が両方ともハゲる因子を
持っているなら、男の子が生まれた場合、その子はまちがいなくハゲるということになるのです。

 

両親ともにハゲる因子を持っていれば、これはやっぱりハゲます。

 

ハゲる因子とハゲない因子をそれぞれ持っていると父親と母親から
生まれた男の子は、約7割ハゲるといわれます。

 

母親が、ハゲない因子を1対持っていても、父親が1個ハゲる因子を持っている場合は
生まれた男の子は、半分の人がハゲる可能性を持っていることになります。

 

遺伝だけが100パーセントハゲの原因になるわけではありません。
二人の兄弟がいて、兄がハゲているのに、弟はハゲないという例も珍しくありません。

 

遺伝を気にし過ぎて、精神的にストレスとなって、ハゲの遺伝因子を持っていないのも関わらず、
ハゲてしまうこともあるのです。

現代はストレス社会です皆さんストレスと闘っています

薄毛の原因はいろいろで、最低でも6つ以上の原因が複雑に絡み合って発症し進行しています。

 

また食事にしても健康にはなりますが毛が回復することはありません。
これを食べれば毛が生えるとか太くなるといった食べ物はないのです。

 

よくいわれる髪にいい食べ物とはある成分が不足して髪の生育に影響が出ているときには、
その成分を摂れば毛は回復します。

 

しかし、老化型の薄毛は食べ物では回復しません。

 

だからといって食べ物で体の中の育毛環境を整えることは、
育毛効果を高めたり早く効果を現すためには必要です。

 

育毛は、育毛剤の成分的な効果だけではだめなのです。
育毛を成功させるには、体質や症状に適した育毛法の組み立てと、それに適した使い方が必要です。

 

とくに育毛剤は、育毛剤が効く頭皮に改善してから使わないと効果はほとんどなく、
産毛は生えるがといった状態で終わります。育毛に早道や魔法の薬はありません。

脱毛症とは

脱毛症は、いわるる若ハゲといわれ、男性が大半です。

 

症状は、前頭部から後頭部にかけて脱毛したり、前頭部が後退していくのが特徴です。

 

早い場合は10代後半から脱毛が始まり、30代からは急激に増加します。
メカニズムは、何らかの原因で徐々に髪の成長が短くなり、長く伸びなくなります。

 

ヘアサイクル

 

そして細く短い髪の毛が脱毛していきます。

 

これはヘアサイクルが短くなっただけで、毛根の形は自然脱毛と同じ棍棒状です。

 

原因は、遺伝が大きな要因のひとつです。
頭髪は女性ホルモンが支配しているため、男性ホルモンの影響をうけて脱毛するといわれています。

 

対処としては頭皮を清潔にし、育毛剤などで血行を促進させて少しでも成長期を長くするとともに、
休止期からただちに成長期に移行させることが第一です。

ストレス対処法があります

ストレス対処法
一番いいのは、何といってもストレスがたまる前に解消することです。

 

好きなスポーツ観戦したり、市民体育館などに行って
汗を流すのもいいです。

 

別に何をするというわけでもなく、親しい友人とおしゃべりをして時間を
つぶすのも、それがストレス解消になれば、無駄ではありません。

 

自分が楽しめ、気分をさわやかにすることできるものなら、一番のストレス解消法。
もうひとつ大事なのは、ストレスの原因となるものを排除するということです。

 

自分ではあまり気づかないところにストレスの原因があることも多いので、注意。
たとえば、散らかしっぱなしの部屋ではけっこう探し物に時間が取られます。

 

これが以外にストレスになりやすく、つまらないことでも、
それがいくつも重なってくると、知らない間にストレスのかたまりのような状態になるもの。

 

もう一度、自分の周囲を見渡して不要なものがあれば切り捨てるほうがいいです。
物や空間ばかり目をうばわれずに、人間関係のなかにも必要がないものがあります。

 

それをすべて排除してしまえば、身も心も予想以上に軽くなれるはず。

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ