ルナレストル育毛シャンプーについて

ルナレストル育毛シャンプーについて

スポンサードリンク

ヘア用のシャンプー

  • リンス・トリートメントを使うと毛が細くなる
  • 界面活性剤が毛穴の内部へ浸透して育毛を阻害し毛の寿命を短くする
  • 毛質が悪くなり、こし、弾力、つやが悪くなる
  • 頭皮が角化したり、炎症を起こしヘアサイクルが狂ってくる
  • 細毛→薄毛→ハゲとだんだん進行してくる

 

女性は、カラー、パーマ、リンス、トリートメント、整髪料で悪化が進行しやすく治りにくくなります。
年齢とともに防護力や復元力を失って、界面活性剤の作用が強く影響します。

 

企業の製品開発目的は売って利益を上げるためで、
最初から多くの人が買いやすい価格帯の製品を開発しています。

 

価格帯が決められると使える原料費はすでに決まっており、予算内で使える成分しか配合できません。
効くが高価な成分は配合できないか、配合量が十分ではありません。

 

例 400mlが3,000円のシャンプー

価格から、販売店や卸問屋のマージンを引き、容器代や宣伝費、製造工賃を引くと、
原料費は価格の3〜7パーセントくらい、このシャンプーの原料費は90〜200円くらい。

 

100mlが100円以下の原料費で、弱った髪や頭皮にやさしいシャンプーを作れません。

安くていい商品はありますが、安くて効果の高い商品はない

安くて効果のある商品はありませんが、高いが効く商品はあります。

 

配合する成分や配合パーセントは、原料費で限定されるため、原料費が低い納得できる商品は、
高い原料・効果のある原料を効果がでる配合パーセントは配合できません。

 

安くて効果のある商品はできません

成分の効果は配合パーセントに比例し、成分の効果は価格に比例します。
良く効く成分は安価では入手できません。

 

その成分を確実に効果の出る量だけ配合すれば価格は高くなります。

 

自然界の成分は成長に年数や手間がかかり、大量生産できないため、
高くなり高いためあまり使えないため、価格は下がりません。

 

自然界の成分は産地や品質により、価格は10〜100倍以上も違ってきます。

ルナレストル育毛シャンプーは

効き目や皮膚への刺激を考えたら、高くても品質のいい物にこだわり効き目で使われています。

 

細胞が受け入れるのは、自分と同じような成分、細胞から抽出した成分が
いちばん理想的で副作用がありません。精製に高度な科学技術が必要となります。

 

細胞由来の成分は「金」よりも高いのです。

 

シャンプーの成分であるアミノ酸系洗浄成分も、いまは石油からつくられており、
長く使っていると「毛が細くなり、薄くなる」ことがわかってきました。

 

さとうきびやビートから精製されたアミノ酸系洗浄成分は、
石油系アミノ酸の10倍し、安い石油系洗浄成分の80倍以上もします。

 

ですから200円のシャンプーもあり13,000円のシャンプーもあるのです。
育毛シャンプーはさとうきびなど自然界の成分をシャンプーに使っています。

 

5,000円以下のシャンプーは、石油系由来の製品です。

 

弱っている頭皮や、薄毛が進行しているほどシャンプーやリンス・トリートメントの
界面活性剤による損傷は大きいことを知ってください。

皮膚炎について

毎日多くのお客様をシャンプーする理美容師は、シャンプー皮膚炎を起こすことが多いのです。

 

最初は指からはじまり、手のひら、腕とひろがり、リンパを伝わって身体の内部まで損傷を与えます。
ひどいときは、肝臓や内臓に障害がでたり、不妊などの例も伝えられています。

 

細胞活性が基本

細胞がおとろえが原因で起こる諸症状の改善には、
細胞の組成分で細胞活性をうながす目的で処方設計されています。

 

細胞にやさしくノンアレルギーを基本にした自然界の成分でつくられています。

 

何を使っても、だめだとあきらめていた、育毛成分でよくしたり、髪の表面だけを修復するのは
対処療法といい、根本的な改善が出来ないため症状が進行すると改善は困難です。

 

だから治らないとあきらめていた症状でも、ルナレストル育毛シャンプーは、
頭皮を回復させて生えてくる毛を太く寿命を長くしたり、毛質をよくしていきます。

 

いい土地「頭皮」からは、いい草木「毛髪」が生えるといようになります。

 

そのために頭皮回復を実践することです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ