ルナレストル育毛シャンプー法

ルナレストル育毛シャンプー法

スポンサードリンク

予洗い

予洗いでシャンプー前に髪と頭皮によくお湯をなじませることで、
水の皮膜をつくり、頭皮や毛穴への刺激を和らげて緊張を緩和するため育毛に有利です。

 

頭皮が弱っているほどていねいに。
ホコリなどの汚れを落し、シャンプー剤の泡立ちをよくする。

 

シャンプー剤は少な目が基本

髪の長さや頭皮の状態によるが、できるだけ少な目が基本。
手のひらでしっかりある程度泡立ててから髪に。

髪の毛へいきなりシャンプーをつけない

薄くなりやすい頭頂部にいきなりシャンプーをつけないで、
髪の多い部位からつけて、よく泡立てて、その泡を、髪の薄い部位に持ってきて洗う。

 

頭皮をマッサージするように

髪の中に指を入れて指腹で爪を立てないで指の腹で
頭皮をマッサージするようにして力を入れてしっかり洗う。

 

爪をたてたりこすりすぎると毛細血管を切断してしまったり、
炎症を助長することもあるので注意する。

 

さらにシャンプーブラシで

細かい部位はシャンプーブラシで軽くなでるように洗う。

 

前から頭頂部に、横と後ろは下から上にむかって整髪する要領で髪(毛穴)を逆なでする。
頭皮が弱っているときはしないこと。

すすぎ洗い

いままでの3倍のお湯を使うくらいよくすすぐ。
2回目のシャンプーの量が少なくてすみすすぎも簡単になる。

2回目のシャンプー

2回目のシャンプーは少なく、1回目の量よりさらに少なくして、
1回目と同じように髪の多い部位で泡立てる。

 

頭皮が弱っていたり、年齢が上の時は1回シャンプーだけでもいいです。

 

頭皮や毛穴を洗う意識を持つ

汚れはそんなにないはず。

 

汚れを落とすという目的より、頭皮や毛穴の緊張をゆるめ、マッサージする目的を持って洗う。
かならず指を髪の中に入れて頭皮をじかに洗うようにする。

すすぎ洗い

最後のすすぎ洗いは、指を髪の中に入れて、
シャワーの水流を頭皮に直角になるようにします。

 

頭皮や毛穴をすすぐ意識を持ってすすぎ洗いをする。

 

皮脂が多い場合は最後には冷たいお湯で、毛穴をしめます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ