常在菌が異常繁殖急増

常在菌が異常繁殖急増

スポンサードリンク

肌には常在菌といって、常に菌が存在しています

常在菌による脂漏性湿疹
頭皮や髪に臭いがある
皮脂が粘つく
頭皮が赤い
頭皮がてかる
かゆみがある
脂漏性湿疹
ストレスを感じている

 

私たちの肌には、病原菌の侵入や増殖を抑える役割を担っています。
人間にとって有用な細菌です。

 

一人一人が持っている常在菌はその菌の種類やバランスの違いが見られ、
その違いが肌質の違いをもたらしている一因です。

 

常在菌にも健康な素肌を作り出す善玉常在菌と肌トラブルの原因となる
悪玉常在菌があり、どちらも存在しています。

ふけ原因菌はカビの一種

ティツリーオイル配合頭皮料=セリピッド
ほとんどの人に存在する皮膚常在菌のひとつです。

 

皮脂の多い頭や顔、胸、背中などにたくさん存在し、
とくに皮脂分泌の盛んな思春期から30歳代に多くみられ、
また性別では女性より男性に多いのです。

 

健康な素肌をしている方は、善玉常在菌が活発に働き、
皮膚細胞の環境がたいへん整っていて、水分、
脂分の平衡が保たれ、悪玉常在菌の増殖を抑え、肌の健康を保ってくれています。

 

潤いがなくガザガザだったり、トラブルが生じている肌の場合、
その肌では善玉常在菌がうまく働いていないか、育ちにくい環境にあることが考えられます。

 

肌のトラブルを改善し、根本から健康な肌にしていくには
善玉常在菌をしっかり働かせていくことが大切です。

頭皮には皮脂腺が多い

頭皮には皮脂腺が多い
常在菌も多く生息しています。

 

正常皮脂により、頭皮の感染予防と湿潤状態維持が
うまく平衝が保たれています。

 

皮脂はこのように髪に潤いを与え、乾燥を防いでいますが、
分泌が多すぎると頭皮の損害をもたらします。

 

肌も頭皮も環境を整えて、善玉常在菌を活発に働かせる環境をつくっていけば、
肌も頭皮も本来の健康な肌を保つことは可能です。

 

整髪料について

一般のリンスやトリートメント・整髪料を使うほど毛は細くなり毛質は悪化します。

 

また頭皮に付着することで薄毛が進行したり、育毛しても効果がでないなど育毛を阻害します。
そして配合成分が毛穴の内部に浸透して損傷を与えるため白髪になりやすくなります。

 

地肌を隠すためやヘアスタイルを保つために整髪料を使う際は、
なるべく頭皮に付着しない使い方を覚えることが必要です。

育毛は頭皮を育てることです

ルナレストル育毛シャンプーは、育毛に効く成分を最優先に処方しています。
育毛シャンプー法と頭皮のマッサージ法を実践することです。

 

吹き出物ができる原因はいくつもあり、皮脂が原因でできることはすくなく、
それよりも体の中に原因があることが多く火山の噴火のように外に向かって排出するのです。

 

その状態を外から使うシャンプーや整髪料が、増悪させている例が多いのです。

 

吹き出物がありボリュームがなくなった、弱りおとろえる傾向にある頭皮からは、
毛は細くなり寿命も短い毛しか育ちません。

 

お知らせするの手当ては、その弱りおとろえた頭皮を回復させていく方法です。
頭皮が弱りおとろえているから細く寿命の短い毛しか育たないのです。

 

頭皮の機能を回復させることで、太く寿命の長い毛が育つようになります。
まず、頭皮の回復です。

 

次に毛をしっかりさせて、毛が太くなるので量的に充実した感じが増えてくる。
それから、やっと毛が増えてくるのです。毛は頭皮の一部で、頭皮は体の一部なのです。

 

体調や内臓機能の低下や障害に大きく影響されます。
だから手当ての変化の経過を見て、体の中からの手当をおすすめする方もいます。

 

どんな状態の頭皮でも育毛剤を使えば、毛が回復するということはありません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ