女性の薄毛・細毛は目立つようになって5人に1人というほど増加し続けているのです。

女性は男性と同じ育毛手当てではいけません

スポンサードリンク

頭皮の異常を改善しましょう

女性の悩み薄毛・抜け毛
女性の悩み薄毛・抜け毛は、頭皮を回復してからです。
薄毛や抜け毛は、育毛手当てで加速させて改善してゆきます。

 

界面活性剤が毛穴の内部へ浸透して育毛を阻害し、毛の寿命を短くします。
頭皮に異常がある場合は、育毛剤は効かないか、かぶれを引き起こすこともあります。

頭皮の異常とは

炎症、結節性、吹き出物、うっ血、脂漏性などです。

 

これらの悩みを解決するために、前処理(プレケア)を組み入れて、私たちは成果を上げています。シャンプーの前後に「プレ処理」を実施してください。

育毛剤が効く条件とは

弱ったり傷ついた頭皮を保護・補修をする作用は、育毛剤にはありません。
頭皮を回復させて使うことが絶対に効果を上げます。

 

育毛成分の浸透効果をよくするため、頭皮や毛穴の緊張が緩んだ状態か、頭皮温で毛穴が開いた状態で使うこと。
育毛剤は浸透速度が速いが、効果の持続時間は短いので、できるだけ持続時間を長くする使い方をする。

 

育毛剤には「慣れ」があり、続けて使うことで育毛効果は低くなってくる、傾向が強いので慣れを解消する育毛剤の使い方を指導します。

育毛剤効果を持続させる

生え際・額の進行
ひたいの後退はやっかい「元の生え際」から約1センチ下からたっぷりつけて。
ひたい、頭頂部をつけてから、もう、一度進行部位に2度づけします。

 

頭皮をゆっくり持ち上げるマッサージで、育毛剤の育毛成分を皮下吸収を促進させます。
頭皮を「わしずかみ」するようにして、頭皮を動かしてなマッサージをすることは大切です。強くこすったり、叩いたりしないでください。

毛穴の内部では、もっと進行しています

洗浄力の強いシャンプーで、毛穴の内部が荒れて抜け毛が多い頭皮が増えています。
合わせ鏡で頭頂部を見ると地肌が透けて見えて慌て、育毛剤を使用してもお金を捨てるようなものです。

 

毛穴の残留物を掃除して、頭皮を回復させて育毛の段階に移るほうが効果的、急速に毛は生えてきません。
育毛は、毛穴の中の進行度に合わせて育毛剤を使い育毛手当てを組み立てること。

 

回復が見られたら育毛剤を加えて育毛効果を加速させる2段階育毛法を実践。
抜け毛が多くなり、毛が細く、コシが無くなる、小さな兆候が現れると毛穴の中は、もっと進行している状態です。

 

側頭部の毛より頭頂部の毛が細く見えるなどの変化を見逃さない。弱った毛はウェーブがかかり、コシがなくなります。

 

生え際の後退は、頭頂部より3倍労力が必要です。毛には、境界線があるので、一定の境界線を越える前に本格的な育毛手当てを。

頭皮と毛穴異常を改善から始める

育毛剤が効く頭皮に回復させるには、頭皮と毛穴の緊張を緩和、炎症、うっ血、脂漏性の頭皮を、スカルプケア頭皮ローション・ルナレストルセリピッド=頭皮料を使い前処理を組み入れた育毛手当てをしてください。

 

薄毛や脱毛症の育毛手当は頭皮を休ませることも大切です。

皮脂の分泌異常

  1. 男性ホルモン
  2. 女性ホルモンの低下
  3. 気の滞り
  4. 五臓のバランス
  5. 洗いすぎ
  6. 食事

皮脂

常在菌による分解、分解物による刺激、炎症、湿疹化、結節性、吹き出物

気血水のバランス

血の滞り、うっ血、結節性(炎症できるはれもの)、吹き出物

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

女性は男性と同じ育毛手当てではいけません記事一覧

ハードな整髪料でできるだけ隠そうとします。整髪料には薄毛を促進する界面活性剤が配合されているため、整髪料を使うほど薄毛や抜け毛は早く進行させます。育毛サロンや髪にこだわりを持つ理美容室から「毛を細くしない整髪料」とか「薄毛の人でも安心して使える整髪料」の要望が多く、それに応えて開発されたのが、マトリックスローションです。薄毛や抜け毛を促進頭皮を弱らせる界面活性剤や、髪の中身を溶かして流失させるアル...

頭皮や髪に臭いがある皮脂が粘つく頭皮が赤い頭皮がてかるかゆみがある脂漏性湿疹ストレスを感じている私たちの肌には、病原菌の侵入や増殖を抑える役割を担っています。人間にとって有用な細菌です。一人一人が持っている常在菌はその菌の種類やバランスの違いが見られ、その違いが肌質の違いをもたらしている一因です。常在菌にも健康な素肌を作り出す善玉常在菌と肌トラブルの原因となる悪玉常在菌があり、どちらも存在していま...

リンス・トリートメントを使うと毛が細くなる界面活性剤が毛穴の内部へ浸透して育毛を阻害し毛の寿命を短くする毛質が悪くなり、こし、弾力、つやが悪くなる頭皮が角化したり、炎症を起こしヘアサイクルが狂ってくる細毛→薄毛→ハゲとだんだん進行してくる女性は、カラー、パーマ、リンス、トリートメント、整髪料で悪化が進行しやすく治りにくくなります。年齢とともに防護力や復元力を失って、界面活性剤の作用が強く影響します...

予洗いでシャンプー前に髪と頭皮によくお湯をなじませることで、水の皮膜をつくり、頭皮や毛穴への刺激を和らげて緊張を緩和するため育毛に有利です。頭皮が弱っているほどていねいに。ホコリなどの汚れを落し、シャンプー剤の泡立ちをよくする。シャンプー剤は少な目が基本髪の長さや頭皮の状態によるが、できるだけ少な目が基本。手のひらでしっかりある程度泡立ててから髪に。

スポンサードリンク

トップへ戻る