クレイビューテイUVフレッシュメークアップベース 日焼け止め下地クリーム

クレイビューテイUVフレッシュメークアップベース 日焼け止め下地クリーム

クレイビューテイUVフレッシュメークアップベース 日焼け止め下地クリーム 35g 3,150円

クレイビューテイUVフレッシュメークアップベース 日焼け止め下地クリーム

 

クレイビューテイUVフレッシュメークアップベース日焼け止め下地クリーム配合成分

大豆リン脂質、スクワラン、紫外線吸収剤(A波B波用)、天然ビタミンEしみの部分は、紫外線や身体の不調などの影響を受けやすくなっています。

 

ファンデーションのつき、もちをよくし長時間美しいメークアップを保ちます。

 

サンスクリーン効果で、しみ、そばかすを作るUV-A、炎症や肌荒れを起こすUV-B、これらの紫外線から肌を保護します。

 

心地よい使用感は年齢、スキンタイプを問わず、どなたでも使用できます。

 

アウトドアのスポーツ、水泳、ゴルフ、スキー、テニス、ピクニック、登山の時の日焼け止めクリームとして最適。一年中、男性・女性を問わず、顔・首・手などに使えます。

 

ミネラルクレイクリームをのばした後にチューブから1cm程度手の平に出します。

 

半分を顔全体にのばし残りの半分を首・耳・手の甲にのばしてください。

 

真夏のゴルフ、テニス、釣り、車の運転など屋外で長時間出掛ける場合は、胸周り、背中、腕などにもつくて直射日光(紫外線)から皮膚を守ってください。

 

衣類を通して赤く日焼けするのを和らげます。

 

紫外線に弱い子どもにもべたつかずにお使いいただけます。

 

合成の乳化剤を使用していません。

 

べとつかない、ファンデーションのつき、持ちをよくし、長時間美しいメークアップを保ち安心です。

 

予防

紫外線防御のある日焼け止め下地クリームやファンデーションの使用、帽子の着用も心がけてください。

 

皮膚にできるしみ、そばかす

20歳代後半から出始めるのは、新陳代謝が大きく影響しています。

 

皮膚の新陳代謝は、真皮で行なわれています。

 

最も下にある基底層には、メラトニンと呼ばれる色素形成細胞があります。


メラノサイトは

メラニン色素を作り出して、皮膚の色を決定したり、しみや日焼けを起こします。

 

若い10代は新陳代謝が活発で、表皮細胞が垢となって剥がれ落ちるときにメラニン色素も排出されます。

 

新陳代謝の働きが低下すると、メラニン色素が排出されずに沈着し、しみとなります。

 

しみの出現はメラニン色素の量の増加によるもので、メラニン色素を多量に作り出すきっかけになるのが紫外線で、紫外線のエネルギーは皮膚に障害を与えます。

 

紫外線から肌を守ろうとしてメラノサイトがメラニン色素を多量に作り出します。これが肌の色を黒くします。

 

新陳代謝の働きが鈍くなり、紫外線によるダメージで、多量に作り出されたメラニン色素はそのまましみになります。

 

日焼けで肌に炎症を起こすと色素沈着によるしみとなるケースもあります。

 

しみ、そばかす防止対策には、紫外線対策を念入りに行ないましょう。

 

ストレスも下垂体から分泌されるホルモンでしみが濃くなります。

 

長波長紫外線(UVA)は硝子越しでも肌に紫外線による悪影響は、肌の奥で確実に起こります。しみ、しわ、たるみとなって表面化します。

 

紫外線は肌の大敵

紫外線は波長の長さによって3つに分けられます。

 

長波長紫外線(UVA)、中波長紫外線(UVB)、短波長紫外線(UVC)です。

 

UVAが真皮に達すると、肌の張りが失われ、しわやたるみの原因です。

 

UVBは基底層でメラニン色素を増やし、しみ、そばかすの原因です。

焼けによる炎症を引き起こすのもUVB

一年を通した紫外線対策は必要です。

 

UVAは硝子越しでも肌に到達するので、室内や社内でも気を抜いてはいけません。

 

ベランダで洗濯物を干したり、買い物に出かける程度の短時間でも、紫外線は肌に届きます。

 

日焼けは紫外線により皮膚細胞が損傷し、炎症を起こしたものです。

 

酷いときには、水ぶくれになることもあります。中波長のUVBが引き起こします。

 

UVAは真皮にまで到達して、コラーゲン、エラスチンを壊します。

 

日焼けの直後に老化現象が現われるわけではありません。

 

結果が現われるのは何年かのちですが、日焼けした時点で、肌の奥では老化が進んでいます。

 

紫外線(UV)

最も短い波長のUVCはオゾン層に吸収されて地表まで届かず、肌には影響なしといわれてきましたが、UVCを吸収するはずのオゾン層の破壊が進み問題となっています。

 

UVCは最も危険な紫外線で、皮膚がんの原因ともなります。

 

南半球に位置するオーストラリアなどでは紫外線から肌を守るためさまざまな指導が行なわれています。

 

肌、健康のことを考えると、夏だけでなく一年を通した紫外線対策が必要です。

 

戸外でスポーツを楽しんだり旅行に出かけるときには、日焼け止め下地クリームを塗りましょう。

 

シルクや綿などの自然素材の日よけ帽子を併用しましょう。

 

なるべく肌を出さないために、長袖や綿の手袋、首をケアするように襟を立てるなど工夫してください。

肌が受けたダメージは、その都度解消することが基本

いつも肌のことを気にかけ、肌に触れ、サインを見逃さないことです。

 

乾燥を感じたら保湿ケア、くすんできたと思ったら美白ケア、その時々の肌からのサインを確実にキャッチしながら、お手入れをしてください。

 

美白、美肌、保湿のお手入れを継続的に行なうことで常にベストの肌状態が保たれます。

 

乾燥は肌の老化を早めます

肌を著しく、美しく保つためのお手入れの基本となるのが潤いです。

 

十分に潤った肌は、美白や美肌のための有用成分の取り組みを容易にします。

 

潤いが十分でない肌に、いきなりクリームをつけても、肌表面が多少潤うだけで、根本的な肌の潤いには結びつきません。乾燥の慢性化を招きます。

 

みずみずしい肌は、すべてのお手入れの重要な基盤となるものです。

 

シミ・シワ・たるみなど肌の老化の原因の8割が紫外線による光老化です。

 

肌は細胞から成り立っていますが、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、細胞内にある遺伝子を傷つけます。

 

細胞は生まれ変わりますが、遺伝子が傷つくとすこやかな細胞を作ることが出来ません。

 

すると、肌を支えるコラーゲン線維やエラスチン線維も弱まってしまい、結果としてシワやたるみが進行します。

 

紫外線によって細胞が傷つくのを防ぐために、しみの元のメラニンが作られます。

メラニンの働きは

細胞を守る生体防御反応です。

 

紫外線を感知する表皮の下部、基底層にあるメラノサイトがメラニンをたくさん作り出し、肌の表面に押し出します。

 

紫外線によるダメージを防ぎます。

 

年齢を重ねるた肌はターンオーバーのリズムが崩れ、メラニンがスムーズに排出されずにシミになります。

 

女性の肌は、女性ホルモン・エストロゲンの減少によって、コラーゲンが減少し、張りがおとろえた肌に紫外線は追い打ちをかけます。

 

紫外線によって、真皮のコラーゲンやエストロゲンやエラスチンなどの弾力のある組織が変形し、しわやたるみがますます進行します。

 

女性ホルモンによって保たれていた細胞のリズムが崩れ、紫外線を防御する生体の働きがうまく機能しなくなっています。

 

そこに紫外線を浴びると、肌が本来持っている防御反応が働かず、よりひどいダメージを受けることになります。

 

紫外線から肌を守るためには、年間を通して日焼け止め下地クリームを使うことと、洗顔・保湿などの日常のスキンケアも大事です。

紫外線の刺激を受けた表皮の細胞

化学伝達物質あるいはサイトカインと呼ばれる物質を作ります。

 

物質は自分自身の細胞や周りの細胞に働きかけて、次々に新しい炎症反応を引き起こします。

 

紫外線は皮膚の中の光増感物質を不安定な状態にし、それが周りの酸素に働いて、毒性の強い分子の活性酸素を作ります。

 

活性酸素の中でヒドロキシラジカルと呼ばれるものがもっとも強く細胞を損傷します。

 

細胞が損傷を受けるとまた新たな物質を作り、さらに炎症が広がります。

 

日焼けの赤い皮膚

皮膚にある細い血管が広がって、血流の流れる量が多くなった状態です。

 

紅斑(こうはん)と呼びます。

 

UVB(日焼けを起こす力はとても強く、皮膚が赤くなったり、褐色になる)、によって炎症を起こす物質は、血管を広げる働きや、痛みの神経を過敏にする働きがあります。

 

ちょっとした刺激に強く反応するようになります。

 

これらの物質がお互いに影響し合い、普段は感じない程度の熱や痛みにも敏感になるため、お風呂に入ったときに強い痛みを感じるようになります。

 

強く紅斑を起こした皮膚は痛みを強く感じるだけ出なく、翌日になると、日焼けの部分がむくんでくることがあります。

 

広がった血管から血漿が皮膚の組織内に漏れ出して炎症が拡大した結果です。

しみはUVBから

紫外線を浴びてから4・5日すると皮膚がだんだん褐色にサンタン(黒くなる日焼け)を起こします。

 

皮膚の組織細胞の(メラノサイト)が紫外線に刺激されて盛んにメラニン色素を作るためです。

 

色素のかたまりのメラニンはメラノソームと呼ばれる細胞内の顆粒の中で誕生し、だんだん色が濃く(成熟する)なります。

 

成熟すると、枝のように伸びた突起から周りの表皮の細胞(ケラチノサイト)に受け渡されます。

 

メラニンを受け取ったケラチノサイトは時間とともに外側に押し上げられ、扁平化してパイ皮のように層状に重なり合って皮膚全体が沈着して見えるようになります。

 

紫外線が皮膚に強く当たるとメラノサイトやケラチノサイトの遺伝子が傷ついて、
何年か経ってからしみとなって現われることがあります。

 

若いときは日焼けをしてもしみにならず、きれいな肌に回復するため、気になりませんが、遺伝子の傷は、着実に蓄えられていきます。

 

しみが出きるまでの潜伏期間はかなり長いです。

 

顔に出きるしみは、年配者になって多く見かけるようになるために、老人性色素斑と呼ばれます。

 

若い人にも出きるため、光線性色素斑とも呼ばれます。 顔のしみは紫外線が原因です。

 

若い頃無謀に日焼けをしていた人は要注意です。

 

しみが出きるのは遺伝的な素因によりますが、しみの素因を持つ人が強い日焼けを起こした後のしみの出現をくい止める手段は見つかっていません。

 

日焼けによるしわ

長年日光に当たっていた部位に深いしわが刻み込まれます。

 

しわの原因は、日光に当たることと大いに関係があり、長い間日光に当たった結果に起こる皮膚の障害を、光老化と呼んでいます。

 

光老化は自然の生理的な老化に付け加わる形で起こりますが、2つの老化は異なったプロセスで生じます。

 

光老化を起こした皮膚の組織は、真皮部分に切れ切れになった線維成分や形の不規則なかたまりになります。

 

皮膚に弾力性をもたらす弾性線維のコラーゲンも紫外線によって形が変化します。

 

エラスチンやコラーゲンなどが変化を受けて、元に戻れなくなった状態の現われがしわです。

UVA(波長が長いので、長波長紫外線)

UVAは皮膚の中で悪い作用をします。

 

UVAはガラスを通るので窓際や車の中にいても戸外と同じです。

 

UVAは肌の色を黒くするだけではありません。

 

UVAに当たると皮膚の中で活性酸素が作られます。

 

活性酸素は酸化する力が非常に強い酸素で、皮膚をさびさせる働きがあります。

 

活性酸素には皮膚を形作る線維成分のコラーゲンやエラスチンの構造を変化させたり、それらを分解する酵素を活性化させて光老化を進行させる作用があり、DNAを切断したり、DNAとたんぱく質をくっつけたりして、DNAに傷をつける作用もあります。

 

脂質を酸化させて細胞膜の機能を失わせたりします。

 

UVAとUVBと同時に皮膚に当たった場合には、UVBの作用を強める働きをしています。

 

身体は急激に変化する環境に対して一定の状態を保とうとしてさまざまな防御機構を備えていて、皮膚もストレスの攻撃を上手にかわして体を守っています。

 

ストレスの攻撃を迎え撃つ皮膚の働きには、バリヤー機能、体温調節機能、脂質分泌作用、知覚作用、免疫機能、肌再生機能があります。

バリヤー機能

皮膚の第一の働きは、体の保護です。

 

皮膚は体の内と外の境界線にあり、外から侵入してこようとする水や化学物質、細菌などから体内の臓器を守り保護しています。

 

体の中のものが外に逃げないようにも働きます。

 

皮膚の内部の細胞は約80%が水、皮膚の細胞が外層で覆われていないと、水分がどんどん蒸発して干からびます。栄養分などが流れ出し困ります。

 

皮膚は、角層と表皮というバリヤー膜で、体を覆って、外敵を防ぐと同時に体内の環境を守る働きをしています。

 

体温の調節

外気が高温のときや激しい運動のあとで体が熱を持ったときなど汗をかきます。

 

汗が蒸発するときに気化熱を奪って皮膚の表面を冷やすためで、皮膚にあるたくさんの血管が太くなって血流を増やして熱を放出します。

 

運動をすると顔が赤くなるのは皮膚の血管が広がっているからです。

 

脂質の分泌作用

毛を包んでいる毛包の途中に皮脂腺が脂質を作ります。

 

皮脂腺の細胞は自ら脂質を細胞に溜め込んで成長し、やがて細胞は脂のかたまりに変わって皮膚の表面に排泄されます。

 

皮膚表面を脂質で覆って乾燥から皮膚を守る働きをしています。

 

鼻の頭やおでこの部位は、皮脂腺の数が多く、盛んに脂質を出しているためです。

 

知覚作用

皮膚は暑い、寒い、痛い、かゆいなどの感触や、触った感じの触覚を鋭敏に捉えて脳へ伝達、体を対応させる働きをしています。

 

日焼けのとき痛いと感じるのは、端点を表皮にまで伸ばした自由神経終末が相当すると考えられています。

 

免疫機能

皮膚は病原菌やウイルスの他にアレルギー物質などにさらされています。

 

これらの攻撃から体を守るために皮膚では、免疫機構を働かせています。

 

皮膚にはランゲルハンス細胞と呼ばれる免疫を担当する細胞が表皮の中央当たりに分布しています。

 

この細胞は紫外線による免疫機能の低下の原因です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ