カルシウムパラドックス

カルシウムパラドックス

副甲状腺ホルモンは進化的には新しいホルモン

カルシウムの豊富な海水中に棲む魚類では認められません。

 

カルシウムの欠乏する陸上の環境に置かれた両棲類以降に初めて見られ、
副甲状腺だけから産性されると考えられてきました。

 

しかしながら、脳ごとに視床下部や下垂体からも
副甲状腺ホルモンと区別しがたい物質が分泌されるようです。

健康を確保するための健康作りが大きな課題

運動・栄養・休養のバランスの取れた生活スタイルが望まれる
栄養の観点から見ると、日常の食生活が問題です。

 

栄養素の中でもカルシウムは、骨の主要構成成分であり
骨の健康を維持・増進させる重要かつ不可欠です。

 

骨代謝に与える影響は大きいです。

 

豊富な食環境は、複雑な食形態を招き、
偏食や欠食などアンバランスな食生活を引き起こしかねません。

 

日本の食生活、食習慣からみて摂取しにくいカルシウムを
日常の食生活の中でいかに十分量補給していくか大きな課題です。

 

カルシウムを多く含む食品を、もっと積極的に摂るように工夫する必要があります。

 

大豆製品である、豆腐、生揚げ、凍り豆腐、納豆などはカルシウムを多く含むうえ、
たんぱく質源としても優れた食品、豆腐中のビタミンK2や大豆の成分を一つ、
イソフラボンが骨粗鬆症予防に効果があるということで注目されています。

 

カルシウムは、骨や軟部組織の支持体となるばかりでなく、
体内で神経や筋の伝達刺激やホルモンなどの分泌、血液凝固、酵素活性、
受精などの調節、情報伝達機能において中心的役割を担っており、
カルシウムは体重の1.5〜2%(約1kg)を占め、そのうち99%が骨に含まれています。

 

食事からカルシウム供給が不足すると、カルシウム貯蔵庫の骨の
カルシウムが溶け出し、骨量が減少し、カルシウムパラドックスが起きます。

カルシウム精神安定に効果

カルシウムは、骨と歯をつくり、体の骨格を形成するだけでなく、
精神を安定させ、筋肉の収縮をスムーズにするミネラルです。

 

カルシウムは、リンやマグネシウムとともに骨と歯を形成します。

 

骨や歯は、体を支えたり、食べ物を噛み砕くだけでなく、
カルシウムを貯蔵する役割も果たしています。

 

血液のカルシウム濃度が低下すると、副甲状腺ホルモンやビタミンDの作用で、
骨中のカルシウムが血液中に放出されます。

 

血液中に放出されたカルシウムは、たんぱく質やグリコーゲンの代謝、
血液の凝固、ホルモンの分泌、免疫機能を高める働きをします。

 

筋肉や神経に運ばれ、心臓を規則正しく、動かしたり、神経の苛立ちを抑えたりします。

 

カルシウムは、骨や歯を強くし、精神を安定させます。
骨粗鬆症の予防、不眠症の緩和、高血圧や脳出血の予防効果があります。

 

カルシウムの貯蔵庫の骨や歯は、常に新陳代謝をしています。
カルシウムの摂取量が不足すると、骨中のカルシウム量は減少し、欠乏します。

 

カルシウムが欠乏すると、イライラしたり、肩こり、腰痛を引き起こしたり、
骨粗鬆症、不整脈が起こりやすくなります。

 

カルシウム不足によって血液中にカルシウムが流出しつづけると、
血管壁などに沈着して、高血圧や動脈硬化を引き起こすこともあります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ