血流の促進、冠状動脈の強化、五臓のバランス調整など慢性疾患のサプリメント。

理気元素 育毛に用いるサプリメント 90包分 19,440円

理気元素

薄毛を改善するには、育毛剤など外からの
育毛手当てだけでなく、体の中からに手当ても必要です。

 

理気元素を飲んでいただきたい症状の人
ストレスによる薄毛・抜け毛(ストレスのダメージが大きい人)、
虚血・うっ血・血流抑制タイプの薄毛
(気血水のバランスがひどく乱れている人)、
生活習慣病(糖尿病、肝臓疾患、高血圧など)、慢性疾患、
五臓の機能低下(髪に大きく影響する内臓機能が低下しているという人)、
抗腫瘍、抗アレルギー、冷えが強い、冷えのぼせが強い、気の逆上が見られる。

 

育毛製品・漢方薬品通信販売


理気元素の効果と作用

健康食品やサプリメントは、栄養補給が目的の商品が多いです。
もし、この成分が不足したら毛に影響が、と薦める商品が多いです。

 

実際にそうした成分が不足している例は、ほとんどないと言えます。

 

毛に障害が出るほど不足した例は、特殊な症例なので、
学会の研究発表の対象になるような珍しいケースです。

 

今は、食べ物が豊富で、栄養が不足しているより、
有り余って障害を起こしているのがほとんどです。

 

「寫」の体質で、体の中をすっきりさせる作用のあるサプリメントが必要です。
気血水のバランスの乱れて、末端(頭皮、育毛の組織)に影響が出ているケースが多いようです。

 

そこで必要なことは、気血水のバランスを整えたり、免疫力の不全などを回復させるような、
体の仕組み、体内のエコロジーを元に戻すサプリメントを用いて効果を上げています。

体の影響を整えないと毛は生えにくい

育毛は、外から直接頭皮や毛穴の内部に作用する
育毛法が多く、ほとんど同じです。

 

しかし、体の中がきちんとバランスが取れ、整っていないと、薄毛になりやすく、
遺伝的な要因も発現しやすくなるとか、
育毛手当てをしてもなかなかよくならないという、結果が待っています。

健康でも、疲れやすいのは体の中が乱れている

放置して、バランスの乱れが続き、
耐えられなくなることで、本当の病気になります。

 

体の中のバランスを整えるということは、髪の毛だけ出なく、
健康維持をして、元気に明るく活発な生活を送るためにも必要なことです。

 

毛が生えるという食べ物やサプリメントは有りません。
体の中のバランスを整えることで、体に力がつきより健康になり、毛が生えやすい環境になります。

体の中のエコロジーを整える

体もエコロジーの仕組みと同じです。

 

内臓や各器官は、互いにバランスを取っています。
弱いところが出て、バランスが乱れると、他の器官や臓器に影響が出てきます。

 

薄毛も外からの効く育毛剤ばかりを追いかけないで、体のエコロジーを見直してください。
特に、女性の薄毛と40才以上の男女には、体の中を整える必要があります。

 

毎日、忙しく働いていませんか。
体の中を整えていないと、薄毛は治りにくいケースが多くなっています。

体の健康は気血水の3つのバランス

気血水のバランスを保つことができなくなり、バランスが乱れると、
加齢とともにいろいろな兆候や症状が現われてきます。

 

ストレスで「気」がたかぶったり、落ち込んでいると
「血」の流れにも影響が出てきて、毛に影響を補給している
毛細血管からの補給が制限されるため、毛は細くなり、やがて薄くなっていきます。

 

ストレスで「気」が滞ると、イライラしたり、
気うつになり、神経系だけでなく「血」の流れも変化します。

 

ですから「気」の滞りと「血」の滞りを改善していくことで、
不足していた元気=精力は回復してきます。

 

女性の気うつやイライラ、冷え性などを改善するためにも使っています。
田七未=田七人参は「金不換」金にはかえられないと、古書に書かれています。

 

強心作用や生活習慣病など血管や血流の疾患が多くなっている現代に、
冠状動脈などの血管を強化して、
末端まで「血」が流れやすくする効果を重視されている生薬です。

 

じっくり充電をして、元気、精力の蓄積をして、基礎から元の気を補い、
血の流れを勢いづけ、精の力と元の力(元気)を貯蓄してください。

しびれを放置すると

日常生活で起こるしびれの多くは、特に問題はありません。

 

しかし、放って置くと生活に支障を
きたすようになるしびれや、命に関わるしびれもあります。

 

放置すると、症状が取れなくなるだけでなく、
思わぬ部位に障害が現れる場合もあり
、しびれの原因は、背骨や脳、全身の病気などさまざまです。

 

気になるしびれがあれば、適切な治療を。
正座をすると、脚がしびれるようにしびれは、日常生活の中でもよく起こります。

 

少し時間が過ぎれば、治るものも有りますが、
病気が原因で起こっていることも少なくありません。
中には、命に関わる重大な病気によって、
しびれが引き起こされていることもあります。

 

危険なのは、突然体の片側にしびれが起こった場合です。

 

しびれ以外にも、触っても感覚が無い、力が入らないといった麻痺や、
意識が朦朧とする意識障害を伴なう場合は要注意。

 

脳の血管が詰まり、破れて出血したりして、脳卒中を起している可能性があります。
治療を受けなければ命に関わる危険性もあるので、躊躇わないで、すぐに。

長く続きどんどん強くなるしびれ

しびれが長く続き、徐々に強くなっていくときにも、放置をしてはいけません。

 

脳や脊椎に障害ができ、しびれが起こっている可能性もあります。
その腫瘍が大きくなるにつれて、しびれもますます強くなっていきます。

 

首や腰に痛みがあったり、しびれている部分が冷たい、
歩きにくいといった症状をともなうときは、進行性の病気が潜んでいることがよくあるためです。

 

しびれの原因はさまざまです。

 

命に関わる病気が関係しているもの、神経や脊髄の障害、
骨や全身の病気にともなうものなど、いろいろなものがあり、
病気によって起こるしびれは、原因となる病気の治療が一番に必要です。

 

病気とは関係ない、日常生活の中でしびれは起こるのは、
長時間の正座、しゃがむ、うで枕など、同じ姿勢を長時間続けた後や、
運動をした後、手や足などを物にぶつかったときにもしびれは起こりますが、
こうした日常生活を重ねるにつれて起こりやすくなります。

 

多くの場合、とくに問題はなく、仕事で同じ姿勢を長く続けなければならず、
同じ部分のしびれを繰り返しているときは、習慣となり徐々に日常生活に支障が出てきます。

 

歪みが習慣になると、立っていたり、歩くことも苦痛になるので、早いうちに改善をしてください。