レストルスカルプケア頭皮ローションU

ルナレストルスカルプケア頭皮ローションU 100ml 7,350円

ルナレストルスカルプケア頭皮ローションU

育毛剤が効かないのは、頭皮に異常があります。

 

毛を生やして回復するには頭皮回復させることが大切です。

 

育毛剤を使う前の手当=プレキュアで頭皮を回復させて成果を上げる。

 

炎症やフケ症、頭皮の異常や毛穴内部が角化した抜け毛に、
頭皮料=セリピッドと併用することで、
頭皮の回復だけでなく頭皮の異常や毛穴内部を整えるのに相乗効果を発揮します。

 

べたつきを気がきになる女性には好評です。

 

ルナレストルスカルプケア頭皮ローションTを使っても炎症やうっ血が改善しない頭皮に。

 

頭皮料=セリピッドとルナレストルスカルプケア頭皮ローションの組み合わせで、
頭皮の異常を改善して、育毛段階に。

 

育毛製品・漢方薬品通信販売


ルナレストルスカルプケア頭皮ローションU主な特徴

  • 毛穴の内部が荒れて抜け毛が多い。
  • 熱がこもりがちな頭皮に。
  • 抗男性ホルモン作用。
  • 抗アレルギー作用。
  • 抗菌・抗フケ・抗脂漏、皮脂腺抑制作用。
  • 育毛剤が使えない頭皮。
  • 育毛剤を使うまでの前処理として頭皮を改善。

美しい髪は、健康な髪

傷みの原因を知り、傷めないようにどうするかを考えましょう。
傷みの現象は、髪の毛はタンパク質からできており、
硬いケラチンタンパクから成っています。

 

パーマやヘアカラーなど化学的処理や、
ブラッシングなどの物理的な力にも耐えられます。

 

一本の髪の毛は焼く150gもの引張る力に耐えられるほどで、
本来髪の毛はかなり丈夫なものです。

 

しかし、髪の表面のキューティクルは摩擦に対して弱く、
繰り返し摩擦していると剥離して傷んでしまいます。

 

すると、髪の表面はツヤがなくなったり、枝毛や切れ毛が見られたり、
縮れれたり、髪の色も赤茶っぽく見え、
触ってみるとパサパサして乾いたような感触ですべりが悪く、弾力もなくなります。

 

ヘアスタイリング時には、まとまりが悪く、ヘアスタイルが長持ちせず、まとまりが悪くなってしまいます。
髪の傷みの状態は、キューティクルを観察することである程度わかります。

 

◆ほとんど傷んでいない状態

キューティクルの表面がなめらかで、
規則的なパターンを示し丸みを帯びて、ツヤがありくし通りも良い髪です。

 

◆少し傷んでいる状態

キューティクルの先端が少し欠けてギザギザし、間隔が少し不規則で、
くしやブラシなどによる軽い痛みが見られます。手触りが悪く、ヘアスタイルが落ち着きません。

 

◆傷んでいる状態

キューティクル(毛表皮=硬いタンパク質、役割は、保護・ツヤを決定する)が
部分的に剥離、脱落して間隔が著しく不規則で、くしやブラシなどによる深い傷、
ツヤもなくなり痛みは加速度的に広がります。

 

◆かなり傷んでいる状態

キューティクルがほとんどなく、コルテックス(毛皮脂=やわらかいタンパク質で、
太さ・柔らかさ、弾力度、色調を決定する)が露出して、
髪の毛がパサつき、まとまらなく、枝毛・切れ毛がとても多く見られます。

傷みの原因は

普通髪の根元部分から傷んでいるのではなく、
とくに毛先部分に傷みがあり、枝毛や切れ毛も毛先にできます。

 

傷みの原因で、キューティクルに影響を及ぼす要因には、摩擦があります。

 

シャンプー中、タオルドライ時、ブラッシングやブローなどの摩擦によって、
キューティクルは傷つき、はがれ落ちることがあります。

 

毛先はこれらの影響をくり返し受けるので、傷みやすくなっています。

 

パーマやヘアカラー、ブリーチなど化学的処理によっても、髪の毛は傷みます。

 

キューティクルよりもコルテックスのタンパク質に
影響を及ぼし、アミノ酸の変性や溶出を起こします。

 

これは特に、アルカリ性が強い(pHが高い)場合に促進されます。
アミノ酸の変性や溶出が起きると、髪の毛は一般的に弱くなります。

あきらめないで

薄毛や抜け毛は進行していてもあきらめないで、進行は止められます。

 

進行を止めて現状維持を続けているうちに、ゆっくりと髪の毛は回復していきます。

 

育毛剤が効かないのは頭皮に異常があるから
毛を生やすには、育毛の前に頭皮を回復させる必要があります。

 

育毛剤を使う前の手当=プレキュアで、
頭皮を回復させて、育毛手当に移ることで成果を上げています。

レストルスカルプケア頭皮ローションU

成分表示:
水、エタノール、BG、トレハロース、コンフリー、ダイズエキス、ヒオウギエキス、カッコンエキス、ボタンエキス、ヒキオコシエキス、フユボダイジュ花エキス、アラントイン、ケープアロエエキス、チョウジエキス、メチルパラペン、ホドロキシプロピルキトサン