ビタミンC=アスコルビン酸は水に溶けるビタミン。

ビタミンCの抗酸化作用

スポンサードリンク

ビタミンCの抗酸化作用

水に溶けている活性酸素を消滅、酸化したビタミンEを再生

ビタミンCの多様な作用とは、ウイルスの不活性化、殺菌作用、抗がん作用、コラーゲンの合成促進。

 

ビタミンCは、活性酸素に対抗する以外にもさまざまな作用を持っています。
ビタミンCは強い抗酸化作用を持っています。

 

また、からだの中でビタミンEが酸化することによって活性酸素を消滅させますが、
ビタミンCはこれを再生させる働きがあると考えられています。

 

ビタミンCは、微量の鉄イオンや銅イオンがあると、逆に酸化促進の方向に働き、
脂質の過酸化などを引き起こす性質を持っています。

 

もっとも、体の中では鉄や銅はたんぱく質と結合していて、遊離のイオンの状態にあるものはほとんどないので、正常な状態では酸化防止に働き、酸化促進の向きに働かないと考えられています。

 

しかし、ビタミンCを純粋な形で大量に摂ったときには危険を伴なう可能性があります。
実はビタミンEについても同じ可能性が指摘されています。

 

これらの抗酸化物質は、欠乏すると確かに害がありますが、むやみに大量に摂ることも考えものです。
また、ビタミンCはコラーゲンの合成にも必要です。

 

コラーゲンは老化と深く関わった物質なので、
そのことからも必要な量はきちんと摂らなければ老化は促進します。

 

尿酸の働きとは

不要になったDNAやRNAの塩基部分がからだの中で分解されるとき、
塩基の部分(AとG)から生じます。

 

そして、尿中に排泄され、血液の中にもかなりの高濃度で存在しています。

 

血液中の濃度は、ビタミンCよりも数倍高いので、
活性酸素の消滅に大きく貢献している物質かもしれません。

 

尿酸は、いままでは痛風(足指関節の激痛をともなう病気)の
原因物質として知られていますが、抗酸化剤として見直されています。

 

ビリルビンという物質も抗酸化作用を持っています。
この物質はヘモグロビン(血液中にある酸素輸送たんぱく質)に含まれるヘムという物質の代謝産物です。

 

新生児、特に未熟児では、ビリルビンは抗酸化剤として重要です。
ビタミンA(レチノール)も抗酸化作用があり、食品の中のβ-カロチンは体内でビタミンAに変わります。

 

コラーゲンとは

からだの全たんぱく質の3分の1はコラーゲン

コラーゲンは繊維や膜の状態で存在するたんぱく質で、
体全体や各器官を作ったり支えたり結びつけたりする役割を担います。

 

個体の老化は大変複雑で、コラーゲンなど細胞の外にある成分(細胞外マトリックス)の変化があります。

 

体の中のいろいろな器官の老化を考えると、大変重要になります。
体のいろいろな器官は組織から出来ています。

 

そして、組織は細胞と細胞外マトリックスからできています。
細胞外マトリックスはたくさんの種類の成分からなっていますが、その中心的な成分はコラーゲンです。

 

現実に体に起こる老化や老年病−皮膚のシワ、高血圧、動脈硬化、骨粗鬆症、
関節炎などはコラーゲンと深く関わりがあります。

 

コラーゲンはたんぱく質の一種です。

 

細胞の中にあるたんぱく質や血液の中にあるたんぱく質は水に溶け込んだ状態で
存在しているのが普通ですが、コラーゲンは繊維や膜などの構造体を作って存在しています。

 

体の中のコラーゲンの第一の役割は、
体全体あるいは各臓器の形を作ったり、支えたり結びつけることです。

 

実際、体の枠組みを作っている皮膚や骨にはコラーゲンが大量に存在しています。
皮膚の肝臓重量(水分を除いた重量)の約70%、腱の乾燥重量の約85%はコラーゲンです。

 

骨や歯にはハイドロキシアパタイトというカルシウムの化合物が大量にありますが、
それを除いた成分の90%がコラーゲンであるといいます。

 

また、腎臓や肝臓などのあらゆる臓器にもコラーゲンは存在しています。
体の全たんぱく質のおよそ3分の1はコラーゲンだといいます。

 

コラーゲンの構造

骨、腱、皮膚の主成分のコラーゲンT型

T型コラーゲンは、骨や皮膚などの組織の中で繊維を作っています。

 

繊維は電子顕微鏡で観察すると67ナノメートル(1ナノメートル100万分の1ミリメートル)の
縞模様が見えます。

 

この繊維にはコラーゲンの分子が集合して出来ています。
T型コラーゲン分子は、およそ4分の1ずつずれながら規則的に集合する性質を持っています。

 

これが骨や皮膚のコラーゲン繊維の基本の形です。

 

T型以外の他のコラーゲンも、分子の中に3重らせん構造を持つことや
集合して構造体を作ることは共通しています。

 

しかし、分子の形や集合の様子はいろいろで、たとえば、W型コラーゲンは、
分子の端に大きな非らせん構造の部分を持ち、集合して網目状の構造体を作ります。

 

基底膜(細胞が密に並び、器官の表面をおおっている)の
主体は、W型コラーゲンの作る網目状構造体です。

 

コラーゲンの分子の種類とその分布

  • T型 皮膚、骨、腱など種の組織
  • U型・\型・]T型 軟骨
  • V型 皮膚・血管
  • W型 基底膜
  • X型 皮膚・胎盤・角膜・筋肉
  • Y型 種種の組織
  • Z型 皮膚・腱

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

ビタミンCの抗酸化作用関連エントリー

老化とは
たんぱく質の働きと構造
私たちの体を構成する成分で、量がもっとも多いのは、約70%を占める水です。
エネルギーの生産と調節
体の中では、さまざまな物質が分解されたり合成されたりしています。これを代謝と呼んでいます。
恐ろしいがん
正常な細胞が、がん遺伝子の働きで増殖のコントロールを失う。
老化と寿命
若い細胞はどんどん分裂をしますが、年を取ってくると分裂の速度が遅くなり、やがて分裂できなくなります。
活性酸素の発生原因
活性酸素と寿命
一般に活性酸素は非常に不安定で、すぐに消滅します。
コラーゲンの合成
コラーゲンと老化
細胞の老化の悪循環
医用材料のコラーゲン
耳も遠くなる
毛髪の老化と寿命
歯周組織とは

ホーム RSS購読 サイトマップ