加齢に伴なう、精神的・肉体的変化避けることはできません。

老化現象

スポンサードリンク

老化には個人差があります

ストレス耐性の低下、恒常性維持機能の低下、防御機能の低下、回復力の低下、適応力の低下などが現われ、しかし、外見的にも50歳を過ぎたころより、加齢により若く見えたり、その逆だったりしてきます。

 

皮膚・結合織では、真皮の薄化、コラーゲン量の減少、皮膚組織の萎縮が生じ、女性の方が男性より真皮が薄いため、女性の顔の皮膚にしわが現われやすくなります。

 

骨格では、骨量が減少し骨密度が低下し、骨も折れやすくなり、女性は閉経後急速に骨粗鬆症が進行します。

 

軟骨は硬化して脆くなり、腱やじん帯の硬化、軟骨の薄化、滑膜の弾力性低下などが生じ、関節炎を起こしやすくなります。

 

筋組織では、運動量の減少、低栄養、神経疾患などで、筋の萎縮、筋力低下が生じます。

 

心血管系では、心臓は左室壁の肥大以外、大きな変化はなく、安静時の心拍出量にはあまり変化はなく、運動負荷にて最大心拍数の低下をきたし、最大運動耐容能の低下が生じ、大きな変化は、冠状動脈の動脈硬化です。

 

高齢に伴なう生体の変化

呼吸器系

肺の弾性低下、肺胞数の減少により、努力肺活量の低下、一秒量の低下、残気量の増加、PaO2の低下などが生じます。

 

消化器系

消化管蠕動運動の低下、腸管壁の脆弱化、腺分泌の減少、腸からのカルシウムの吸収の低下、逆流性食道炎などが生じます。

 

糸球体の喪失、腎血流量の低下、糸球体ろ過率の低下などが生じますが、予備能力があるため、健常状態では水―電解質バランスは維持されます。

 

内分泌系

成長ホルモン、甲状腺ホルモンの分泌が低下し、副腎ホルモン、心房性ナトリウム利尿ペプチドは不変かまたは増加します。

 

神経系

大脳の萎縮が認められ、神経細胞・神経線維数の減少、リポフスチンの増加、神経伝達物質の活性低下、脳血流の部分的低下、脳代謝の低下が生じます。

 

感覚系

透過性の低下による視力低下、言語聴力・臭覚低下、味覚は変化しないとされます。

 

免疫系

胸腺は萎縮し、ヘルパーTリンパ球の割合減少。

 

自己免疫疾患の増加や感染防御能の低下。

 

泌尿生殖系

女性は50歳前後で閉経し、男性では精子の減少、前立腺肥大が生じます。

 

逆流性食道炎とは

胃から食道への胃酸・消化液の逆流により生じる逆流症状、それに伴なう合併症により健康な生活が障害されている状態をいい、これらの症状のため生活の質(quality of lite:QOL)が損なわれることが多く、未治療の胃食道逆流症は軽症の心不全や狭心症よりもQOLが低いとされ、日本人には比較的少ないといわれてきましたが、最近20年間では増加傾向にあります。

 

胃食道逆流症の発生の主要な機序は、食道粘膜への胃酸・消化液の逆流で、要因は食道下部括約筋の一過性の弛緩と食道裂孔ヘルニアの存在のためとされています。

 

自覚症状は、胸やけ、舌酸(ゲップ)のような逆流症状があり、他には、咳・喘息・声がかすれる。

 

原因不明の慢性的な胸痛といった多様な症状を呈することがあります。

 

胃食道逆流の診断法は、内視鏡検査(胃カメラ)があり、胃との境界付近の食道粘膜に、びらんや胃潰瘍が認められることにより逆流性食道炎と診断されます。

 

治療は、生活習慣の改善と内服薬。

 

食生活では、逆流関連症状を誘発しやすい脂肪、アルコールを控え、一度にたくさん食べない、寝る前に食べないこと。

 

加齢は、胃食道逆流症の誘因となり、症状を自覚した場合は、消化器内科を受診し、内視鏡検査や問診を受け、診断・治療を受けることが重要です。

 

虚血性心疾患

虚血性心疾患とは、心臓の病気です。

 

普段心臓が動いていることを意識していませんが、心臓は1分間に約70回、1回あたり約60ccの血液を全身に圧しだしている筋肉の塊のポンプです。

 

休みなく働き、エネルギーがたくさん必要です。

 

そのエネルギーは心臓自身に流れる血液からの酸素によって生み出されます。

 

この血液は心臓の表面にある、冠動脈という血管によって供給され、冠動脈は大動脈が心臓から出たすぐのところから枝分かれし、その太さはもっとも太いところで4mmぐらい。

 

一般に虚血性心疾患という場合は、冠動脈に問題があっても心臓に血流不足が起こる状態をいいます。

 

冠動脈が狭くなって一時的に酸素不足が生じる場合と、冠動脈が詰まって血液の流れが途絶してしまう場合があります。

 

酸素不足によって心臓の筋肉が一部死んでしまうことを、壊死といいこれを心筋梗塞症、心筋にダメージを残さずに回復する場合が、狭心症です。

 

虚血性心疾患とは、狭心症と心筋梗塞症ということになります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

老化現象記事一覧

老化とは

老化と死は切っても切れない関係老化という言葉を私たちは日常良く使います。近くのものが見えにくく、耳も聞こえずらい、関節は摩耗し、骨はスカスカになり、物忘れがひどく、人の名前をなかなか思い出せなくなります。老化とは、このような現象のことです。老年学の学者は、老化現象に共通する特徴として、有害性、不変性...

≫続きを読む

 

たんぱく質の働きと構造

老化とは次に多い性分がたんぱく質で、体全体の15〜20%を占めています。たんぱく質は、量も多く種類も多く、単細胞の大腸菌でも、およそ3000種類あるといわれ、ヒトではおそらく3万から10万種類あると予想されています。そのたんぱく質の一つひとつが、決められた活動を担うことによって、複雑な生命現象を支え...

≫続きを読む

 

エネルギーの生産と調節

細胞の中のエネルギー生産体の中の化学反応は管理されている代謝を進行させるのは酵素です。代謝の役割の一つは、エネルギーの生産で、体の中でエネルギーのやり取りに使われるのはATPという物質で、体の中でATPを作り出す過程は、解糖系とTCAサイクール呼吸鎖という二つの系で、この二つはつながっています。解糖...

≫続きを読む

 

恐ろしいがん

がん遺伝子とは細胞のがん化は、正常細胞の寿命や老化と深く関わりがあります。がん細胞が狂い出して起こる病気です。細胞が増殖のコントロールが失って、めちゃくちゃに増えてしまうのです。体の中の正常細胞はその増殖が厳密にコントロールされていて、勝手に分裂して増殖したりしません。培養をすると、がん細胞は、限り...

≫続きを読む

 

老化と寿命

若い細胞・年老いた細胞正常細胞の老化と寿命のしくみ若い細胞と年を取った細胞を細胞融合という技術で、一つの細胞に融合させる実験や年を取った細胞の成分を若い細胞の培養液に加える実験では、若い細胞では発現しませんが、分裂回数が進んでくると発現して、細胞分裂を停止させる因子(原因となる物質)を作り出す細胞増...

≫続きを読む

 

活性酸素の発生原因

紫外線・薬物・炎症紫外線が皮膚に当たると、活性酸素が発生して、皮膚の老化に深く関係があります。ブレオマイシンなどの抗がん剤、パラコートなどの農薬、たばこの煙など化学物質が原因となって活性酸素が発生することもあります。活性酸素は、細胞を傷つける毒作用を持っています。プレオマイシンやアドレアマイシンのよ...

≫続きを読む

 

活性酸素と寿命

活性酸素と寿命の関係とは酸素をたくさん消費すると寿命が短くなる過酸化水素は、活性酸素の中では比較的安定した物質です。いろいろな動物で調べると、体重当たりの酸素消費量が大きいほど寿命が短いです。酸素消費量が大きいと、活性酸素の発生量も大きいと思われます。変温動物は環境によって体温が変わりますが、これら...

≫続きを読む

 

ビタミンCの抗酸化作用

水に溶けている活性酸素を消滅、酸化したビタミンEを再生ビタミンCの多様な作用とは、ウイルスの不活性化、殺菌作用、抗がん作用、コラーゲンの合成促進。ビタミンCは、活性酸素に対抗する以外にもさまざまな作用を持っています。ビタミンCは強い抗酸化作用を持っています。また、からだの中でビタミンEが酸化すること...

≫続きを読む

 

コラーゲンの合成

コラーゲンのできるしくみ細胞の中でコラーゲンのもとが作られるコラーゲンは細胞の外に存在しています。コラーゲンを作るのは、こられの細胞で、皮膚や腱など多くの組織で、コラーゲンを作る主役の細胞は繊維細胞です。コラーゲンには、ヒドロキシプロリンとヒドロキシリンというアミノ酸が構成成分として含まれています。...

≫続きを読む

 

コラーゲンと老化

骨のコラーゲン量が減る年を取ると皮膚のコラーゲン量は減るいろいろな臓器で見られる老化や老年病は、このようなコラーゲンの加齢変化に関係があります。まず、量的な変化です。皮膚や骨では、コラーゲンの量は高齢になると減少します。皮膚の真皮の部分では、コラーゲンの繊維がゆるくからに合って、3次元的な網目構造を...

≫続きを読む

 

細胞の老化の悪循環

コラーゲンと老化の関係年をとると橋かけができたりして老化が目立って起こるたんぱく質は、コラーゲンの他には、眼の水晶体(白内障の原因)や、脳・神経系(神経障害などの原因)のある種のたんぱく質等に限られています。その理由のひとつとして、入れ替わる速さがたんぱく質によって違うことが考えられ、体の中のたんぱ...

≫続きを読む

 

医用材料のコラーゲン

しわのばしから人工臓器材料まで再生医工学として、ヒトの組織や器官がひどい損傷を受けたり欠落してしまったときに、組織を再生したり、器官を再構築していきます。高齢化とともにその意義は大きくなり、再生医工学の材料になるのが、自分の細胞とコラーゲンを中心とする細胞外マトリックス成分です。組織の損傷が軽いとき...

≫続きを読む

 

耳も遠くなる

高い音が聞こえなくなる自覚するのは、早い人でも50歳を過ぎてから、そして、ほとんどの人は70歳を過ぎてからようやく聴力のおとろえに気がつくようです。耳は、外耳、中耳、内耳からなっていて、音は外耳道というトンネルを通って、鼓膜を振動させます。鼓膜の振動は、中耳にある3つの小さな骨(耳小骨じしょうこつ)...

≫続きを読む

 

毛髪の老化と寿命

髪の毛が薄くなるふつうのヒトの頭には約10万本の毛髪だけど毛髪の寿命は2〜7年ぐらいで、寿命がくると抜け落ちてしまいます。頭髪総数10万本が平均5年で入れ替わるとすると、1日に約50本が抜ける計算になります毛髪は皮膚の中に5ミリメートルぐらい埋まっており、これを毛包といいます。毛包の先のところに毛乳...

≫続きを読む

 

歯周組織とは

歯を支える力が弱くなり、歯が抜ける人は生まれたときは歯がなく、乳歯が生え始めて、それが永久歯に替わり、高齢になると歯が抜けていきます。歯が1本もなくなってしまった老人も珍しくありません。歯はこのように発育・成長・老化に伴なって変化していきますが、老化についていえば、歯が抜けるのは歯自体の変化によるも...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ